9.4.4.1: 定義


免疫は防御システムであり、本来生体にとって有利に働くべきですが、逆に不利に働くことがあります。過剰な、あるいは不適当な免疫反応と考えられます。このような状態をアレルギーとよんでいます。 アレルギーは反応の速度や関与する免疫機構にもとづいて5型に分類されています。

チャレンジクイズ

1 免疫は本来、生体にとって有利に働くはずであるがこれが逆に不利に働くことがある。これを免疫不全 アレルギー という。

このページのトップにスクロール

: 1型(即時型、アナフィラキシー型)

: アレルギー