7.3.5.10: 腎不全における2次的病態-3

腎不全では、骨が「吸収」され、血中のCa2+濃度は軽度に低下する。


腎不全では、副甲状腺ホルモンの分泌、血中濃度は上昇します(前のステップ)。そのため、骨が「吸収」され、Ca2+が血中に遊離し、このことからは血中のCa2+濃度は上昇します。

 

 

チャレンジクイズ

1 腎不全では、骨中のミネラルは低下する 増大する 

2 腎不全で、血中のカルシウムイオン濃度が低下するのは、骨への沈着が病的に亢進しているためである。誤 正 

このページのトップにスクロール

: 腎不全における2次的病態-4

: 腎不全における2次的病態-2