問題文の検索結果

1. 凝固因子の大部分は骨髄 Bリンパ球 巨核球 肝臓 腎臓 脾臓 で生成されている.

2. リンパ球は、顆粒球 無顆粒球 である。

3. 顆粒球には、

好塩基球
好中球
好酸球
肥満細胞
リンパ球
単球(マクロファージ、大食細胞)
があげられる。

4. 無顆粒球には、

好中球
リンパ球
肥満細胞
好酸球
単球(マクロファージ、大食細胞)
好塩基球
があげられる。

5. もっとも多い白血球は、

単球(マクロファージ、大食細胞)
肥満細胞
好酸球
好塩基球
リンパ球
好中球
である。

6. 非自己(異物)を特定せずに貪食・消化するのは、主に好中球 リンパ球 が担っている。

7. リンパ球に食作用はある ない 

8. 免疫担当細胞は、リンパ球 好酸球 好塩基球 単球 肥満細胞 好中球 である。

9. T細胞(リンパ球)が直接担っているのは、(体)液性 細胞性 免疫である。

10. B細胞(リンパ球)が直接担っているのは、細胞性 (体)液性 である。

11. 細胞性免疫は、T細胞(リンパ球) B細胞(リンパ球) が直接担っている。

12. (体)液性免疫は、B細胞(リンパ球) T細胞(リンパ球) が直接担っている。

13. 形質細胞はBリンパ球に由来し、フィブリノーゲン 抗体 を生成(産生)する。

14. ツベルクリン反応は、型のアレルギー反応である。これはTリンパ球 Bリンパ球 が障害をおこすアレルギー反応である。

15. 加速度の受容器は、三半規管のリンパ液 有毛細胞 である。

16. 加速度は、三半規管の有毛細胞を動かすことで活動電位に変換される。最終的に三半規管の有毛細胞を動かすのは、リンパ液 前庭窓 耳石 の動きである。

17. 三半規管に加速度が加わると、慣性の法則 ベル・マジャンディーの法則 スターリンの法則 により、リンパ液が加速度と反対の 同じ 方向へ動く。

18. 音波は、蝸牛のコルチ器の有毛細胞を動かすことで活動電位に変換される。最終的にコルチ器の有毛細胞を動かすのは、蓋膜 耳小骨 鼓膜 リンパ液 の振動である。

19. 消化管の中からリンパ管の中への栄養素の移動は、吸収 消化 である。

20. 門脈は、口 胃 十二指腸 小腸 大腸 から肝臓 リンパ管 胆のう 膵臓 唾液腺 へ流れる。

21. 消化吸収されたたんぱく質 脂質 糖質 は、リンパ管に入る。

22. 糖質は小腸で吸収され、血管 リンパ管 に入る。

23. アミノ酸は小腸で吸収され、リンパ管 血管 に入る。

24. 脂質は小腸で吸収され、血管 リンパ管 に入る。

25. ミセルはリンパ管 腸管 血管 食餌 中の物質である。

26. 図は内耳の半規管を表していて、*印は有毛細胞 リンパ液 耳管 耳介 空気 である。


図表-1