9.4.3.7.4.6: 補体

抗原抗体反応の結果,活性化される血しょう中の酵素システムです.その機能としては(1) 非自己(異物)細胞の破壊,(2)標的となる細胞が好中球やマクロファージなどの細胞に貪食されるよう促すオプソニン化作用,の二つが主にあげられます.

チャレンジクイズ

1 抗体による非自己(異物)の処理(破壊)は補体に依存しておこなわれる.誤 正 

このページのトップにスクロール

: アレルギー

: 第一子と第二子との比較