9.4.3.6: 単球


好中球についで遊走性が強い特徴があります。また、強い食作用もあります。好中球と比較して比較的に大きいものを摂取するため、大食細胞ともよばれます。また、血中から組織へ移行した単球をマクロファージとよびます。大食細胞は非自己(異物)を摂取すると、その抗原情報をリンパ球に伝え、活性化させます。

 

チャレンジクイズ

1 単球は、比較的小さい 大きい 非自己(異物)を摂取する。

このページのトップにスクロール

: リンパ球

: 好塩基球