7.3.5.4: カルシウムイオン、リン酸イオンの動き-4

カルシウムイオンとリン酸イオンとは、腎臓の糸球体でろ過、尿細管で再吸収される。


楕円が腎臓、赤丸が糸球体、黄色い丸がボーマン嚢、黄色い棒が尿細管、赤い棒が尿細管周囲毛細血管です。

*カルシウムイオンは、腎臓の糸球体でろ過され、ろ過量の大部分が尿細管で再吸収される(実線)。

*リン酸イオンは、腎臓の糸球体でろ過され、ろ過量の大部分が尿細管で再吸収される(破線)。

 

チャレンジクイズ

1 カルシウムイオンは、腎臓の糸球体でろ過されない る 

2 カルシウムイオンは、ろ過量の全量 大部分 半分 一部分 ごくわずか が再吸収される。

3 カルシウムイオンは、ろ過量の全量 大部分 半分 一部分 ごくわずか が排泄される。

4 リン(酸イオン)は、腎臓の糸球体でろ過される ない 

5 リン(酸イオン)は、ろ過量の全量 大部分 半分 一部分 ごくわずか が再吸収される。

6 リン(酸イオン)は、ろ過量の全量 大部分 半分 一部分 ごくわずか が排泄される。

このページのトップにスクロール

: ビタミンD

: カルシウムイオン、リン酸イオンの動き-3