問題文の検索結果

1. ビタミンKが生成促進するのは

第XII凝固因子
第XI凝固因子
第X凝固因子
第IX凝固因子
第VIII凝固因子
第VII凝固因子
第VI凝固因子
第V凝固因子
第IV凝固因子
第III凝固因子
第II凝固因子
である。

2. ヘパリンは

アンチトロンビンIIIの作用を増強する
ビタミンKの生成・作用を抑制する
カルシウムに拮抗する
ことで血小板 凝固系 の作用を亢進 抑制 する.

3. ワーファリン(クマリン)は

アンチトロンビンIIIの作用を増強する
ビタミンKの生成・作用を抑制する
カルシウムに拮抗する
ことで血小板 凝固系 の作用を亢進 抑制 する.

4. クエン酸ナトリウムは

アンチトロンビンIIIの作用を増強する
ビタミンKの生成・作用を抑制する
カルシウムに拮抗する
ことで血小板 凝固系 の作用を亢進 抑制 する.

5. ビタミンKの主な生理作用は、

核酸合成・メチオニン合成の補酵素の成分
コラーゲンの合成、鉄の吸収、副腎皮質ホルモンの合成
生体内の酸化、還元反応電子伝達系の補酵素の成分
アミノ酸代謝(アミノ基転移酵素の補酵素の成分)
抗酸化作用。動脈硬化予防など
糖・脂質・タンパク質の酵素の補酵素の成分
皮膚・粘膜を正常に保つ、視機能
小腸、腎臓でのCa、Pの吸収・再吸収促進
糖質の燃焼に必要
血液凝固因子、プロトロンビンの形成
核酸合成・アミノ酸代謝の酵素の補酵素の成分
脂肪酸の合成、分解
である。

6. ビタミンKには、骨形成 破壊 の作用がある。