5.1.2.5.1: イオン

骨格筋の収縮時に生じる活動電位により、細胞内小器官である筋小胞体の中のカルシウムイオンが筋線維内へ流入します。これにより、ミオシンの束から突き出ている枝のような構造物(頭部)がアクチンと結合し、ATPのエネルギーにより、頭部の角度が変わり、アクチンーミオシンの間に滑りが起き、筋線維の長さが短縮します。


 

チャレンジクイズ

1 筋収縮にとって重要なイオンは、 ナトリウム カルシウム である。

2 収縮時、カルシウムは筋細胞内のミトコンドリア リボソーム 小胞体 核 ゴルジ小体 から、筋線維に供給される。

このページのトップにスクロール

: 電子顕微鏡像

: 収縮