10.6.4: 小腸の運動


腸の蠕動運動は筋層間にあるAuerbach神経叢によって司られています。胃の蠕動と同様、迷走神経の影響は受けますが、切断されても蠕動はみとめられます。

小腸平滑筋は絨毛内にもあり、能動的に動くことを可能にしています。これにより物質の吸収が促進されます。

Oddi括約筋は比較的強、胆嚢の収縮圧だけでは胆汁を排出することはできません。迷走神経は胆嚢を収縮させると同時に括約筋を弛緩させます。コレシストキニン・パンクレオザイミンも胆嚢を収縮させます。

チャレンジクイズ

1 Oddi括約筋が弛緩しなくても胆嚢の収縮圧で十二指腸内に胆汁を排出することができる。正 誤 

2 小腸絨毛内にも平滑筋があり,能動的な動きが可能である.正 誤 

3 腸の蠕動運動はMeissner神経叢 Auerbach神経叢 によりコントロールされている.

4 分節運動 segmentation movementにより腸管内容物と腸粘膜との接触が多くなる.正 誤 

このページのトップにスクロール

: 吸収

: 腸粘膜