9.4.4.6: 昂


自己抗体が組織を刺激し、その組織の機能亢進が主症状となります。代表的疾患として甲状腺機能亢進症があります。甲状腺刺激ホルモン(TSH)受容体に対する自己抗体が発生し、結合することによって刺激し、甲状腺ホルモンの分泌を亢進させます。


 

チャレンジクイズ

1 5型のアレルギーでは非自己(異物)に対する 自己に対する 抗体が組織を破壊 刺激 し、その組織の機能亢進 低下 が主症状となる。

2 甲状腺機能亢進症は、型のアレルギー反応である。

このページのトップにスクロール

: 血小板・血液凝固系

: 厳(細胞免疫型,遅延型)