問題文の検索結果

1. ブドウ糖は肝臓から内分泌され、エネルギー源として使われている。ブドウ糖はホルモンでない ある 

2. 栄養素の電気的 化学的 エネルギーが筋細胞の収縮に必要である。

3. 筋細胞内のアクチン・ミオシンが、実際に利用する高エネルギー物質は、ブドウ糖 ATP ADP である。

4. アデノシン三リン酸(ATP)は、血液から筋細胞に供給される高エネルギー物質である。正 誤 

5. ATPは、細胞が外部から取り込み、エネルギー源としている物質である。誤 正 

6. ATPと「ATPの部品」とでは、後者 前者 の方が化学的エネルギーが多い。

7. ATP合成に使われるエネルギーは、栄養素の化学的エネルギー 筋の運動エネルギー である。

8. ATP合成に必要な化学的エネルギーは、栄養素 「ATPの部品」 からくる。

9. エネルギー代謝の結果、栄養素が合成 分解 されて放出 獲得 したエネルギーと、ATPが合成 分解 されて放出 獲得 したエネルギーとでは、後者 前者 の方が大きい。

10. ATP合成のときに使われるエネルギーは、食品の栄養素から供給される。誤 正 

11. ジョギングする直前 翌日 前夜睡眠中 最中 当日の朝食時 にエネルギー代謝が(選択肢では)もっとも亢進する.

12. アデノシン三リン酸 adenosine tri-phosphate (ATP)に含まれる化学的エネルギーは、ADPより少ない 多い 

13. ATP → ADP + P の反応の際、細胞活動に利用できる化学的エネルギーは放出 蓄積 される。

14. 嫌気的代謝の代謝産物には、多くの化学的エネルギーが含まれている ほとんど化学的エネルギーは含まれていない 

15. 好気的代謝の代謝産物には、ほとんど化学的エネルギーは含まれていない 多くの化学的エネルギーが含まれている 

16. 嫌気的代謝では、好気的代謝に比べて、代謝産物に含まれる化学的エネルギーが少ない 多い 

17. 好気的代謝では、嫌気的代謝に比べて、代謝産物に含まれる化学的エネルギーが多い 少ない 

18. 2者のうち、代謝産物に含まれる化学的エネルギーが多いのは、嫌気的代謝 好気的代謝 である。

19. 2者のうち、代謝産物に含まれる化学的エネルギーが少ないのは、好気的代謝 嫌気的代謝 である。

20. ブドウ糖が、細胞内で最初に受けるエネルギー代謝は、クレブス回路 電子伝達系 β-酸化 解糖 加水分解 酸化的リン酸化反応 である。

21. 脂肪酸が、細胞内で最初に受けるエネルギー代謝は、β-酸化 電子伝達系 加水分解 酸化的リン酸化反応 解糖 クレブス回路 である。

22. 神経系において、電気は情報 エネルギー としての意味を持つ。

23. 細胞内のぶどう糖が不足すると、 ぶどう糖 脂肪酸 の代謝が主たるエネルギー代謝となる。

24. 飢餓状態では、 ぶどう糖 脂肪酸 の代謝が主たるエネルギー代謝となる。

25. 糖尿病では、 ぶどう糖 脂肪酸 の代謝が主たるエネルギー代謝となる。

26. クレアチン・リン酸は 高エネルギー物質の代謝産物 筋肉内の高エネルギー物質 である.

27. クレアチニンは 筋肉内の高エネルギー物質 高エネルギー物質の代謝産物 である.

28. 筋肉内の高エネルギー物質であるのは クレアチン・リン酸 クレアチニン クレアチニン・リン酸 である.

29. 高エネルギー物質の代謝産物であるのは クレアチニン・リン酸 クレアチン クレアチニン クレアチン・リン酸 である.

30. ろ過は 高エネルギー物質、ATPを使わない受動的な 高エネルギー物質、ATPを使った能動的な 過程である。

31. 拡散は、高エネルギー物質、ATPを使わない受動的な 高エネルギー物質、ATPを使った能動的な 過程である。

32. 細胞が、ポンプを使って能動輸送をやると 高エネルギー物質、ATPを使わずにできる 高エネルギー物質、ATPが消費される 

33. 能動輸送は、高エネルギー物質、ATPを使わない受動的な 高エネルギー物質、ATPを使った能動的な 過程である。

34. 浸透は、高エネルギー物質、ATPを使わない受動的な 高エネルギー物質、ATPを使った能動的な 過程である。

35. CO2は、エネルギー代謝の 代謝産物 代謝基質 である。

36. リン酸は、タンパク質のエネルギー代謝における 代謝産物 代謝基質 である。

37. 硫酸は、エネルギー代謝の 代謝産物 代謝基質 である。

38. 細胞のエネルギー代謝による、動脈血からの酸素の減少と二酸化炭素の増加を 内呼吸 外呼吸 という。

39. 甲状腺ホルモン(T3, T4など)は、酸素消費、エネルギー代謝、熱生産、精神活動を亢進 抑制 する。

40. 同じ刺激が続くとき、受容器の感度低下により、それに対する感覚が変化し、感覚されにくくなることがある。これを 適応 順応 慣れ 特殊感覚エネルギー という。

41. 感覚は受容器のある部位に感じる。これを 特殊感覚エネルギーの法則 投射 慣れ 順応 適応 という。

42. レプチンは、エネルギー消費を増大 低下 させる。

43クレアチニン クレアチン リン酸は貯蔵型の高エネルギー物質である。

44. グアノシン三リン酸(GTP)はRNAの一部 高エネルギー物質 DNAの一部 である。

45. シチジン三リン酸(CTP)はDNAの一部 高エネルギー物質 RNAの一部 である。

46. ウリジン三リン酸(UTP)はDNAの一部 高エネルギー物質 RNAの一部 である。

47. 細胞が活動するためには、エネルギーが必要でない ある 

48. 栄養素の化学的エネルギーは、原子 原子の結合 にある。

49. 細胞が活動するためには、栄養素のエネルギーをそのまま使う 「取り出し」てから使う 

50. 栄養素と比べて、分解産物には、エネルギーは少ない 多い 

51. 筋収縮には、ATPの化学的エネルギー 分子の一部 が必要である。

52. 神経系では、電気(活動電位)は主にエネルギー 信号 である。

53. 細胞が活動すると、細胞内のエネルギーは消費されて減る 生成されて増える 

54. 栄養素は、人体にとってエネルギー源 情報源 である。

55. カロリーは、情報 エネルギー の単位である。

56. 肺気腫(狭義の慢性閉塞性肺疾患 chronic obstructive pulmonary disease, COPD)では、エネルギー代謝が低下 亢進 し、低 過 栄養、高 低 体重となり、分岐鎖アミノ酸が低下 上昇 する。

57. 甲状腺機能亢進症では、基礎エネルギー消費量が亢進 低下 する。

58. 甲状腺機能低下症では、基礎エネルギー消費量が低下 亢進 する。

59. 細胞活動に直接的に必要なのは、細胞内 外 のエネルギーである。

60. 酸素を使わないとき、エネルギー代謝の効率は高い 低い 

61. 酸素を使わないとき、エネルギー代謝で取り出されるエネルギーは少ない 多い 

62. 酸素を使わないとき、代謝産物に残るエネルギーは多い 少ない 

63. 酸素を使うとき、エネルギー代謝の効率は低い 高い 

64. 酸素を使うとき、エネルギー代謝で取り出されるエネルギーは多い 少ない 

65. 酸素を使うとき、代謝産物に残るエネルギーは多い 少ない 

66. エネルギー代謝により、酸素は、細胞内に入って消費される 生成され、細胞外に出てくる 

67. (酸素を使った)エネルギー代謝により、二酸化炭素は、生成され、細胞外に出てくる 細胞内に入って消費される 

68. (酸素を使った)エネルギー代謝により、水は、生成され、細胞内から出てくる 細胞外から入って消費される 

69. アデノシン三リン酸 adenosine tri-phosphate (ATP)のリン酸 アデノシン の結合に化学的エネルギーが多い。

70. 安静にしていることが多い肥満患者に対する食事療法の、1日あたりのエネルギー量は標準体重 現在の体重 (kg)×15 20 25 30 35 40 45 50 kcalである。

71. 軽労作していることが多い肥満患者に対する食事療法の、1日あたりのエネルギー量は標準体重 現在の体重 (kg)×15 20 25 30 35 40 45 50 kcalである。

72. 中労作していることが多い肥満患者に対する食事療法の、1日あたりのエネルギー量は標準体重 現在の体重 (kg)×15 20 25 30 35 40 45 50 kcalである。

73. 重労作していることが多い肥満患者に対する食事療法の、1日あたりのエネルギー量は標準体重 現在の体重 (kg)×15 20 25 30 35 40 45 50 kcalである。

74. エネルギー代謝では、酸素 水 栄養素 二酸化炭素 が細胞内に入って消費される。

75. エネルギー代謝は、二酸化炭素 水 栄養素 酸素 が生成され、細胞外に出てくる。

76. 酸素を使う 使わない と、エネルギー代謝の効率は高い。

77. 酸素を使う 使わない と、エネルギー代謝の効率は低い。

78. 感覚の種類は、 受容器から大脳皮質までの感覚系統に固有である。これを 投射 適応 慣れ 順応 特殊感覚エネルギーの法則 という。

79. 腎不全では、高 低 エネルギー食とする。

80. エネルギー代謝では、栄養素の原子の結合 原子 が取り出され、栄養素は分解される。

81. エネルギー代謝は、酸素を使うと効率が低い 高い 

82. 細胞活動に直接使われるのは、ブドウ糖 ATP ADP のエネルギーである。

83. ATPのリン酸結合 アデノシン アデノシン結合 リン酸 にエネルギーがある。

84. 嫌気的代謝は、好気的代謝に比べて、時間がかからない かかる エネルギー代謝である。

85. 好気的代謝は、嫌気的代謝に比べて、時間がかからない かかる エネルギー代謝である。

86. 図中の*印が示しているのは

酸素によるエネルギー代謝の促進
栄養素からのエネルギーの取り出し
栄養素の分解
細胞による酸素の取り込み
筋の収縮たんぱくの収縮
である。

図表-1