9.3.5.10.2: 悪性貧血

悪性貧血の主な病因は、血中ビタミンB12の欠乏である。


悪性貧血では、赤芽球のDNA合成に補酵素として作用するビタミンB12が欠乏し、前赤芽球から赤芽球への分化がブロックされ、巨赤芽球に変性します。

(巨赤芽球性貧血の一種である)悪性貧血の赤血球は、大球性です。

食餌中のビタミンB12を血中に吸収するためには、胃が外分泌する内因子と複合体を形成し、複合体が吸収される必要があります。したがって、萎縮性胃炎、胃全摘なども悪性貧血の原因となります。

チャレンジクイズ

1 悪性貧血では、赤芽球のDNA合成に補酵素として作用するビタミンB12 葉酸 が欠乏し、前赤芽球から赤芽球 赤芽球から網赤血球 への分化がブロックされ、鉄芽球 巨赤芽球 に変性する。

2 悪性貧血の赤血球は、大球性 正球性 小球性 である。

3 悪性貧血では、貯蔵鉄が増大 減少 、血清フェリチンが増大 減少 、血清鉄が増大 減少 、総鉄結合能、 total iron-binding capacity (TIBC)は増大 減少 、不飽和鉄結合能、 unbound iron-binding capacity (UIBC)は増大 減少 する。

4 ビタミンB12 葉酸 の吸収には、胃 十二指腸 空腸 回腸 から内分泌 外分泌 される内因子 外因子 が必要である。

5 胃の炎症、全摘は、悪性貧血 葉酸欠乏性貧血 の原因となり得る。

このページのトップにスクロール

: 葉酸欠乏性貧血

: 共通