問題文の検索結果

1. ATPは、主として細胞核 ミトコンドリア シナプス小胞 細胞質 細胞膜 で生成される。

2. コンピュータの「1」に相当するのが、神経系における 活動電位 静止膜電位 シナプス後膜の電位 である。

3. 体性神経では、中枢神経の外にシナプスは ない ある 

4. 自律神経では、中枢神経の外にシナプスは ある ない 

5. 中枢神経の外にシナプスがあるのは、体性 自律 神経系である。

6. 中枢神経の外にシナプスがないのは、体性 自律 神経系である。

7. 伝達物質は、シナプス 後膜 前膜 の受容体に作用して、活動電位を伝達する。

8. 伝達物質は、シナプス 前膜 後膜 から放出される。

9. シナプス伝達物質は、シナプス間隙 シナプス後膜 シナプス前膜 シナプス小胞 にたくわえられている。

10. シナプス伝達の過程は、主に電気的 化学的 に行われる。

11. 興奮性シナプス伝達の結果、シナプス後膜の電位は 過分極 脱分極 する。

12. 抑制性シナプス伝達の結果、シナプス後膜の電位は 脱分極 過分極 する。

13. シナプス伝達物質が作用するのは、シナプス前膜 後膜 の 受容体 イオンチャンネル である。

14. シナプスの伝達は、一方向のみである。誤 正 

15. シナプスでは、化学的に情報が伝達されるので、伝達速度は、神経線維の伝導速度と比べて 速い 遅い 

16. シナプス前膜に2個の活動電位が到来すると、シナプス後膜に発生する活動電位の数は、2未満 2より多い 条件により一定しない ちょうど2 

17. シナプス前膜に2個の活動電位が到来し、最初の1個に対してシナプス後膜に1個の活動電位が発生し、次の1個に対してシナプス後膜に2個の活動電位が発生した場合、この現象は 疲労 反復刺激後増強 と表現される。

18. シナプス前膜に2個の活動電位が到来し、最初の1個に対してシナプス後膜に1個の活動電位が発生し、次の1個に対してシナプス後膜に0個の活動電位が発生した場合、この現象は 反復刺激後増強  疲労 と表現される。

19. シナプスは、低酸素や薬物の影響を 受けやすい 受けにくい 

20. シナプスの前膜は、神経細胞体 樹状突起 神経終末 に存在する。

21. アセチルコリンは、シナプス伝達物質として

副交感神経節前
(コリン作動性を除く)交感神経節後
副交感神経節後
(コリン作動性を除く)交感神経節前
神経線維末端から放出されている。

22. ノルアドレナリンは、シナプス伝達物質として

副交感神経節後
副交感神経節前
(コリン作動性を除く)交感神経節後
(コリン作動性を除く)交感神経節前
神経線維末端から放出されている。

23. 温度覚・痛覚の伝導路は、脊髄 前 後 根から入り、シナプスを 作り 作らず 、 同側 対側 の 皮質脊髄路 後索路 脊髄視床路 を上行し、視床下部 視床 でシナプスを作り、 大脳基底核 大脳辺縁系 内包 を通り、 大脳皮質の 頭頂葉 後頭葉 側頭葉 前頭葉 にある 中心後回 中心前回 の 感覚野 運動野 へ投射する。

24. 関節、筋肉などの深部覚は、脊髄 後 前 根から入り、シナプスを 作らず 作り 、 対側 同側 皮質脊髄路 脊髄視床路 後索路 を上行し、 延髄 視床下部 でシナプスを作り、 同側を上行 対側へ交叉 し、 視床 視床下部 でシナプスを作り、 大脳辺縁系 大脳基底核 内包 を通り、 大脳皮質の 側頭葉 後頭葉 頭頂葉 前頭葉 にある 中心後回 中心前回 の 感覚野 運動野 へ投射する。

25. 随意運動の下行路(錐体路)は大脳皮質の 前頭葉 頭頂葉 後頭葉 側頭葉 にある 中心前回 中心後回 の 運動野 感覚野 から発し、視床 視床下部 内包 を通り、大脳皮質 大脳基底核 視床下部 延髄の錐体 脊髄 で 

シナプスを形成してから左右の反対側へ交叉
シナプスを形成しないで左右の反対側へ交叉
左右の反対側へ交叉してからシナプスを形成
する。この後、脊髄の 前索 側索 後索 を下行し、前角 後角 にある 第1次 第2次 第3次 運動神経とシナプスを形成する。その神経線維は 前根 後根  を通って脊髄を離れ、中枢 末梢 神経線維となり、骨格筋を支配する。

26. 皮膚の触圧覚の伝導路は、脊髄 前 後 根から入り、シナプスを 作り 作らず 対側 同側 皮質脊髄路 後索路 脊髄視床路 を上行し、 延髄 視床下部 でシナプスを作り、 同側を上行 対側へ交叉 し、視床下部 視床 でシナプスを作り、内包 大脳基底核 大脳辺縁系 を通り、大脳皮質の 後頭葉 頭頂葉 側頭葉 前頭葉 にある 中心前回 中心後回 の 感覚野 運動野 へ投射する。

27. 嚥下は多 単 シナプス反射である。

28. 膝蓋腱反射とは、膝蓋腱が刺激されることにより、 大腿四頭筋膝蓋腱の腱紡錘 大腿四頭筋の筋紡錘 が伸展され、Ia Ib  求心 遠心 性線維に活動電位が発生し、脊髄 後根 前根 から脊髄に入り、 脳 脊髄 を中枢とし、 単 多 シナプスを介して、大腿四頭筋を支配する アルファ ベータ 性運動神経細胞が活性化され、その線維と活動電位とが前根 後根 から脊髄を出て、大腿四頭筋を活性化させて、膝が伸展する反射である。

29. ホルモンは細胞膜のポンプ シナプス ゲート チャンネル(チャネル) レセプター(受容体) に結合して作用する。

30. 粗面小胞体の周辺部分にあるのは 

ゴルジ装置
シナプス小胞
リボソーム ribosome
リソソーム(ライソソーム) lysosome
中心体
である。

31. 貪食作用によって,好中球の内部に取り込まれた異物を含んだ顆粒は

リソソーム(ライソソーム)lysosome
ゴルジ装置
シナプス小胞
中心体
リボソーム ribosome
と合体し,異物は分解される。

32. 嗅覚の求心路はシナプスを介して 介さず 嗅脳へ投射する.

33. 嗅覚の求心路はシナプスを介さず 介して 前頭葉へ投射する.

34. シナプスの図において*印が示すのは

シナプス後膜
シナプス小頭
シナプス小胞
伝達物質
伝導物質
シナプス前膜
受容体
シナプス間隙
である。

図表-1