9.4.3.7.4.5.6: 第一子と第二子との比較


 


 

チャレンジクイズ

1 Rh式血液型(-)の妊婦の胎児がRh式血液型(+)である場合、妊婦血中に抗Rh抗体がない状態は、初回 第2回 妊娠の特徴である。

2 Rh式血液型(-)の妊婦の胎児がRh式血液型(+)である場合、妊婦血中に抗Rh抗体がある状態は、第2回 初回 妊娠の特徴である。

3 Rh血液型(-)の母体から胎児へ(もともとないので)抗Rh抗体が移行せず、Rh式血液型(+)の胎児赤血球が攻撃されないのは、第2回 初回 妊娠の特徴である。

4 Rh血液型(-)の母体から胎児へ抗Rh抗体が移行し、Rh式血液型(+)の胎児赤血球が攻撃されるのは、第2回 初回 妊娠の特徴である。

5 血液型不適合妊娠による胎児赤血球破壊の可能性が低いのは、第2回 初回 妊娠の特徴である。

6 血液型不適合妊娠による胎児赤血球破壊の可能性が高いのは、第2回 初回 妊娠の特徴である。

このページのトップにスクロール

: 補体

: 第二子妊娠