問題文の検索結果

1. クレアチニンは 高エネルギー物質の代謝産物 筋肉内の高エネルギー物質 である.

2. 筋肉内の高エネルギー物質であるのは クレアチニン・リン酸 クレアチン・リン酸 クレアチニン である.

3. 高エネルギー物質の代謝産物であるのは クレアチン・リン酸 クレアチニン クレアチニン・リン酸 クレアチン である.

4. クレアチニン・クリアランスの正常値は、おおよそ100 ml/分である。単位のmlは 尿 血漿  の体積である。

5. クレアチニン・クリアランスは、低値であるほど、腎機能は 良い  悪い 

6. 血漿クレアチニン濃度は、低値であるほど、腎機能は 悪い 良い 

7. 血漿クレアチニン濃度は、高値であるほど、クレアチニン・クリアランスは 大きい 小さい 

8. 尿中クレアチニン排泄が多いほど、クレアチニン・クリアランスは 大きい 小さい 

9. 血漿に含まれるクレアチニンの何%が毎分排泄されるのかは あまり正確に求められない 正確に求められる 

10. クレアチニン・クリアランス(血漿何 mlに含まれる分のクレアチニンが毎分排泄されるか)は 正確に求められる あまり正確に求められない 

11. クレアチニンのクリアランスは、糸球体ろ過量 glomerular filtration rate (GFR)をあらわす。 正 誤 

12. クレアチニンのクリアランスがGFRをあらわすのは、クレアチニンにおいては、 

尿細管で分泌も再吸収もされない
尿細管で分泌はされるが再吸収はされない
糸球体でのろ過が受動的である
ためである。

13. 血漿クレアチニン濃度 10 μg/ml、1分間尿量 1ml/分、尿クレアチニン濃度 1,000 μg/ml のときのクレアチニンクリアランスは? 10 ml/分 100 ml/分 1000 ml/分 

14. 血漿クレアチニン濃度 10 μg/ml、1分間尿量 1ml/分、尿クレアチニン濃度 1,000 μg/mlのときのクレアチニン・クリアランスは、100ml/分 μg ml μg/分 である。

15. 63歳の女性.3カ月前に突然口渇が出現するようになったので来院した.冷水を好んで飲用し,夜間に5,6回,排尿している.頭痛,視力障害,頭部外傷の既往はない.尿糖(-),尿タンパク(-),高濃度食塩水負荷後の尿浸透圧 210 mOsm,(通常時の尿浸透圧正常範囲は800-1,300).尿量 6,400 ml/日.空腹時血糖 76 mg,l(正常範囲内),総タンパク 7.6 g,l(正常範囲内),尿素窒素14 mg,l(正常範囲内),クレアチニン 0.8 mg,l(正常範囲内).血漿浸透圧 290 mOsm,(正常275 - 288).抗利尿ホルモン(ADH)投与後,尿浸透圧は850 mOsm,に上昇した.この症例での「口渇」と血漿浸透圧の値は 水中毒 脱水 を示唆する.しかし,尿量は不釣り合いに 少なく 多く ,また尿は,高濃度の食塩水を負荷しても 濃い 薄い .腎臓の尿濃縮異常である.抗利尿ホルモンを投与したとたんに尿浸透圧が増大したことは, 

ADHの分泌低下(下垂体性尿崩症)
ADHの分泌過剰(ADH不適合分泌症候群)
ADHに対する反応性の低下(腎性尿崩症)
水分摂取不足による脱水
心因性多飲症
を示唆する.

16. 腎不全で、クレアチニン・クリアランスは、不変である 増大する 低下する 

17. 腎不全(糸球体ろ過量の機能低下が主病態)患者では,血中のクレアチニンは増加する 減少する 特に変動しない .

18. クレアチニンは、糸球体で ろ過される ろ過されない 

19. クレアチニンは、尿細管で 

(糸球体でろ過されなかったのだから)再吸収されない
(糸球体でろ過されたけれど)再吸収されない
(ろ過量の)約1%が再吸収される
(ろ過量の)約半分が再吸収される
(ろ過量の)約90%が再吸収される
(ろ過量の)全量が再吸収される

20. 正常な尿に、クレアチニンは 含まれる 含まれない 

21クレアチニン クレアチン リン酸は貯蔵型の高エネルギー物質である。

22クレアチニン クレアチン は他方の代謝産物である。

23. 腎臓は、クレアチニンを排泄している。正 誤 

24. 腎不全では、クレアチニンの排泄が増大 減少 する。

25. 腎不全では、血中のクレアチニンが上昇 低下 する。

26. 腎動脈から、クレアチニンが腎臓に流入した。クレアチニンは

尿管に流出しない
約1%が尿管に流出する
10〜30%ほどが尿管に流出する
半分ほどが尿管に流出する
約90%が尿管に流出する
全部が尿管に流出する

27. 腎不全の患者さんでは、ろ過(こしとり)されるクレアチニン(など代謝産物)の量が、正常人と比べて、あまり変わらない 減少する 増大する 

28. 腎不全の患者さんでは、尿に入っているクレアチニン(など代謝産物)の量が、正常人と比べて、あまり変わらない 減少する 増大する 

29. クレアチニンは、腎臓(の尿細管)で再吸収されない 再吸収される 

30. クレアチニンは、尿細管で 分泌されない 血中から分泌される 生成されて分泌される 

31. 腎臓はクレアチニンを生成・内分泌 活性化 排泄 している。

32水分 ブドウ糖 クレアチニン は糸球体でろ過される。

33クレアチニン 水分 ブドウ糖 は尿細管で再吸収される。