9.3.2.3.5: pH7.4における曲線

酸素分圧と酸素結合度との関係が、酸素飽和(解離)曲線である。

 

図の説明:酸素飽和(解離)曲線は、S字状であると表現されます。左下隅から右上隅を見上げると、S字に見えるヨ。また、曲線は酸素分圧 25 mmHg付近が最も急峻です。

 

 

チャレンジクイズ

1 酸素解離曲線は、S字状である。正 誤 

2 赤血球の酸素解離曲線がもっとも急峻であるのは、酸素分圧 25 45 65 95  mm Hg付近である。

このページのトップにスクロール

: 代謝亢進の効果

: 末梢における酸素飽和度-2