4.4.2.4: 糖質コルチコイド(副腎皮質ホルモン)の作用


糖質コルチコイドの作用は、大きく3つに分類される。

I)糖新生による血糖上昇:糖を産生する材料とするためタンパク質が用いられるため、タンパク合成は抑制され、分解が促進される。
II)抗炎症作用
III)抗アレルギー作用:血中の好酸球が減少する。
IV)胃液分泌亢進
滲出液測定法:ラット背部皮下に20ccのN2ガスを注入することで、外径約4cmの皮下嚢を作る。0.5ccの起炎物質を注入する。10日後に動物を屠殺し、発生した滲出液をメスシリンダーで測定した。

肉芽測定法:起炎物質を浸漬した濾紙を腹部の皮下に挿入埋没する。10日後に動物を屠殺し、形成された肉芽腫を摘出し、内部貯留液を流出させてから計量。

糸賀鋭治、三宅有;抗炎症ステロイドの抗滲出作用および抗肉芽作用の同時測定について、日薬理誌、1970,66,316-325よりデータ引用

チャレンジクイズ

1 糖質コルチコイド(副腎皮質ホルモン)は局所の腫脹を抑制し、細菌性毒素の作用を抑える作用がある。誤 正 

2 糖質コルチコイド(副腎皮質ホルモン)には血糖を降下 上昇 させる作用がある。

3 副腎皮質ホルモン(コルチゾールなど、糖質コルチコイド)の主な働きは抗炎症 催炎症 である。

4 糖質コルチコイド(副腎皮質ホルモン)はアレルギーを亢進 抑制 する。

5 副腎皮質ホルモン(コルチゾールなど、糖質コルチコイド)は、分泌が不足すると、ストレスに対する抵抗力が強まる 弱まる 

このページのトップにスクロール

: 分泌部位

: 日内変動