1.3.2.1.2: 熱産生の多い臓器


安静時:骨格筋、肝臓、褐色脂肪組織(乳児)
運動時:骨格筋
摂食後:腸管(特異動的作用)

チャレンジクイズ

1 安静時、骨格筋は、あまり熱を産生していない。正 誤 

2 褐色脂肪組織は、乳幼児 高齢者 における特徴的な 熱産生 放熱 組織である。

3 摂食後、肝臓 骨格筋 腸管 における熱産生が、亢進する。

このページのトップにスクロール

: 放熱

: 熱産生のしくみ