問題文の検索結果

1. お部屋の「ゴミ・クリアランス」の単位は、ゴミの量(ちり取りの杯数) 部屋の広さ  である。

2. お部屋の「ゴミ・クリアランス」では、ゴミがなくなりキレイになった部屋の広さ 運び出されるゴミの量(ちり取りの杯数)  が表現される。

3. クリアランスの公式は、

よごれ具合×一分間のごみ運び出し量
よごれ具合 / 一分間のごみ運び出し量
一分間のごみ運び出し量 / よごれ具合
である。

4. ごみ運び出し量が大きいほど、「ゴミ・クリアランス」は 小さい 大きい 

5. ごみ運び出し量が小さいほど、「ゴミ・クリアランス」は 小さい 大きい 

6. 部屋のよごれ具合が大きいほど、「ゴミ・クリアランス」は 大きい 小さい 

7. 部屋のよごれ具合が小さいほど、「ゴミ・クリアランス」は 大きい 小さい 

8. お部屋の広さがだいたいしかわからないとき

1分間のごみ運び出し量 / よごれ具合(=ゴミ・クリアランス)
1分間のごみ運び出し量 / (よごれ具合 × 部屋のだいたいの広さ)(=全体の何分の1をきれいにしたか?)
の方が正確である.

9. ある物質のクリアランスとは、その物質が糸球体でろ過される量をあらわす。 誤 正 

10. クレアチニン・クリアランスの正常値は、おおよそ100 ml/分である。単位のmlは 血漿 尿  の体積である。

11. クレアチニン・クリアランスは、低値であるほど、腎機能は  悪い 良い 

12. 血漿クレアチニン濃度は、高値であるほど、クレアチニン・クリアランスは 大きい 小さい 

13. 尿中クレアチニン排泄が多いほど、クレアチニン・クリアランスは 大きい 小さい 

14. ある物質の血漿濃度と尿中濃度、ならびに尿量より、クリアランスは求められる。 正 誤 

15. クレアチニン・クリアランス(血漿何 mlに含まれる分のクレアチニンが毎分排泄されるか)は あまり正確に求められない 正確に求められる 

16. クレアチニンのクリアランスは、糸球体ろ過量 glomerular filtration rate (GFR)をあらわす。 正 誤 

17. クレアチニンのクリアランスがGFRをあらわすのは、クレアチニンにおいては、 

尿細管で分泌も再吸収もされない
糸球体でのろ過が受動的である
尿細管で分泌はされるが再吸収はされない
ためである。

18. 血漿クレアチニン濃度 10 μg/ml、1分間尿量 1ml/分、尿クレアチニン濃度 1,000 μg/ml のときのクレアチニンクリアランスは? 10 ml/分 100 ml/分 1000 ml/分 

19. 血漿クレアチニン濃度 10 μg/ml、1分間尿量 1ml/分、尿クレアチニン濃度 1,000 μg/mlのときのクレアチニン・クリアランスは、100μg ml μg/分 ml/分 である。

20. 腎不全で、クレアチニン・クリアランスは、不変である 低下する 増大する