問題文の検索結果

1. ビタミンDを活性化する臓器として適切なのは 腸管 肝臓 肺 皮膚 副甲状腺 腎臓 骨  である.

2. 活性型ビタミンDはカルシウムイオンの尿細管における再吸収を促進 する しない  .

3. 活性型ビタミンDは副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone, PTH)の分泌を 亢進 抑制  する.

4. 活性型ビタミンDは腸管からのカルシウムイオンの吸収 を亢進する を抑制する に影響しない  する.

5. 活性型ビタミンDは腸管からのリン酸イオンの吸収 を亢進する に影響しない を抑制する .

6. 腎不全では,活性型ビタミンDの血中濃度は 減少 増大  する.

7. 腎臓は、ビタミンDを活性化 生成(産生) する。

8. 肝臓は、ビタミンDを生成(産生) 活性化 する。

9. 皮膚は、ビタミンDを活性化 生成(産生) する。

10. ビタミンDを活性化する臓器として適切なのは、皮膚 腎臓 腸管 副甲状腺 骨 肺 肝臓 である。

11. ビタミンDを生成(産生)する臓器として適切なのは、腸管 腎臓 肺 副甲状腺 皮膚 骨 肝臓 である。

12. 活性型ビタミンDは、腸管からのカルシウムイオンの吸収を亢進する を抑制する に影響しない 

13. 活性型ビタミンDは、腎尿細管からのカルシウムイオンの再吸収を抑制する に影響しない を亢進する 

14. 活性型ビタミンDは、副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone, PTH)の分泌を亢進する を抑制する に影響しない 

15. 骨を形成 吸収(破壊) する作用のある副甲状腺ホルモン parathyroid hormone (PTH)が活性化ビタミンDにより促進 抑制 される。これにより、活性型ビタミンDの作用は骨の吸収(破壊) 形成 である。

16. 腎不全では、活性型ビタミンDの血中濃度は、不変である 低下する 増大する 

17. 活性型ビタミンDは、副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone、 PTH)を増大する 低下する 作用がある。腎不全では、活性型ビタミンDが低下 増大 するため、PTHの生成・内分泌・血中濃度は増大 低下 する。

18. 腎不全において、低下しているのは 

骨からのリン酸カルシウム量の遊離
軟部組織のリン酸カルシウム量
腎臓尿細管からのカルシウムイオン再吸収
腎臓からのリン(酸イオン)排泄量
糸球体におけるリン(酸イオン)のろ過量
血中のリン(酸イオン)濃度
骨へのリン酸カルシウム量の沈着
骨中のリン酸カルシウム量
副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone、PTH、パラソルモン)
糸球体ろ過量
血中のカルシウム濃度
活性化ビタミンD
腸管からのカルシウムイオン吸収
である。

19. 腎不全において、増大・亢進しているのは 

腸管からのカルシウムイオン吸収
骨からのリン酸カルシウム量の遊離
腎臓からのリン(酸イオン)排泄量
血中のリン(酸イオン)濃度
血中のカルシウム濃度
骨へのリン酸カルシウム量の沈着
骨中のリン酸カルシウム量
副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone、PTH、パラソルモン)
糸球体ろ過量
軟部組織のリン酸カルシウム量
糸球体におけるリン(酸イオン)のろ過量
活性化ビタミンD
腎臓尿細管からのカルシウムイオン再吸収
である。

20. 腎不全患者は活性型ビタミンDを多く摂取 しない方が した方が いい.

21. 腎臓は、ビタミンDを不活性化 活性化 する。ビタミンDはカルシウムを骨に貯蔵する から遊離する 作用がある。そのため、腎不全では、骨中のカルシウムは減少 増大 する。

22. 腎臓は、ビタミンDを不活性化 活性化 する。

23. 活性型ビタミンDは小腸粘膜細胞で

カルシウム結合たんぱく質の生成を亢進させる
カルシウムポンプの活性を亢進させる
近傍の血流を増やす
ことで、カルシウムの吸収を促進する。

24. 活性型ビタミンDは、腸管からのリン(酸イオン)の吸収を抑制する を亢進する に影響しない 

25. ビタミンD2の別名はエルゴカルシフェロール コレカルシフェロール である。

26. ビタミンD3の別名はコレカルシフェロール エルゴカルシフェロール である。

27ビタミンD2 ビタミンD3 の別名はエルゴカルシフェロールである。

28ビタミンD3 ビタミンD2 の別名はコレカルシフェロールである。

29. ビタミンD2は植物性 動物性 である。

30. ビタミンD3は植物性 動物性 である。

31ビタミンD3 ビタミンD2 は植物性である。

32ビタミンD3 ビタミンD2 は動物性である。

33. 皮膚で生成されるのはビタミンD3 ビタミンD2 である。

34ビタミンD2 ビタミンD3 は皮膚で紫外線 赤外線 により酵素的 非酵素的 に生成する。

35. ビタミンD2とビタミンD3とでは、生体内の活性はビタミンD3の方が強い ビタミンD2の方が強い 同等である 

36. ビタミンD2は脂溶性 水溶性 である。

37. ビタミンD3は脂溶性 水溶性 である。

38. 副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone, PTH)は、腎臓におけるビタミンDの活性化に影響しない を抑制する を亢進する 

39. くる病・骨軟化症では、カルシウム摂取 活性型ビタミンD の低下が主病態である。

40. くる病・骨軟化症では、活性型ビタミンDは特に変動しない 減少する 増大する 

41. 骨粗鬆症では、活性型ビタミンD カルシウム摂取 の低下が主病態である。

42. 骨粗鬆症では、活性型ビタミンDは上昇する 減少する 特に変動しない 

43. プロビタミンD2の化学名は、

7-デヒドロコレステロール
レチノール
リボフラビン
βカロテン
フィロキノン
トコフェロール
コバラミン
エルゴステロール
メナキノン
アスコルビン酸
ピリドキシン・ピリドキサール・ピリドキサミン
チアミン
カルシフェロール
トリプトファン
 である。

44. プロビタミンD3の化学名は、

カルシフェロール
トリプトファン
リボフラビン
ピリドキシン・ピリドキサール・ピリドキサミン
トコフェロール
βカロテン
7-デヒドロコレステロール
チアミン
エルゴステロール
コバラミン
アスコルビン酸
メナキノン
レチノール
フィロキノン
 である。

45. ビタミンDの主な生理作用は、

皮膚・粘膜を正常に保つ、視機能
生体内の酸化、還元反応電子伝達系の補酵素の成分
アミノ酸代謝(アミノ基転移酵素の補酵素の成分)
糖・脂質・タンパク質の酵素の補酵素の成分
脂肪酸の合成、分解
血液凝固因子、プロトロンビンの形成
コラーゲンの合成、鉄の吸収、副腎皮質ホルモンの合成
抗酸化作用。動脈硬化予防など
糖質の燃焼に必要
核酸合成・アミノ酸代謝の酵素の補酵素の成分
小腸、腎臓でのCa、Pの吸収・再吸収促進
核酸合成・メチオニン合成の補酵素の成分
である。

46. 腎臓はビタミンDを生成・内分泌 活性化 排泄 している。

47. 腎不全にともなう骨粗鬆症では、糸球体ろ過量 カルシウム摂取 活性型ビタミンD  の低下が主病態である。

48. 腎不全にともなう骨粗鬆症では、活性型ビタミンDは上昇する 減少する 特に変動しない