9.4.3.7.4.3: 規則抗体・不規則抗体


抗体には規則抗体と不規則抗体とがあります。

ある抗原に対する抗体が生成されるのが、その抗原が侵入する前であることがあります。すなわち、ある抗原が侵入しなくても、生体は誕生時にはすでに、その抗原に対する抗体を生成しているのです。このような抗体を「規則抗体」とよびます。

ある抗原に対する抗体が生成されるのが、その抗原が侵入した後であることがあります。すなわち、ある抗原が侵入してはじめてその抗原に対する抗体を生成するのであり、誕生時には生成していない抗体があります。このような抗体を「不規則抗体」とよびます。



 

チャレンジクイズ

1 規則抗体は、抗原が体内に侵入する前 した後 に生成される。

2 不規則抗体は、抗原が体内に侵入する前 した後 に生成される。

3 XYZ抗原に対する抗体(抗XYZ抗体)が、XYZ抗原が体内に侵入する前に生成されたとしたら、抗XYZ抗体は規則 不規則 抗体である。

4 XYZ抗原に対する抗体(抗XYZ抗体)が、XYZ抗原が体内に侵入した後に生成されたとしたら、抗XYZ抗体は規則 不規則 抗体である。

このページのトップにスクロール

: 規則抗体の例:ABO式血液型

: 生化学的分類