問題文の検索結果

1. インフルエンザ感染による高体温は、発熱 うつ熱 とよばれる。

2. (サウナなどにおける)高温暴露による高体温は、うつ熱 発熱 とよばれる。

3. うつ熱の例としては、(サウナなどにおける)高温暴露 インフルエンザ感染 による高体温があげられる。

4. 体温調節の負のフィードバックにおいて、 発汗を「原因」とするならば、「結果」は体温上昇 低下 である。サウナなどにおける高温暴露により、体温調節の負のフィードバックシステムが「ちょうどいい」と判断するセットポイント温度は上昇する 変わらない 低下する 。そのため、サウナなどにおける高温暴露により、発汗を調節する負のフィードバックシステムは、高体温を「結果」が多い ちょうどいい 少ない と判断し、「原因」である発汗を増大(亢進)させる に影響しない を減少(低下)させる 。この調節は、体温を上昇させる に影響しない を低下させる 方向に作用するが、調節力が不十分であるために体温が上昇することを発熱 うつ熱 という。