問題文の検索結果

1. フィブリンは水溶性 非水溶性 である.

2. 2次止血で生成(産生)するのはフィブリノーゲン フィブリン である.

3. フィブリノーゲン(第I因子)はフィブリンの前駆物質である フィブリンから生成する .

4. フィブリンはフィブリノーゲンから生成する フィブリノーゲンに作用する酵素である .

5. (活性化していない)第X因子は

フィブリンの前駆物質である
フィブリノーゲンから生成する
トロンビンが酵素として作用する
フィブリノーゲンに作用する酵素である
トロンビンの前駆物質である
プロトロンビンから生成する
フィブリンに作用する酵素である
プラスミンが酵素として作用する
フィブリンから生成する
プロトロンビンに作用する酵素である
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する

6. プラスミンは

フィブリンの前駆物質である
フィブリノーゲンから生成する
トロンビンが酵素として作用する
トロンビンの前駆物質である
プロトロンビンから生成する
第X因子が酵素として作用する
フィブリンに作用する酵素である
プラスミンが酵素として作用する
FDPを生成する基質である
フィブリンから生成する
プロトロンビンに作用する酵素である
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する

7. FDPは

フィブリンの前駆物質である
フィブリノーゲンから生成する
トロンビンが酵素として作用する
フィブリノーゲンに作用する酵素である
トロンビンの前駆物質である
プロトロンビンから生成する
第X因子が酵素として作用する
フィブリンに作用する酵素である
フィブリンから生成する
プロトロンビンに作用する酵素である
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
.

8. フィブリンの前駆物質であるのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
活性化した第X因子
である.

9. フィブリノーゲンから生成するのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
活性化した第X因子
である。

10. トロンビンが酵素として作用するのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
活性化した第X因子
である。

11. フィブリノーゲンに作用する酵素であるのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
活性化した第X因子
である。

12. トロンビンの前駆物質であるのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
活性化した第X因子
である。

13. プロトロンビンから生成するのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
第X因子
である.

14. 活性化した第X因子が酵素として作用するのは

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
活性化した第X因子
である。

15. フィブリンに作用する酵素であるのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
活性化した第X因子
である。

16. プラスミンが酵素として作用するのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
活性化した第X因子
である.

17. FDPを生成する基質であるのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
活性化した第X因子
である.

18. フィブリンから生成するのは

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
活性化した第X因子
である。

19. プロトロンビンに作用する酵素であるのは

FDP
フィブリノーゲン(第I因子)
プラスミン
活性化した第X因子
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
フィブリン
である。

20. 出血時、活性化された外因系および/または内因系が、直接、活性化するのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
第X因子
である。

21. 血小板の顆粒にはトロンビン トロンボキサンA2 フィブリン ADP セロトニン が含まれる.

22. 凝集は血小板 フィブリン が集まる現象である.

23. フィブリンポリマーを安定化フィブリンにする酵素は

第XIII凝固因子
第XII凝固因子
第XI凝固因子
第X凝固因子
第IX凝固因子
第VIII凝固因子
第VII凝固因子
である。

24. プラスミンはプラスミノーゲン フィブリノーゲン フィブリン FDP トロンビン より生成する.

25. プラスミノーゲンアクチベーターはプラスミノーゲン プラスミン プラスミノーゲン プラスミン にして、プラスミノーゲン プラスミン はフィブリンを凝固 溶解 する.この反応はカスケードと言え 言えなく 、またこの反応は線溶 凝固 の反応である.

26. プラスミン生成作用の強い物質は

トロンビン
組織型プラスミノーゲンアクチベーター(t-PA)
ウロキナーゼ型プラスミノーゲンアクチベーター(u-PA)
プラスミノーゲン
フィブリノーゲン
フィブリン
FDP
などである.

27. Dダイマーはフィブリンモノマー ポリマー 

第XIII凝固因子
第XII凝固因子
第XI凝固因子
第X凝固因子
第IX凝固因子
第VIII凝固因子
第VII凝固因子
第VI凝固因子
第V凝固因子
第IV凝固因子
第III凝固因子
第II凝固因子
が作用して生成した安定化 不安定化 フィブリンに
フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
第X因子
が作用して分解したできた
フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
第X因子
の一種である。

28. 安定化フィブリンからDダイマーは生成する しない .

29. 線溶系とは一度出来上がったフィブリンを溶解すること フィブリンを作れなくする であり、凝固系の抑制とは一度出来上がったフィブリンを溶解する フィブリンを作れなくする ことである.

30. D-ダイマーは安定化フィブリン フィブリノーゲン フィブリンポリマー をプラスミンが溶解して生成する.

31. 播種性血管内凝固(disseminated intravascular coagulation, DIC)では,フィブリノーゲンなどすべての凝固因子が増える 変わらない 減る .トロンビン,フィブリンは減る 増える 変わらない .

32. 播種性血管内凝固(disseminated intravascular coagulation, DIC)では,α2-プラスミン・インヒビターが増大する 低下する 変わらない .プラスミンインヒビター・プラスミン複合体 (plasmin inhibitor-plasmin complex, PIC)は変わらない 減る 増える .フィブリン分解産物(fibrin degradation products, FDP)は変わらない 増える 減る .Dダイマーは減る 増える 変わらない .

33. 播種性血管内凝固症候群 Disseminated intravascular coagulation (DIC)では、フィブリン分解産物 fibrin degradation product (FDP)は低下 上昇 する。

34. (活性化した)第X因子は

プラスミンが酵素として作用する
フィブリノーゲンに作用する酵素である
フィブリンに作用する酵素である
プロトロンビンに作用する酵素である
フィブリンの前駆物質である
トロンビンの前駆物質である
トロンビンが酵素として作用する
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
プロトロンビンから生成する
フィブリノーゲンから生成する
フィブリンから生成する

35. プロトロンビンは、

トロンビンの前駆物質である
フィブリンから生成する
プラスミンが酵素として作用する
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
活性化した第X因子が酵素として作用する
フィブリンに作用する酵素である
トロンビンが酵素として作用する
フィブリノーゲンから生成する
フィブリンの前駆物質である
プロトロンビンから生成する
フィブリノーゲンに作用する酵素である
プロトロンビンに作用する酵素である

36. トロンビンは、

トロンビンの前駆物質である
プロトロンビンに作用する酵素である
プロトロンビンから生成する
フィブリンに作用する酵素である
フィブリノーゲンに作用する酵素である
プラスミンが酵素として作用する
フィブリンから生成する
トロンビンが酵素として作用する
フィブリンの前駆物質である
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
フィブリノーゲンから生成する

37. フィブリノーゲンは、

フィブリンの前駆物質である
トロンビンが酵素として作用する
フィブリンに作用する酵素である
プロトロンビンから生成する
トロンビンの前駆物質である
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
フィブリノーゲンに作用する酵素である
フィブリノーゲンから生成する
プロトロンビンに作用する酵素である
フィブリンから生成する

38. フィブリンは、

出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
プラスミンが酵素として作用する
トロンビンが酵素として作用する
フィブリンに作用する酵素である
トロンビンの前駆物質である
フィブリンから生成する
プロトロンビンに作用する酵素である
プロトロンビンから生成する
フィブリノーゲンから生成する
フィブリノーゲンに作用する酵素である
フィブリンの前駆物質である

39. 血液凝固の外因系は主に

プロトロンビン
フィブリン
活性化した第X因子
組織液
コラーゲン
トロンビン
フィブリノーゲン
血小板
により活性化される。

40. 血液凝固の内因系は主に

コラーゲン
フィブリン
プロトロンビン
トロンビン
組織液
血小板
フィブリノーゲン
活性化した第X因子
により活性化される。

41. プラスミンは

フィブリンの前駆物質である
第X因子が酵素として作用する
トロンビンが酵素として作用する
フィブリノーゲンに作用する酵素である
プロトロンビンから生成する
プロトロンビンに作用する酵素である
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
FDPを生成する基質である
フィブリノーゲンから生成する
フィブリンに作用する酵素である
トロンビンの前駆物質である
プラスミンが酵素として作用する
フィブリンから生成する

42. トロンビンは

フィブリンからFDPを生成
外因子の活性化
プロトロンビンからトロンビンを生成
第X因子の活性化
フィブリノーゲン(第I因子)からフィブリンを生成
内因子の活性化
する。

43. プラスミンは

プロトロンビンからトロンビンを生成
外因子の活性化
内因子の活性化
第X因子の活性化
フィブリノーゲン(第I因子)からフィブリンを生成
フィブリンからFDPを生成
する。

44. FDPは第X因子 外因子 内因子 プロトロンビン(第II因子) フィブリン が分解して生成する。

45. フィブリノーゲンに作用する酵素であるのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
FDP
プロトロンビン(第II因子)
活性化した第X因子
トロンビン
フィブリン
である.

46. プラスミンが酵素として作用するのは 

FDP
フィブリン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
活性化した第X因子
トロンビン
である.

47. フィブリノーゲンから生成するのは 

フィブリン
プロトロンビン(第II因子)
フィブリノーゲン(第I因子)
プラスミン
トロンビン
活性化した第X因子
である。

48. 肝臓はフィブリン フィブリノーゲン を生成する。

49. フィブリンの前駆物質であるのは 

活性化した第X因子
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
フィブリン
フィブリノーゲン(第I因子)
である.

50. フィブリノーゲンから生成するのは 

トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
活性化した第X因子
フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
である。

51. トロンビンが酵素として作用するのは 

トロンビン
フィブリン
フィブリノーゲン(第I因子)
活性化した第X因子
プロトロンビン(第II因子)
である。

52. フィブリノーゲンに作用する酵素であるのは 

トロンビン
フィブリノーゲン(第I因子)
活性化した第X因子
フィブリン
プロトロンビン(第II因子)
である。

53. トロンビンの前駆物質であるのは 

トロンビン
フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
活性化した第X因子
プロトロンビン(第II因子)
である。

54. プロトロンビンから生成するのは 

フィブリン
トロンビン
第X因子
プロトロンビン(第II因子)
フィブリノーゲン(第I因子)
である。

55. 活性化した第X因子が酵素として作用するのは

プロトロンビン(第II因子)
活性化した第X因子
トロンビン
フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
である。

56. プロトロンビンに作用する酵素であるのは

活性化した第X因子
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
である。

57. 出血時、活性化された外因系および/または内因系が、直接、活性化するのは 

プロトロンビン(第II因子)
フィブリン
フィブリノーゲン(第I因子)
第X因子
トロンビン
である。