問題文の検索結果

1. 糖の嫌気的代謝が亢進し、好気的代謝が低下した状態では、主に脂肪酸 乳酸 ケトン体 ADP CO2 が細胞内に増加する。

2. 細胞内の糖が不足したために脂肪酸の代謝が亢進すると、 乳酸 ケトン体 が蓄積する。

3. 糖尿病では細胞内と血中の乳酸 ケトン体 が 減少 増大 する。

4. 絶食状態では細胞内と血中のケトン体 乳酸 が 減少 増大 する。

5. ケトン体は 「糸球体からろ過される不揮発性酸」 「尿細管から分泌される不揮発性酸」 揮発性酸 である.

6. ケトン体は 有機酸 無機酸 である.

7. ケトン体は糸球体で ろ過されない ろ過される .

8. ケトン体は尿細管で 

(糸球体でろ過されなかったのだから)再吸収されない
(糸球体でろ過されたけれど)再吸収されない
(ろ過量の)わずかが再吸収される
(ろ過量の)約半分が再吸収される
(ろ過量の)大部分が再吸収される
(ろ過量の)全量が再吸収される
.また,生成されて分泌される 血中から分泌される 分泌されない .

9. 正常な尿にケトン体は 含まれる 含まれない .

10. 腎不全(糸球体ろ過量の機能低下が主病態)患者では,血中のケトン体は増加する 減少する 特に変動しない .

11. (乳酸、ケトン体などの酸性物質による)代謝性アシドーシスにより「pH上昇」が抑制されると、呼吸調節により、呼吸は亢進 低下 する。

12. (乳酸、ケトン体などの酸性物質による)代謝性アシドーシスに対する呼吸調節により、呼吸は低下 亢進 する。

13. 乳酸、ケトン体などの酸性物質は肺 腎臓 から排出される。