問題文の検索結果

1. フィブリノーゲンは水溶性 非水溶性 である.

2. 2次止血で生成(産生)するのはフィブリノーゲン フィブリン である.

3. フィブリノーゲン(第I因子)はフィブリンの前駆物質である フィブリンから生成する .

4. フィブリンはフィブリノーゲンから生成する フィブリノーゲンに作用する酵素である .

5. (活性化していない)第X因子は

フィブリンの前駆物質である
フィブリノーゲンから生成する
トロンビンが酵素として作用する
フィブリノーゲンに作用する酵素である
トロンビンの前駆物質である
プロトロンビンから生成する
フィブリンに作用する酵素である
プラスミンが酵素として作用する
フィブリンから生成する
プロトロンビンに作用する酵素である
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する

6. プラスミンは

フィブリンの前駆物質である
フィブリノーゲンから生成する
トロンビンが酵素として作用する
トロンビンの前駆物質である
プロトロンビンから生成する
第X因子が酵素として作用する
フィブリンに作用する酵素である
プラスミンが酵素として作用する
FDPを生成する基質である
フィブリンから生成する
プロトロンビンに作用する酵素である
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する

7. FDPは

フィブリンの前駆物質である
フィブリノーゲンから生成する
トロンビンが酵素として作用する
フィブリノーゲンに作用する酵素である
トロンビンの前駆物質である
プロトロンビンから生成する
第X因子が酵素として作用する
フィブリンに作用する酵素である
フィブリンから生成する
プロトロンビンに作用する酵素である
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
.

8. フィブリンの前駆物質であるのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
活性化した第X因子
である.

9. フィブリノーゲンから生成するのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
活性化した第X因子
である。

10. トロンビンが酵素として作用するのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
活性化した第X因子
である。

11. フィブリノーゲンに作用する酵素であるのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
活性化した第X因子
である。

12. トロンビンの前駆物質であるのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
活性化した第X因子
である。

13. プロトロンビンから生成するのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
第X因子
である.

14. 活性化した第X因子が酵素として作用するのは

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
活性化した第X因子
である。

15. フィブリンに作用する酵素であるのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
活性化した第X因子
である。

16. プラスミンが酵素として作用するのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
活性化した第X因子
である.

17. FDPを生成する基質であるのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
活性化した第X因子
である.

18. フィブリンから生成するのは

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
活性化した第X因子
である。

19. プロトロンビンに作用する酵素であるのは

プラスミン
フィブリン
プロトロンビン(第II因子)
FDP
フィブリノーゲン(第I因子)
トロンビン
活性化した第X因子
である。

20. 出血時、活性化された外因系および/または内因系が、直接、活性化するのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
第X因子
である。

21. 血液凝固因子は第XIII凝固因子まであるが第I〜IV凝固因子は慣用名で呼ぶのが一般的であり、第I凝固因子はフィブリノーゲン プロトロンビン 組織トロンボプラスチン カルシウムイオン であり、第II凝固因子はフィブリノーゲン プロトロンビン 組織トロンボプラスチン カルシウムイオン であり、第III凝固因子はフィブリノーゲン プロトロンビン 組織トロンボプラスチン カルシウムイオン であり、第IV凝固因子はフィブリノーゲン プロトロンビン 組織トロンボプラスチン カルシウムイオン である。

22. プラスミンはプラスミノーゲン フィブリノーゲン フィブリン FDP トロンビン より生成する.

23. プラスミン生成作用の強い物質は

トロンビン
組織型プラスミノーゲンアクチベーター(t-PA)
ウロキナーゼ型プラスミノーゲンアクチベーター(u-PA)
プラスミノーゲン
フィブリノーゲン
フィブリン
FDP
などである.

24. 検査で測定した出血時間は

1次止血
2次止血
血小板の粘着・凝集能
血液凝固の外因系
血液凝固の内因系
フィブリノーゲンの量と機能
線維素溶解(線溶)系
の指標である.

25. ガラスビーズ管法は

1次止血
2次止血
血小板の粘着・凝集能
血液凝固の外因系
血液凝固の内因系
フィブリノーゲンの量と機能
線維素溶解(線溶)系
の指標である.

26. トロンビン時間は

1次止血
2次止血
血小板の粘着・凝集能
血液凝固の外因系
血液凝固の内因系
フィブリノーゲンの量と機能
線維素溶解(線溶)系
の指標である.

27. フィブリノーゲンの量と機能の指標である検査は

出血時間
ガラスビーズ管法
トロンビン時間
fibrin and fibrinogen degradation products (FDP)
である.

28. Dダイマーはフィブリンモノマー ポリマー 

第XIII凝固因子
第XII凝固因子
第XI凝固因子
第X凝固因子
第IX凝固因子
第VIII凝固因子
第VII凝固因子
第VI凝固因子
第V凝固因子
第IV凝固因子
第III凝固因子
第II凝固因子
が作用して生成した安定化 不安定化 フィブリンに
フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
第X因子
が作用して分解したできた
フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
第X因子
の一種である。

29. フィブリノーゲンからDダイマーは生成する しない .

30. D-ダイマーはフィブリノーゲン フィブリンポリマー 安定化フィブリン をプラスミンが溶解して生成する.

31. 形質細胞はBリンパ球に由来し、フィブリノーゲン 抗体 を生成(産生)する。

32. I型のアレルギーは、肥満細胞の表面に結合したIgに特定の抗原(花粉など)が結合し、肥満細胞からγグロブリン ヒスタミン ペニシリン フィブリノーゲン エストロゲン などの化学物質が放出されておこる。

33. 播種性血管内凝固(disseminated intravascular coagulation, DIC)では,フィブリノーゲンなどすべての凝固因子が増える 減る 変わらない .トロンビン,フィブリンは減る 増える 変わらない .

34. フィブリノーゲンは、膠質浸透圧を呈する 最終段階の凝固因子である 免疫グロブリンなどを含む 

35. 膠質浸透圧を呈するのは、フィブリノーゲン アルブミン グロブリン である。

36. 最終段階の凝固因子であるのは、アルブミン フィブリノーゲン グロブリン である。

37. 免疫グロブリンなどを含むのは、フィブリノーゲン グロブリン アルブミン である。

38. グルクロン酸抱合は肝臓の

コレステロール合成
グリコーゲンの貯蔵
タンパク質(アルブミン、フィブリノーゲン)の合成
ビタミンの貯蔵
血液貯蔵
免疫
解毒
作用の一部である.

39. グルクロン酸抱合は、肝臓の

グリコーゲンの貯蔵
免疫
解毒
コレステロール合成
ビタミンの貯蔵
血液貯蔵
タンパク質(アルブミン、フィブリノーゲン)の合成
作用の一部である。

40. 血漿たんぱく質の分画で最多なのは、フィブリノーゲン アルブミン グロブリン である。

41. 播種性血管内凝固症候群 Disseminated intravascular coagulation (DIC)では、フィブリノーゲン濃度は上昇 低下 する。

42. (活性化した)第X因子は

出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
プロトロンビンから生成する
フィブリンから生成する
トロンビンの前駆物質である
プロトロンビンに作用する酵素である
フィブリンの前駆物質である
フィブリンに作用する酵素である
フィブリノーゲンに作用する酵素である
トロンビンが酵素として作用する
フィブリノーゲンから生成する
プラスミンが酵素として作用する

43. プロトロンビンは、

活性化した第X因子が酵素として作用する
プロトロンビンから生成する
プロトロンビンに作用する酵素である
フィブリノーゲンに作用する酵素である
トロンビンが酵素として作用する
フィブリノーゲンから生成する
フィブリンに作用する酵素である
フィブリンから生成する
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
プラスミンが酵素として作用する
トロンビンの前駆物質である
フィブリンの前駆物質である

44. トロンビンは、

プロトロンビンに作用する酵素である
フィブリンから生成する
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
トロンビンの前駆物質である
トロンビンが酵素として作用する
フィブリノーゲンに作用する酵素である
プラスミンが酵素として作用する
プロトロンビンから生成する
フィブリンに作用する酵素である
フィブリノーゲンから生成する
フィブリンの前駆物質である

45. フィブリノーゲンは、

フィブリンに作用する酵素である
フィブリノーゲンに作用する酵素である
プロトロンビンに作用する酵素である
プロトロンビンから生成する
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
フィブリンの前駆物質である
フィブリンから生成する
トロンビンの前駆物質である
フィブリノーゲンから生成する
トロンビンが酵素として作用する

46. フィブリンは、

フィブリノーゲンから生成する
トロンビンの前駆物質である
プロトロンビンから生成する
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
プロトロンビンに作用する酵素である
トロンビンが酵素として作用する
フィブリンから生成する
フィブリンに作用する酵素である
プラスミンが酵素として作用する
フィブリノーゲンに作用する酵素である
フィブリンの前駆物質である

47. 血液凝固の外因系は主に

トロンビン
血小板
フィブリン
フィブリノーゲン
コラーゲン
活性化した第X因子
プロトロンビン
組織液
により活性化される。

48. 血液凝固の内因系は主に

コラーゲン
フィブリノーゲン
血小板
プロトロンビン
フィブリン
活性化した第X因子
トロンビン
組織液
により活性化される。

49. プラスミンは

フィブリンの前駆物質である
フィブリンから生成する
プラスミンが酵素として作用する
FDPを生成する基質である
プロトロンビンに作用する酵素である
フィブリノーゲンに作用する酵素である
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
トロンビンの前駆物質である
プロトロンビンから生成する
フィブリノーゲンから生成する
トロンビンが酵素として作用する
第X因子が酵素として作用する
フィブリンに作用する酵素である

50. トロンビンは

フィブリノーゲン(第I因子)からフィブリンを生成
外因子の活性化
第X因子の活性化
プロトロンビンからトロンビンを生成
内因子の活性化
フィブリンからFDPを生成
する。

51. プラスミンは

フィブリノーゲン(第I因子)からフィブリンを生成
外因子の活性化
プロトロンビンからトロンビンを生成
フィブリンからFDPを生成
第X因子の活性化
内因子の活性化
する。

52. フィブリノーゲンに作用する酵素であるのは 

トロンビン
FDP
フィブリノーゲン(第I因子)
プロトロンビン(第II因子)
活性化した第X因子
フィブリン
である.

53. フィブリノーゲンから生成するのは 

トロンビン
フィブリン
プラスミン
プロトロンビン(第II因子)
フィブリノーゲン(第I因子)
活性化した第X因子
である。

54. 肝臓はフィブリン フィブリノーゲン を生成する。

55. フィブリンの前駆物質であるのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
活性化した第X因子
プロトロンビン(第II因子)
トロンビン
フィブリン
である.

56. フィブリノーゲンから生成するのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
活性化した第X因子
プロトロンビン(第II因子)
トロンビン
フィブリン
である。

57. トロンビンが酵素として作用するのは 

フィブリン
フィブリノーゲン(第I因子)
プロトロンビン(第II因子)
トロンビン
活性化した第X因子
である。

58. フィブリノーゲンに作用する酵素であるのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
トロンビン
活性化した第X因子
フィブリン
プロトロンビン(第II因子)
である。

59. トロンビンの前駆物質であるのは 

トロンビン
フィブリン
フィブリノーゲン(第I因子)
プロトロンビン(第II因子)
活性化した第X因子
である。

60. プロトロンビンから生成するのは 

プロトロンビン(第II因子)
第X因子
トロンビン
フィブリン
フィブリノーゲン(第I因子)
である。

61. 活性化した第X因子が酵素として作用するのは

活性化した第X因子
プロトロンビン(第II因子)
フィブリノーゲン(第I因子)
トロンビン
フィブリン
である。

62. プロトロンビンに作用する酵素であるのは

活性化した第X因子
フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
である。

63. 出血時、活性化された外因系および/または内因系が、直接、活性化するのは 

第X因子
プロトロンビン(第II因子)
フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
である。