問題文の検索結果

1. 活性型ビタミンDはカルシウムイオンの尿細管における再吸収を促進 しない する  .

2. 活性型ビタミンDは腸管からのカルシウムイオンの吸収 に影響しない を亢進する を抑制する  する.

3. カルシウムイオンは、骨 血液 中の物質である。

4. カルシウムイオンは、腎臓の糸球体でろ過される ない 

5. カルシウムイオンは、ろ過量の全量 大部分 半分 一部分 ごくわずか が再吸収される。

6. カルシウムイオンは、ろ過量の全量 大部分 半分 一部分 ごくわずか が排泄される。

7. 活性型ビタミンDは、腸管からのカルシウムイオンの吸収を亢進する を抑制する に影響しない 

8. 活性型ビタミンDは、腎尿細管からのカルシウムイオンの再吸収を亢進する を抑制する に影響しない 

9. 腎不全では、カルシウムイオンの血中濃度は、軽度低下する 軽度増大する 

10. 腎不全で、血中のカルシウムイオン濃度が低下するのは、骨への沈着が病的に亢進しているためである。正 誤 

11. 腎不全において、低下しているのは 

腎臓からのリン(酸イオン)排泄量
骨中のリン酸カルシウム量
副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone、PTH、パラソルモン)
骨からのリン酸カルシウム量の遊離
腸管からのカルシウムイオン吸収
糸球体ろ過量
血中のリン(酸イオン)濃度
腎臓尿細管からのカルシウムイオン再吸収
軟部組織のリン酸カルシウム量
糸球体におけるリン(酸イオン)のろ過量
血中のカルシウム濃度
骨へのリン酸カルシウム量の沈着
活性化ビタミンD
である。

12. 腎不全において、増大・亢進しているのは 

副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone、PTH、パラソルモン)
糸球体ろ過量
活性化ビタミンD
軟部組織のリン酸カルシウム量
血中のカルシウム濃度
骨へのリン酸カルシウム量の沈着
糸球体におけるリン(酸イオン)のろ過量
骨からのリン酸カルシウム量の遊離
骨中のリン酸カルシウム量
腎臓尿細管からのカルシウムイオン再吸収
腎臓からのリン(酸イオン)排泄量
腸管からのカルシウムイオン吸収
血中のリン(酸イオン)濃度
である。

13. 腎不全患者はカルシウムイオンを多く摂取 しない方が した方が いい.

14. 凝固系の随所にカルシウムイオンは必要である.正 誤 

15. 血液凝固因子は第XIII凝固因子まであるが第I〜IV凝固因子は慣用名で呼ぶのが一般的であり、第I凝固因子はフィブリノーゲン プロトロンビン 組織トロンボプラスチン カルシウムイオン であり、第II凝固因子はフィブリノーゲン プロトロンビン 組織トロンボプラスチン カルシウムイオン であり、第III凝固因子はフィブリノーゲン プロトロンビン 組織トロンボプラスチン カルシウムイオン であり、第IV凝固因子はフィブリノーゲン プロトロンビン 組織トロンボプラスチン カルシウムイオン である。