4.1.4.6: 下垂体前葉系,その1/ステップ6

甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモン、性(腺)ホルモンに関して   

下位のホルモンの血中濃度が、上位のホルモンの生成、内分泌に対して負のフィードバックをかけている。



内分泌臓器##(甲状腺、副腎皮質、性腺)から生成、内分泌される##ホルモンの血中濃度が##刺激ホルモンの生成、内分泌に対して、##ホルモンの血中濃度が##刺激ホルモン放出ホルモンの生成、内分泌に対して、##刺激ホルモンの血中濃度が##刺激ホルモン放出ホルモンの生成、内分泌に対して、負のフィードバックをかけているのです。それぞれのホルモンの血中濃度が安定させられる「濃度重視型調節」です。

short loop negative feedback:下垂体前葉から生成、内分泌される##刺激ホルモンの血中濃度が、視床下部からの##刺激ホルモン放出ホルモンに負のフィードバックをかけています。short loop negative feedbackは、##刺激ホルモンの血中濃度が高いとき、##刺激ホルモン放出ホルモンの生成、内分泌を抑制します。逆に、##刺激ホルモンの血中濃度が低いとき、##刺激ホルモン放出ホルモンの生成、内分泌を亢進します。

long loop negative feedback:内分泌臓器##からの##ホルモンが、視床下部からの##刺激ホルモン放出ホルモンの生成、内分泌と下垂体前葉からの##刺激ホルモンの生成、内分泌とに負のフィードバックをかけています。long loop negative feedbackは、##ホルモンの血中濃度が高いと視床下部からの##刺激ホルモン放出ホルモンの生成、内分泌を抑制し、##ホルモンの血中濃度が低いと視床下部からの##刺激ホルモン放出ホルモンの生成、内分泌を促進します。また、##ホルモンの血中濃度が高いと下垂体前葉からの##刺激ホルモンの生成、内分泌を抑制し、##ホルモンの血中濃度が低いと下垂体前葉からの##刺激ホルモンの生成、内分泌を促進します。

チャレンジクイズ

1 下垂体からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の生成、内分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。このことにより、視床下部からの副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)の生成、内分泌を 促進 抑制  する short loop long loop negative feedbackが働く。

2 下垂体からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の生成、内分泌が低下し、血中濃度が低下した。このことにより、視床下部からの副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)の生成、内分泌を 促進 抑制  する short loop long loop negative feedbackが働く。

3 副腎皮質からの副腎皮質ホルモン(糖質コルチコイド)の生成、内分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。このことにより、視床下部からの副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)の生成、内分泌を 促進 抑制  する short loop long loop negative feedbackが働く。

4 副腎皮質からの副腎皮質ホルモン(糖質コルチコイド)の生成、内分泌が低下し、血中濃度が低下した。このことにより、視床下部からの副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)の生成、内分泌を 促進 抑制  する long loop short loop negative feedbackが働く。

5 副腎皮質からの副腎皮質ホルモン(糖質コルチコイド)の生成、内分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。このことにより、下垂体からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の生成、内分泌を 促進 抑制  する short loop long loop negative feedbackが働く。

6 副腎皮質からの副腎皮質ホルモン(糖質コルチコイド)の生成、内分泌が低下し、血中濃度が低下した。このことにより、下垂体からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の生成、内分泌を 促進 抑制  する short loop long loop negative feedbackが働く。

このページのトップにスクロール

: 下垂体前葉系,その1/ステップ7

: 下垂体前葉系,その1/ステップ5