4.1.4.4: 下垂体前葉系,その1/ステップ4

甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモン、性(腺)ホルモンに関して 

3層構造が特徴である。下垂体前葉が各内分泌臓器の上位にあり、刺激ホルモンを生成、内分泌している。視床下部がさらに上位にあり、放出ホルモンを生成、内分泌している。


前のステップまででは、「下垂体前葉系,その1」に分類した内分泌臓器##(甲状腺、副腎皮質、性腺)から生成、内分泌される##ホルモン、ならびに下垂体前葉から生成、内分泌される##刺激ホルモンについてのみ勉強した。このステップでは、さらに視床下部からの##刺激ホルモン放出ホルモンが登場したわけである。

甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモン、性(腺)ホルモンに共通する一般的な書き方は上図のようになります。また、それぞれ別々にホルモン名を列記したのが下の表です。

     


'刺激'に相当するのが'stimulate'であり、'##刺激ホルモン'='##tropin'='##tropic hormone'='##stimulating hormone'です。そのため、下垂体前葉が生成、内分泌するホルモンには表の下段のような英名があります。ただし、ヒト絨毛ゴナドトロピンだけは例外であり、下垂体前葉ではなく、胎盤の絨毛から生成、内分泌されます。さらに、放出は'release'です。視床下部が生成、内分泌するホルモンには、表の下段のような英名があります。

                                          

チャレンジクイズ

1 副腎皮質ホルモンは視床下部 下垂体後葉 下垂体前葉 副腎皮質  から生成、内分泌される。

2 副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)は副腎皮質 下垂体前葉 下垂体後葉 視床下部  から生成、内分泌される。

3 副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)は副腎皮質 視床下部 下垂体前葉 下垂体後葉  から生成、内分泌される。

4 甲状腺刺激ホルモン(TSH)は下垂体後葉 下垂体前葉 視床下部 甲状腺  から生成、内分泌される。

5 甲状腺刺激ホルモン放出ホルモンは 甲状腺 下垂体後葉 下垂体前葉 視床下部  から生成、内分泌される。

6 甲状腺ホルモンは 下垂体前葉 視床下部 下垂体後葉 甲状腺  から生成、内分泌される。

7 性(腺)ホルモンは 視床下部 下垂体前葉 性腺 下垂体後葉  から生成、内分泌される。

8 性腺刺激ホルモン(gonadotropin)は 下垂体後葉 視床下部 性腺 下垂体前葉  から生成、内分泌される。

9 性腺刺激ホルモン放出ホルモンは 下垂体後葉 視床下部 性腺 下垂体前葉  から生成、内分泌される。

10 ACTHは 視床下部 副腎皮質 下垂体前葉 下垂体後葉  から生成、内分泌される。

11 CRHは 副腎皮質 下垂体後葉 視床下部 下垂体前葉  から生成、内分泌される。

12 TSHは 下垂体前葉 下垂体後葉 視床下部 甲状腺  から生成、内分泌される。

13 TRHは 甲状腺 下垂体前葉 下垂体後葉 視床下部  から生成、内分泌される。

14 Gonadotropinは下垂体後葉 下垂体前葉 gonad (性腺) 視床下部  から生成、内分泌される。

15 GnRHは 下垂体前葉 下垂体後葉 gonad (性腺) 視床下部  から生成、内分泌される。

16 内分泌系の調節中枢は

延髄

中脳
視床下部
視床の特殊投射核
視床の非特殊投射核
小脳
大脳基底核
大脳辺縁系
大脳皮質前頭葉
大脳皮質頭頂葉
大脳皮質側頭葉
大脳皮質後頭葉
にある。

このページのトップにスクロール

: 下垂体前葉系,その1/ステップ5

: 下垂体前葉系、その1/ステップ3