1.5.1.1: 遺伝子

生物の形質(性別、豆のしわ、虹彩の色、耳たぶの形、血液型など)を決定する情報をもつ物質が、遺伝子である。

動画と音声での説明: Flash形式(Win, Mac) / MP4形式(iPad)

遺伝子は、情報を持っているので、この教材では、本のイラストで遺伝子を表示します。異なる色の本が、異なる遺伝子です。 親から子へ形質が遺伝するのも、遺伝子の働きです。

(血液凝固系の一部であり、低下すると血友病になってしまう)第VIII因子の遺伝子には、「第VIII因子の作り方」という情報が入っています。それに基づいて、第VIII因子が作られます。A遺伝子には、「血液型をABかA型にする方法」という情報が入っています。それに基づいて、血液型がABかA型になります。耳に関する遺伝子のひとつに、「耳たぶの作り方」という情報が入っています。それに基づいて、耳たぶの形が決まります。Rh遺伝子には、「血液型をRh(+)にする方法」という情報が入っています。それに基づいて、血液型がRh(+)になります。

 

チャレンジクイズ

1 個人の形質は、遺伝子 酵素 が決定している。

2 石の形、色は、遺伝子が決めている。 正 誤 

3 ソメイヨシノの形、色は、遺伝子が決めている。 誤 正 

4 ヒトの虹彩の色は、育児方針 離乳食の種類 遺伝子 環境 が決定している。

このページのトップにスクロール

: 体細胞と生殖細胞

: イントロダクション