問題文の検索結果

1. ブドウ糖は肝臓から内分泌され、エネルギー源として使われている。ブドウ糖はホルモンでない ある 

2. 筋細胞内のアクチン・ミオシンが、実際に利用する高エネルギー物質は、ATP ADP ブドウ糖 である。

3. 筋細胞に取り込まれたブドウ糖が最初に受けるのは、

安静時には嫌気的代謝、運動時には好気的代謝である
嫌気的代謝
安静時には好気的代謝、運動時には嫌気的代謝
好気的代謝
である。

4. ミトコンドリアの中で行われるのは、ブドウ糖の嫌気的代謝 好気的代謝 である。

5. ミトコンドリアの外で行われるのは、ブドウ糖の好気的代謝 嫌気的代謝 である。

6. ブドウ糖が、細胞内で最初に受けるエネルギー代謝は、電子伝達系 解糖 加水分解 酸化的リン酸化反応 β-酸化 クレブス回路 である。

7. 解糖系とは、脂肪酸 アミノ酸 ブドウ糖 好気的代謝 嫌気的代謝 である。

8. β-酸化とは、ブドウ糖 脂肪酸 アミノ酸 嫌気的代謝 好気的代謝 である。

9. ブドウ糖、脂肪酸が、クレブス回路によって代謝されるためには、ピルビン酸 アセチルCoA ATP ADP に変換される必要がある。

10. ブドウ糖は、嫌気的に代謝されて、ピルビン酸になる ならない 

11. たんぱく質とブドウ糖は共に正常人では尿中に出現しない.すなわち,両物質の腎臓における動態は同様であると考えられる. 誤 正 

12. 血漿浸透圧にもっとも寄与するのは、ブドウ糖 Na+ 血中尿素窒素 (BUN) タンパク質 である。

13. ブドウ糖の呼吸商は、約1.0 0.7 である。

14. ブドウ糖の英名は

ラクトース
シュクロース
グルコース
フルクトース
グリコーゲン
マルトース
ガラクトース
である.

15. グルコースの日本名は乳糖 果糖 ブドウ糖 でんぷん 麦芽糖 ショ糖  である.

16. マルトースの日本名はショ糖 ブドウ糖 果糖 でんぷん 麦芽糖 乳糖  である.

17. シュクロースの日本名はでんぷん ショ糖 乳糖 ブドウ糖 果糖 麦芽糖  である.

18. フルクトースの日本名は乳糖 ショ糖 ブドウ糖 果糖 でんぷん 麦芽糖  である.

19. ラクトースの日本名はでんぷん 果糖 乳糖 ショ糖 麦芽糖 ブドウ糖  である.

20. ブドウ糖は多糖 二糖 単糖 である.

21. 多糖であるのは

グルコース
グリコーゲン
果糖
ラクトース
麦芽糖
乳糖
シュクロース
ブドウ糖
ショ糖
フルクトース
ガラクトース
でんぷん
マルトース
である.

22. 二糖であるのは

ショ糖
乳糖
シュクロース
グルコース
グリコーゲン
麦芽糖
ガラクトース
ラクトース
果糖
フルクトース
ブドウ糖
でんぷん
マルトース
である.

23. 単糖であるのは

シュクロース
グリコーゲン
果糖
麦芽糖
ガラクトース
フルクトース
ラクトース
乳糖
ショ糖
ブドウ糖
でんぷん
グルコース
マルトース
である.

24. でんぷんに含まれる単糖はガラクトース グルコース ブドウ糖 果糖 フルクトース である.

25. グリコーゲンに含まれる単糖はガラクトース ブドウ糖 果糖 フルクトース グルコース である.

26. 麦芽糖に含まれる単糖は果糖 フルクトース ブドウ糖 グルコース ガラクトース である.

27. ショ糖に含まれる単糖はブドウ糖 果糖 グルコース ガラクトース フルクトース である.

28. 乳糖に含まれる単糖はガラクトース フルクトース 果糖 グルコース ブドウ糖 である.

29. マルトースに含まれる単糖はガラクトース フルクトース グルコース 果糖 ブドウ糖 である.

30. シュクロースに含まれる単糖はガラクトース フルクトース 果糖 グルコース ブドウ糖 である.

31. ラクトースに含まれる単糖はフルクトース 果糖 ガラクトース グルコース ブドウ糖 である.

32. ブドウ糖を含む二糖,多糖には

マルトース
グリコーゲン
麦芽糖
乳糖
ショ糖
シュクロース
ラクトース
でんぷん
がある.

33. ブドウ糖は、糸球体で ろ過される ろ過されない 

34. ブドウ糖は、尿細管で 

(糸球体でろ過されなかったのだから)再吸収されない
(糸球体でろ過されたけれど)再吸収されない
(ろ過量の)約1%が再吸収される
(ろ過量の)約半分が再吸収される
(ろ過量の)約90%が再吸収される
(ろ過量の)全量が再吸収される

35. 正常な尿に、ブドウ糖は 含まれる 含まれない 

36. 高血糖の患者では,ブドウ糖は糸球体で 微量、ろ過される ろ過されない 大量にろ過される .

37. 高血糖(糖尿病)の患者では、糸球体でろ過されるブドウ糖の量は,正常人 よりも多い よりも少ない と同等である 

38. (中等症以上の)高血糖の患者では,ブドウ糖は尿細管で 

(糸球体でろ過されなかったのだから)再吸収されない
(糸球体でろ過されたけれど)再吸収されない
(ろ過量の)わずかが再吸収される
(ろ過量の)約半分-大部分が再吸収される
(ろ過量の)全量が再吸収される
.また,生成されて分泌される 血中から分泌される 分泌されない .

39. 高血糖(糖尿病)の患者では,尿細管で再吸収されるブドウ糖の量は,正常人 と同等である よりも少ない よりも多い .

40. 高血糖(糖尿病)の患者では、ブドウ糖が尿管を通って(尿中に)正常人と同様、流出しない 流出する 

41. ブドウ糖(グルコース)は、たんぱく質 脂質 糖質(炭水化物) である。

42. ブドウ糖(グルコース)は、単糖 多糖 である。

43ブドウ糖 デンプン は単糖である。

44. ブドウ糖は、脂質 糖質(炭水化物) たんぱく質 である。

45. ブドウ糖は、単糖 多糖 である。

46デンプン ブドウ糖 は多糖である。

47. 血糖で糖尿病の可能性を検討する場合、空腹時血糖が60 110 126 140 200  mg/dLより小さく 以下 以上 より大きく かつ または 75 g経口ブドウ糖負荷試験 oral glucose tolerance test (OGTT)2時間値が60 110 126 140 200  mg/dLより小さい 以下の 以上の より大きい 場合、正常である。

48. 血糖で糖尿病の可能性を検討する場合、空腹時血糖が60 110 126 140 200  mg/dLより小さく 以下 以上 より大きく かつ または 75 g経口ブドウ糖負荷試験 oral glucose tolerance test (OGTT)2時間値が60 110 126 140 200  mg/dLより小さい 以下の 以上の より大きい 場合、糖尿病である。

49. 75 g経口ブドウ糖負荷試験 oral glucose tolerance test (OGTT)2時間値が82 mg/dLである症例では、糖尿病が診断される この情報だけからは正常と思われる 境界型糖尿病である 

50. 75 g経口ブドウ糖負荷試験 oral glucose tolerance test (OGTT)2時間値が109 mg/dLである症例では、境界型糖尿病である 糖尿病が診断される この情報だけからは正常と思われる 

51. 75 g経口ブドウ糖負荷試験 oral glucose tolerance test (OGTT)2時間値が110 mg/dLである症例では、この情報だけからは正常と思われる 糖尿病が診断される 境界型糖尿病である 

52. 75 g経口ブドウ糖負荷試験 oral glucose tolerance test (OGTT)2時間値が125 mg/dLである症例では、境界型糖尿病である 糖尿病が診断される この情報だけからは正常と思われる 

53. 75 g経口ブドウ糖負荷試験 oral glucose tolerance test (OGTT)2時間値が126 mg/dLである症例では、境界型糖病である この情報だけからは正常と思われる 糖尿病が診断される 

54. 75 g経口ブドウ糖負荷試験 oral glucose tolerance test (OGTT)2時間値が139 mg/dLである症例では、糖尿病が診断される この情報だけからは正常と思われる 境界型糖尿病である 

55. 75 g経口ブドウ糖負荷試験 oral glucose tolerance test (OGTT)2時間値が140 mg/dLである症例では、この情報だけからは正常と思われる 糖尿病が診断される 境界型糖尿病である 

56. 75 g経口ブドウ糖負荷試験 oral glucose tolerance test (OGTT)2時間値が180 mg/dLである症例では、境界型糖尿病である 糖尿病が診断される この情報だけからは正常と思われる 

57. 75 g経口ブドウ糖負荷試験 oral glucose tolerance test (OGTT)2時間値が199 mg/dLである症例では、境界型糖尿病である 糖尿病が診断される この情報だけからは正常と思われる 

58. 75 g経口ブドウ糖負荷試験 oral glucose tolerance test (OGTT)2時間値が200 mg/dLである症例では、この情報だけからは正常と思われる 境界型糖尿病である 糖尿病が診断される 

59. 75 g経口ブドウ糖負荷試験 oral glucose tolerance test (OGTT)2時間値が220 mg/dLである症例では、境界型糖尿病である 糖尿病が診断される この情報だけからは正常と思われる 

60. 腎動脈から、ブドウ糖が腎臓に流入した。ブドウ糖は

尿管に流出しない
約1%が尿管に流出する
10〜30%が尿管に流出する
半分ほどが尿管に流出する
約90%が尿管に流出する
全部が尿管に流出する

61. ブドウ糖は、腎臓(の尿細管)で再吸収されない 再吸収される 

62. ブドウ糖は、尿細管で分泌されない 血中から分泌される 生成されて分泌される 

63. 細胞活動に直接使われるのは、ADP ATP ブドウ糖 のエネルギーである。

64. 肝臓ではブドウ糖 グリコーゲン が貯蔵されている。

65クレアチニン ブドウ糖 水分 は糸球体でろ過される。

66ブドウ糖 クレアチニン 水分 は尿細管で再吸収される。

67. ブドウ糖の正常な分解過程において、ピルビン酸からはアセチル-CoA ADP ATP ブドウ糖 が生成する。