問題文の検索結果

1. ヘンレループからはろ過されたNa+と水分のうち,約 65 25 %が再吸収される.

2. 近位尿細管・ヘンレループのNa+再吸収量が変動した際と,遠位尿細管・集合管のNa+再吸収量が変動した際とでは 前者 後者 の方が血漿・血圧におぼす影響は大きい.

3. HCO3-は 近位尿細管・ヘンレループ 遠位尿細管・集合管 から主に再吸収されている.

4. H+は 近位尿細管 ヘンレループ 遠位尿細管 集合管 へ分泌されている.

5. K+は 近位尿細管 ヘンレループ 遠位尿細管 集合管 へ分泌されている.

6. NH3は 近位尿細管 ヘンレループ 遠位尿細管 集合管 へ分泌されている.

7. 近位尿細管とヘンレループの管腔では,炭酸脱水酵素 carbonic anhydraseの作用により重炭酸緩衝系の平衡式は 

H++HCO3- → H2CO3 → H2O+CO2
H++HCO3- ← H2CO3 ← H2O+CO2
の方向に化学反応が進行する.

8. 近位尿細管とヘンレループの細胞内では,炭酸脱水酵素 carbonic anhydraseの作用により重炭酸緩衝系の平衡式は 

H++HCO3- → H2CO3 → H2O+CO2
H++HCO3- ← H2CO3 ← H2O+CO2
の方向に化学反応が進行する.

9. 近位尿細管とヘンレループの細胞内では,炭酸脱水酵素 carbonic anhydraseに 依存しないで 依存して Na+とHCO3-とを再吸収している.

10近位尿細管・ヘンレループ 遠位尿細管・集合管 におけるH+分泌はアルドステロンに依存している.