問題文の検索結果

1. カルシトニンの作用は血漿カルシウム濃度の低下である。また、カルシトニンの分泌は「作用重視型調節」を受けている。カルシトニンの分泌低下以外の理由により血漿カルシウム濃度がセットポイントより上昇すると、カルシトニンの分泌は低下する 亢進する あまり変化しない 

2. カルシトニンの作用は血漿カルシウム濃度の低下である。また、カルシトニンの分泌は「作用重視型調節」を受けている。カルシトニンの分泌亢進以外の理由により血漿カルシウム濃度がセットポイントより低下すると、カルシトニンの分泌はあまり変化しない 低下する 亢進する 

3. カルシトニンは、副甲状腺 甲状腺 から生成、内分泌される。

4. 甲状腺から分泌されるホルモンは パラソルモン カルシトニン である.

5. 副甲状腺から分泌されるホルモンは パラソルモン カルシトニン である.

6. 甲状腺刺激ホルモン thyroid-stimulating hormone (TSH) は甲状腺からのカルシトニン分泌に対して 抑制作用がある 作用しない 促進作用がある .

7. カルシトニンは、血中カルシウム濃度を 上昇 低下 させる。

8. 血中カルシウム濃度を上昇させる作用のあるホルモンは カルシトニン 副甲状腺ホルモン(パラソルモン) である.

9. 血中カルシウム濃度を低下させる作用のあるホルモンは カルシトニン 副甲状腺ホルモン(パラソルモン) である.

10. カルシトニンの分泌は、「作用重視型」 「濃度重視型」 調節を受けている。

11. 高カルシウム血症は、カルシトニンにとっては「ホルモン作用」(血中カルシウム濃度の 上昇 低下 )の 少ない 多い 状態であり、カルシトニンの生成・内分泌を 低下 亢進 させる。

12. 低カルシウム血症は、カルシトニンにとっては「ホルモン作用」(血中カルシウム濃度の 低下 上昇 )の 多い 少ない 状態であり、カルシトニンの生成・内分泌を 亢進 低下 させる。

13. カルシトニンは腎臓からのカルシウム排泄を 促進 抑制 する.

14. カルシトニンは腸管からのカルシウム吸収を 促進 抑制 する.

15. カルシトニンは骨へのカルシウム沈着、貯蔵(骨形成)を 亢進 低下 させる.

16. カルシトニンは、骨からのカルシウム動員、遊離、放出(骨破壊、「骨の吸収」)を 低下 亢進 させる。

17. 腎臓からのカルシウム排泄を亢進させるホルモンは カルシトニン 副甲状腺ホルモン(パラソルモン) である.

18. 腎臓からのカルシウム排泄を低下させるホルモンは カルシトニン 副甲状腺ホルモン(パラソルモン) である.

19. 腸管からのカルシウム吸収を亢進させるホルモンは 副甲状腺ホルモン(パラソルモン) カルシトニン である.

20. 腸管からのカルシウム吸収を低下させるホルモンは カルシトニン 副甲状腺ホルモン(パラソルモン) である.

21. 骨へのカルシウム沈着(骨形成)を亢進させるホルモンは カルシトニン 副甲状腺ホルモン(パラソルモン) である.

22. 骨へのカルシウム沈着(骨形成)を低下させるホルモンは カルシトニン 副甲状腺ホルモン(パラソルモン) である.

23. 骨からのカルシウム動員(骨破壊)を亢進させるホルモンは カルシトニン 副甲状腺ホルモン(パラソルモン) である.

24. 骨からのカルシウム動員(骨破壊)を低下させるホルモンは カルシトニン 副甲状腺ホルモン(パラソルモン) である.

25. カルシトニンの作用(血中カルシウム濃度の低下)が多くなると、甲状腺刺激ホルモン(TSH) の生成、内分泌は

負のフィードバックで亢進する
負のフィードバックで低下する
血中カルシウム濃度からの負のフィードバックを受けていないのであまり変わらない

26. 高カルシウム食は、血中カルシウム濃度を上昇させる作用のあるカルシトニン 副甲状腺ホルモン(パラソルモン) にとっては「ホルモン作用」の抑制性ノイズ 促進性ノイズ であり,そのホルモンの分泌を低下 亢進 させる。

27. 高カルシウム食は、血中カルシウム濃度を低下させる作用のあるカルシトニン 副甲状腺ホルモン(パラソルモン) にとっては「ホルモン作用」の促進性ノイズ 抑制性ノイズ であり,そのホルモンの分泌を低下 亢進 させる。

28. 低カルシウム食は、血中カルシウム濃度を上昇させる作用のある副甲状腺ホルモン(パラソルモン) カルシトニン にとっては「ホルモン作用」の促進性ノイズ 抑制性ノイズ であり,そのホルモンの分泌を亢進 低下 させる.

29. 低カルシウム食は、血中カルシウム濃度を低下させる作用のあるカルシトニン 副甲状腺ホルモン(パラソルモン) にとっては「ホルモン作用」の抑制性ノイズ 促進性ノイズ であり,そのホルモンの分泌を低下 亢進 させる。

30. 骨の代表的な機能には、

老化赤血球の分解
体型の支持
老廃物の排泄
造血
鉄の貯蔵
エリスロポ(イ)エチンの生成と分泌
内臓器の保護
運動
パラソルモンの生成と分泌
カルシトニンの生成と分泌
電解質の貯蔵
などがあげられる。

31. カルシトニンは、

下垂体後葉
膵臓
精巣
副腎皮質
腎臓
副甲状腺
副腎髄質
下垂体前葉
甲状腺
卵巣の卵胞
卵巣の黄体
から分泌される。

32. カルシトニンの作用は、

血糖低下
代謝亢進、精神活動亢進など
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
乳汁生成促進
血漿中カルシウム濃度の上昇
抗炎症
血漿浸透圧低下
女性化
血漿中のNa+量と血圧との上昇
男性化
血漿中カルシウム濃度の低下
女性器の平滑筋収縮
身長の伸長
造血(赤血球生成)促進
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
血糖上昇
である。

33. カルシトニンはステロイド型 ペプチド型 アミン型 ホルモンである.

34. 甲状腺刺激ホルモン(TSH)は、甲状腺からの甲状腺ホルモン カルシトニン の生成、内分泌を強く促進する。

35. (カルシトニンを含まない狭義の)甲状腺ホルモンは「ホルモン濃度重視」 「ホルモン作用重視」 型の負のフィードバックで分泌調節されている。

36. カルシトニンは「ホルモン作用重視」 「ホルモン濃度重視」 型の負のフィードバックで分泌調節されている。

37. カルシトニンは甲状腺 副甲状腺 から分泌される。

38. カルシトニンの作用は

血漿浸透圧の低下
血漿中カルシウム濃度の低下
心拍数低下
血糖低下
血漿中ナトリウム量と血圧の低下
である。

39. カルシトニンが作用すると血漿中ナトリウム量と血圧 血漿中カルシウム濃度 血漿浸透圧 心拍数 血糖 上昇 低下 する。

40. 副腎皮質から分泌されるホルモンは

卵胞刺激ホルモン
カルシトニン
電解質コルチコイド(アルドステロン)
エストロゲン
プロゲステロン
糖質コルチコイド
オキシトシン
パラソルモン
レプチン
バゾプレッシン
プロラクチン
グルカゴン
甲状腺ホルモン
ANP
インスリン
カテコールアミン
エリスロポ(イ)エチン
テストステロン
成長ホルモン
黄体形成ホルモン
である。

41. 甲状腺から分泌されるホルモンは

カテコールアミン
グルカゴン
甲状腺ホルモン
プロゲステロン
卵胞刺激ホルモン
成長ホルモン
エリスロポ(イ)エチン
プロラクチン
ANP
オキシトシン
黄体形成ホルモン
パラソルモン
インスリン
エストロゲン
レプチン
テストステロン
バゾプレッシン
カルシトニン
糖質コルチコイド
電解質コルチコイド(アルドステロン)
である。

42. 膵臓から分泌されるホルモンは

エリスロポ(イ)エチン
糖質コルチコイド
オキシトシン
プロラクチン
カテコールアミン
成長ホルモン
電解質コルチコイド(アルドステロン)
グルカゴン
バゾプレッシン
卵胞刺激ホルモン
甲状腺ホルモン
レプチン
カルシトニン
プロゲステロン
パラソルモン
インスリン
テストステロン
エストロゲン
ANP
黄体形成ホルモン
である。