10.6.2: 胆汁


 小腸へは胆汁、膵液、腸液がそれぞれ肝・胆嚢系、膵臓、小腸から外分泌されています。
肝臓で生成され、十二指腸内に食物がないときはOddi括約筋が閉じているため、胆嚢に蓄えられ濃縮されます。胆汁には胆汁酸と胆汁色素とが含まれます。胆汁の主なはたらきは...

1) 胃酸の中和:胆汁はアルカリ性なので胃液により強酸性となっている腸内容物を中性化する。

2) 脂肪の乳化 :脂肪分解酵素、リパーゼは脂肪に対して、そのままでは作用しにくい。胆汁酸により脂肪が乳化(表面張力が低下)するとリパーゼは作用しやすい。

3) ヘモグロビン代謝物の排泄:胆汁色素はヘムの代謝物であるビリルビンである。高ビリルビン血症は黄疸を呈する。

 分泌された胆汁酸の90%は小腸で再吸収され、門脈を経て肝臓に戻り、再利用されます。これを腸肝循環とよびます。

 

チャレンジクイズ

1 胆管が閉塞すると、胆汁色素が排泄されず、黄疸 チアノーゼ となる。

2 胆汁には脂肪消化酵素が含まれている 含まれていない .

3 胆汁(酸)の作用は脂肪の消化、分解 乳化 である。

4 胆汁は酸性 アルカリ性 である。

このページのトップにスクロール

: 腸粘膜

: 部位