5.1.2.8.4: 運動神経を刺激すると骨格筋に発生する活動

弱刺激:反射性(求心性+脊髄+遠心性)に20-30 msecでH波 (これは,基本的には,腱反射である)

強刺激:下行性(遠心性)に10 msecでM波

金原出版:現代の生理学(改訂第2版)

チャレンジクイズ

1 運動神経を刺激した.10 msec 後に骨格筋に活動が観察された.この波は H波 M波 P波 QRS波 T波 である.神経に発生した活動電位が 下行性 上行性、ならびに反射性 に筋を刺激したものである.

2 運動神経を刺激した.20-30 msec 後に骨格筋に活動が観察された.この波は H波 M波 P波 QRS波 T波 である.神経に発生した活動電位が 下行性 上行性、ならびに反射性 に筋を刺激したものである.

3 運動神経を刺激した後に骨格筋に記録されるM波は潜時が長く(20-30 msec) 短く(約10 msec) ,神経に発生した活動電位が下行性 上行性、ならびに反射性 に筋を刺激したものである.

4 運動神経を刺激した後に骨格筋に記録されるH波は潜時が短く(約10 msec) 長く(20-30 msec) ,神経に発生した活動電位が下行性 上行性、ならびに反射性 に筋を刺激したものである.

このページのトップにスクロール

: 錐体路と錐体外路

: 筋紡錘と腱紡錘とのまとめ