問題文の検索結果

1. 下垂体腫瘍ではしばしば視神経 内耳神経 が圧迫される.

2. 下垂体腫瘍では視野狭窄 視力低下 をきたす.

3. 下垂体後葉は神経系と同様に外胚葉 内胚葉 由来である.

4. 下垂体前葉ではホルモンを生産するとともに血液中へ分泌している.誤 正 

5. 下垂体後葉ホルモンは、視床下部 下垂体後葉 で生成(産生)される。

6. 下垂体前葉ホルモンは視床下部 下垂体前葉 で生成(産生)される.

7. 下垂体後葉ではホルモンを生産するとともに血液中へ分泌している.正 誤 

8. (臨床的にはまれですが、)下垂体腫瘍により下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌が亢進した。このとき甲状腺からの甲状腺ホルモンの生成、内分泌は低下 亢進  する。

9. 下垂体腫瘍により、下垂体からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の生成、内分泌が亢進した。このとき、副腎皮質からの副腎皮質ホルモンの生成、内分泌は、低下 亢進  する。

10. 下垂体の障害により下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の生成、内分泌が低下した。このとき甲状腺からの甲状腺ホルモンの生成、内分泌は亢進 低下  する。

11. 下垂体の障害により下垂体からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の生成、内分泌が低下した。このとき副腎皮質からの副腎皮質ホルモンの生成、内分泌は亢進 低下  する。

12. 甲状腺機能亢進症により、甲状腺からの甲状腺ホルモン(T3, T4)の生成、内分泌が亢進した。これにより、下垂体前葉からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の生成、内分泌は、亢進 低下  する負のフィードバックが働く。

13. 副腎皮質腫瘍により副腎皮質からの副腎皮質ホルモン(糖質コルチコイド)の生成、内分泌が亢進した.これにより下垂体前葉からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の生成、内分泌は亢進 低下  する負のフィードバックが働く。

14. 副腎皮質の障害により副腎皮質からの副腎皮質ホルモン(糖質コルチコイド)の生成、内分泌が低下した。これにより下垂体前葉からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の生成、内分泌は低下 亢進  する負のフィードバックが働く。

15. 副腎皮質ホルモンは副腎皮質 視床下部 下垂体後葉 下垂体前葉  から生成、内分泌される。

16. 副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)は副腎皮質 下垂体前葉 下垂体後葉 視床下部  から生成、内分泌される。

17. 副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)は副腎皮質 下垂体前葉 視床下部 下垂体後葉  から生成、内分泌される。

18. 甲状腺刺激ホルモン(TSH)は下垂体後葉 視床下部 下垂体前葉 甲状腺  から生成、内分泌される。

19. Gonadotropinは下垂体後葉 gonad (性腺) 下垂体前葉 視床下部  から生成、内分泌される。

20. 下垂体からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の生成、内分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。このことにより、視床下部からの副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)の生成、内分泌を 促進 抑制  する short loop long loop negative feedbackが働く。

21. 下垂体からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の生成、内分泌が低下し、血中濃度が低下した。このことにより、視床下部からの副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)の生成、内分泌を 促進 抑制  する short loop long loop negative feedbackが働く。

22. 副腎皮質からの副腎皮質ホルモン(糖質コルチコイド)の生成、内分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。このことにより、下垂体からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の生成、内分泌を 抑制 促進  する short loop long loop negative feedbackが働く。

23. 副腎皮質からの副腎皮質ホルモン(糖質コルチコイド)の生成、内分泌が低下し、血中濃度が低下した。このことにより、下垂体からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の生成、内分泌を 抑制 促進  する long loop short loop negative feedbackが働く。

24. 下垂体に副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)生産性腫瘍が発生した.このとき,分泌されるACTHの活性は異常 正常  である.

25. 下垂体にACTH生産性腫瘍が発生した.このとき,副腎皮質ホルモンの分泌は亢進 低下  する.

26. 下垂体にACTH生産性腫瘍が発生した.このとき,副腎皮質ホルモン分泌亢進による症状(Cushing症候群)が発生する しない  .

27. 下垂体にACTH生産性腫瘍が発生した.このとき,視床下部からのCRH分泌は亢進 低下  する.

28. 下垂体にACTH生産性腫瘍が発生した.このとき,副腎皮質ホルモンの分泌亢進は負のフィードバックにより,ACTH生産性腫瘍からのACTH分泌を低下させる.誤 正 

29. 下垂体にACTH生産性腫瘍が発生した.このとき,CRH分泌低下は,ACTH生産性腫瘍からのACTH分泌を低下させる.正 誤 

30. 下垂体腫瘍により下垂体からの性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)の生成、内分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。これにより性腺からの性(腺)ホルモンの生成、内分泌と血中濃度は 亢進(上昇) 低下  する。

31. 下垂体の障害により下垂体からの性腺刺激ホルモン(Gonadotropin)の生成、内分泌が低下し、血中濃度が低下した。これにより性腺からの性(腺)ホルモンの生成、内分泌と血中濃度は 低下 亢進(上昇)  する。

32. 甲状腺機能低下症により、甲状腺からの甲状腺ホルモン(T3, T4)の生成、内分泌が低下し、血中濃度が低下した。これにより、下垂体前葉からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の生成、内分泌を 亢進 抑制  する負のフィードバックが働く。

33. 性腺からの性(腺)ホルモンの生成、内分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。これにより下垂体前葉からの性腺刺激ホルモンの生成、内分泌を 亢進 抑制  する負のフィードバックが働く。

34. 性腺からの性(腺)ホルモンの生成、内分泌が低下し、血中濃度が低下した。これにより下垂体前葉からの性腺刺激ホルモンの生成、内分泌を 抑制 亢進  する負のフィードバックが働く。

35. 甲状腺刺激ホルモン放出ホルモンは 甲状腺 下垂体後葉 下垂体前葉 視床下部  から生成、内分泌される。

36. 性(腺)ホルモンは 視床下部 下垂体前葉 性腺 下垂体後葉  から生成、内分泌される。

37. 性腺刺激ホルモン(gonadotropin)は 性腺 下垂体前葉 視床下部 下垂体後葉  から生成、内分泌される。

38. 性腺刺激ホルモン放出ホルモンは 下垂体前葉 視床下部 性腺 下垂体後葉  から生成、内分泌される。

39. ACTHは 下垂体後葉 下垂体前葉 視床下部 副腎皮質  から生成、内分泌される。

40. CRHは 下垂体後葉 視床下部 下垂体前葉 副腎皮質  から生成、内分泌される。

41. TSHは 甲状腺 視床下部 下垂体後葉 下垂体前葉  から生成、内分泌される。

42. TRHは 甲状腺 下垂体前葉 下垂体後葉 視床下部  から生成、内分泌される。

43. GnRHは 下垂体後葉 視床下部 下垂体前葉 gonad (性腺)  から生成、内分泌される。

44. 視床下部からの甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の生成、内分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。これにより下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の生成、内分泌、血中濃度は 低下 亢進 (上昇)  する。

45. 視床下部からの甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の生成、内分泌が低下し、血中濃度が低下した。これにより下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の生成、内分泌、血中濃度は 低下 亢進 (上昇)  する。

46. 下垂体から甲状腺刺激ホルモン(TSH)の生成、内分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。これにより甲状腺からの甲状腺ホルモンの生成、内分泌、血中濃度は 低下 亢進 (上昇)  する。

47. 下垂体から甲状腺刺激ホルモン(TSH)の生成、内分泌が低下し、血中濃度が低下した。これにより甲状腺からの甲状腺ホルモンの生成、内分泌、血中濃度は 低下 亢進 (上昇)  する。

48. 視床下部からの副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)の生成、内分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。これにより下垂体からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の生成、内分泌、血中濃度は 低下 亢進 (上昇)  する。

49. 視床下部からの副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)の生成、内分泌が低下し、血中濃度が低下した。これにより下垂体からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の生成、内分泌と血中濃度は 亢進 (上昇) 低下  する。

50. 下垂体から副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の生成、内分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。これにより副腎皮質からの副腎皮質ホルモンの生成、内分泌、血中濃度は 低下 亢進 (上昇)  する。

51. 下垂体から副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の生成、内分泌が低下し、血中濃度が低下した。これにより副腎皮質からの副腎皮質ホルモンの生成、内分泌、血中濃度は 亢進 (上昇) 低下  する。

52. 視床下部からの性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)の生成、内分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。これにより下垂体からの性腺刺激ホルモン(gonadotropin)の生成、内分泌、血中濃度は 亢進 (上昇) 低下  する。

53. 視床下部からの性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)の生成、内分泌が低下し、血中濃度が低下した。これにより下垂体からの性腺刺激ホルモン(gonadotropin)の生成、内分泌、血中濃度は 低下 亢進 (上昇)  する。

54. 下垂体から性腺刺激ホルモン(gonadotropin)の生成、内分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。これにより性腺からの性(腺)ホルモンの生成、内分泌、血中濃度は 低下 亢進 (上昇)  する。

55. 下垂体から性腺刺激ホルモン(gonadotropin)の生成、内分泌が低下し、血中濃度が低下した。これにより性腺からの性(腺)ホルモンの生成、内分泌、血中濃度は 亢進 (上昇) 低下  する。

56. 真水を大量に飲水した。血漿の浸透圧は 低下 上昇 した。この浸透圧の変化は 視床下部 傍糸球体装置 で受容され、 傍糸球体装置 下垂体後葉 からの ADH(抗利尿ホルモン、バゾプレッシン) レニン の分泌が 促進 抑制 される。これは腎、尿細管系における ナトリウムの再吸収 水分の透過性(水チャンネルの幅) を 抑制 促進 させる。すなわち、 Na+と水 水のみ の 毛細血管から尿細管系 尿細管系から毛細血管 方向の移動が 促進 抑制 される。以上の調節は、腎静脈へ流出する血漿の浸透圧を腎動脈から流入する血漿の浸透圧より 低張 高張 にする。また、尿を 低張 高張 にし、同時に尿量を 減少 増大 させる。

57. 大量の発汗で脱水した。血漿の浸透圧は 上昇 低下 した。この浸透圧の変化は 傍糸球体装置 視床下部 で受容され、 傍糸球体装置 下垂体後葉 からの レニン ADH(抗利尿ホルモン、バゾプレッシン) の分泌が 促進 抑制 される。これは腎,尿細管系における 水分の透過性(水チャンネルの幅) ナトリウムの再吸収 を 促進 抑制 させる。すなわち、 Na+と水 水のみ の 尿細管系から毛細血管、毛細血管から尿細管系 方向の移動が 促進 抑制 される。以上の調節は、腎静脈へ流出する血漿の浸透圧を腎動脈から流入する血漿の浸透圧より 低張 高張 にする。また、尿を 高張 低張 にし,同時に尿量を 増大 減少 させる。

58. アルドステロンaldosterone(電解質コルチコイド)は 視床下部 旁糸球体装置 副腎皮質 腎尿細管 下垂体前葉 で生成される。

59. アルドステロンaldosterone(電解質コルチコイド)は 腎尿細管 視床下部 副腎皮質 旁糸球体装置 下垂体前葉 で分泌される。

60. アルドステロンaldosterone(電解質コルチコイド)の標的細胞は 旁糸球体装置 視床下部 副腎皮質 腎尿細管 下垂体前葉 である。

61. インスリンを分泌するのは、視床下部 下垂体後葉 腎臓 筋細胞 膵臓 である。

62. グルカゴンを生成、内分泌するのは、腎臓 視床下部 筋細胞 膵臓 下垂体後葉 である。

63. エリスロポ(イ)エチンは、視床下部 腎臓 骨髄 下垂体後葉 脾臓 で生成されている。

64. エリスロポ(イ)エチンは、脾臓 下垂体前葉 腎臓 視床下部 骨髄 から分泌される。

65. エリスロポ(イ)エチンは、脾臓 腎臓 視床下部 骨髄 下垂体前葉 に作用する。

66. バゾプレッシン vasopressin,抗利尿ホルモン antidiuretic hormone (ADH)は 視床下部 下垂体前葉 下垂体後葉 腎臓の集合管 腎臓の傍糸球体装置 で生産される.

67. バゾプレッシン vasopressin,抗利尿ホルモン antidiuretic hormone (ADH)は 腎臓の傍糸球体装置 下垂体前葉 下垂体後葉 視床下部 腎臓の集合管 で分泌される.

68. バゾプレッシン vasopressin,抗利尿ホルモン antidiuretic hormone (ADH)は 腎臓の傍糸球体装置 視床下部 下垂体後葉 下垂体前葉 腎臓の集合管 が主たる標的細胞である.

69. 発汗により、血漿浸透圧が上昇すると、下垂体後葉からのバゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌と血中濃度とは、低下する 増大(上昇)する 

70. 飲水により、血漿浸透圧が低下すると、下垂体後葉からのバゾプレッシン、バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌と血中濃度は 低下する 増大(上昇)する 

71. 血漿浸透圧が飲水により低下 発汗により上昇 すると、下垂体後葉からのバゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌と血中濃度は増大(上昇)する。

72. 下垂体性尿崩症の患者では、バゾプレッシン、抗利尿ホルモン(ADH)の分泌、血中濃度は、高張な血漿浸透圧からの負のフィードバックに 見合わず病的に高い 見合って高い 見合って低い 見合わず病的に低い  。

73. 下垂体性尿崩症の患者では、集合管での水分再吸収は、高張な血漿浸透圧からの負のフィードバックに 見合って多い 見合わず病的に少ない 見合って少ない 見合わず病的に多い  量である。

74. 下垂体性尿崩症の患者では,集合管での水分再吸収は,血中の 高い 通常の 低い ADH濃度に 見合わず病的に多い 見合って多い 見合って少ない 見合わず病的に少ない  量である.

75. 下垂体性尿崩症の患者では,尿の浸透圧は,血中の 高い 通常の 低い ADH濃度に 見合わず病的に高い 見合って高い 見合って低い 見合わず病的に低い  .

76. 尿量増大、尿浸透圧低下、血漿浸透圧上昇、ADH濃度上昇の患者では 腎性 下垂体性 尿崩症が考えられる。

77. 尿量増大、尿浸透圧低下、血漿浸透圧上昇、ADH濃度低下の患者では 下垂体性 腎性 尿崩症が考えられる。

78. 尿浸透圧低下、血漿浸透圧上昇、血中ADH濃度上昇の患者では SIADH 下垂体性尿崩症 腎性尿崩症 が考えられる。

79. 尿浸透圧低下、血漿浸透圧上昇、血中ADH濃度低下の患者では 下垂体性尿崩症 SIADH 腎性尿崩症 が考えられる。

80. 尿浸透圧上昇、血漿浸透圧低下、血中ADH濃度上昇の患者では 腎性尿崩症 下垂体性尿崩症 SIADH が考えられる。

81. 63歳の女性.3カ月前に突然口渇が出現するようになったので来院した.冷水を好んで飲用し,夜間に5,6回,排尿している.頭痛,視力障害,頭部外傷の既往はない.尿糖(-),尿タンパク(-),高濃度食塩水負荷後の尿浸透圧 210 mOsm,(通常時の尿浸透圧正常範囲は800-1,300).尿量 6,400 ml/日.空腹時血糖 76 mg,l(正常範囲内),総タンパク 7.6 g,l(正常範囲内),尿素窒素14 mg,l(正常範囲内),クレアチニン 0.8 mg,l(正常範囲内).血漿浸透圧 290 mOsm,(正常275 - 288).抗利尿ホルモン(ADH)投与後,尿浸透圧は850 mOsm,に上昇した.この症例での「口渇」と血漿浸透圧の値は 水中毒 脱水 を示唆する.しかし,尿量は不釣り合いに 少なく 多く ,また尿は,高濃度の食塩水を負荷しても 薄い 濃い .腎臓の尿濃縮異常である.抗利尿ホルモンを投与したとたんに尿浸透圧が増大したことは, 

心因性多飲症
ADHに対する反応性の低下(腎性尿崩症)
ADHの分泌過剰(ADH不適合分泌症候群)
ADHの分泌低下(下垂体性尿崩症)
水分摂取不足による脱水
を示唆する.

82. オキシトシンは 下垂体後葉 視床下部 下垂体前葉 で生産される。

83. オキシトシンoxytocinは 視床下部 下垂体前葉 下垂体後葉 で分泌される。

84. 乳頭への刺激は 下垂体後葉 下垂体前葉 視床下部 からオキシトシン分泌を 抑制 促進 する。

85. 産道への刺激は 下垂体後葉 視床下部 下垂体前葉 からオキシトシン分泌を 抑制 促進 する。

86. 下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。このことにより、視床下部からの甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の分泌を 抑制 促進  するshort loop long loop negative feedbackが働く。

87. 下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌が低下し、血中濃度が低下した。このことにより、視床下部からの甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の分泌を 促進 抑制  するlong loop short loop negative feedbackが働く。

88. 甲状腺からの甲状腺ホルモンの分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。このことにより、下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌を抑制 促進  するshort loop long loop negative feedbackが働く。

89. 甲状腺からの甲状腺ホルモンの分泌が低下し、血中濃度が低下した。このことにより、下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌を促進 抑制  するshort loop long loop negative feedbackが働く。

90. Basedow病では甲状腺ホルモンの血中濃度が低 高 く、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の血中濃度は高 低 い。 主病態は甲状腺からの甲状腺ホルモン 下垂体からのTSH 分泌の低下 亢進 である。

91. 慢性甲状腺炎(橋本病)では甲状腺ホルモンの血中濃度が低 高 く、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の血中濃度は低 高 い。 本態は甲状腺からの甲状腺ホルモン 下垂体からのTSH 分泌の亢進 低下 である。

92. Cushing病では

肺など下垂体、副腎系と無関係の箇所に発生したACTH生産性(産生)腫瘍
副腎皮質に糖質コルチコイド生産性(産生)腫瘍
下垂体にACTH生産性(産生)腫瘍
がある。

93. 異所性ACTH症候群では

肺など下垂体、副腎系と無関係の箇所に発生したACTH生産性(産生)腫瘍
下垂体にACTH生産性(産生)腫瘍
副腎皮質に糖質コルチコイド生産性(産生)腫瘍
がある。

94. 副腎皮質腺腫では

下垂体にACTH生産性(産生)腫瘍
肺など下垂体、副腎系と無関係の箇所に発生したACTH生産性(産生)腫瘍
副腎皮質に糖質コルチコイド生産性(産生)腫瘍
がある。

95. クッシング症候群の症状に加えて、耳側半盲などの視野狭窄がみとめられた場合、

下垂体に原発した副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)生産性腫瘍
副腎に原発した副腎皮質ホルモン生産性腫瘍
が考えられる。

96. 原発性(副腎性)副腎皮質機能低下症では、下垂体からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌、血中濃度は低下 亢進(上昇) している。

97. 続発性(2次性、下垂体性)副腎皮質機能低下症では、下垂体からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌、血中濃度は低下 亢進(上昇) している。

98. エストロゲンは、黄体 視床下部 子宮 卵胞 下垂体前葉 から生成、内分泌される。

99. プロゲステロンは、下垂体前葉 視床下部 卵胞 黄体 子宮 から生成、内分泌される。

100. 卵胞刺激ホルモンは、下垂体前葉 黄体 子宮 視床下部 卵胞 から生成、内分泌される。

101. 黄体形成ホルモンは、子宮 黄体 下垂体前葉 卵胞 視床下部 から生成、内分泌される。

102. 妊娠が成立していても、下垂体前葉からのLH分泌が低下する時期(妊娠していなかったら月経が生じていた時期)には体温は低下する。誤 正 

103. 閉経時のホルモンの主要な変化は、エストロゲンの分泌、血中濃度の亢進(上昇) 低下 と卵胞刺激ホルモンfollicle-stimulating hormone (FSH) の分泌、血中濃度の低下 亢進(上昇) である。これは、閉経時、主に機能が低下する臓器が卵巣 下垂体 であることを示唆する。

104. 男性ホルモンは 陰茎 精巣(睾丸) 視床下部 下垂体後葉 下垂体前葉 において生産(産生)される。

105. 男性ホルモンは陰茎 下垂体前葉 下垂体後葉 精巣(睾丸) 視床下部 から内分泌される。

106. 男性において、卵胞刺激ホルモンfollicle-stimulating hormone (FSH)は精巣(睾丸) 下垂体後葉 陰茎 下垂体前葉 卵巣 において生産(産生)される。

107. 男性において、卵胞刺激ホルモンfollicle-stimulating hormone (FSH)は下垂体前葉 陰茎 卵巣 視床下部 精巣(睾丸) から内分泌される。

108. 男性において、黄体形成ホルモンluteinizing hormone (LH)は陰茎 下垂体前葉 卵巣 視床下部 精巣(睾丸) において生産(産生)される。

109. 男性において、黄体形成ホルモンluteinizing hormone (LH)は視床下部 精巣(睾丸) 卵巣 陰茎 下垂体前葉 から内分泌される。

110. 男性において、性腺刺激ホルモン放出ホルモン gonadotropin-releasing hormone (Gn-RH)は精巣(睾丸) 下垂体前葉 陰茎 視床下部 卵巣 において生産(産生)される。

111. 男性において、性腺刺激ホルモン放出ホルモン gonadotropin-releasing hormone (Gn-RH)は陰茎 卵巣 視床下部 精巣(睾丸) 下垂体前葉 から内分泌される。

112. 下垂体前葉で生産(産生),分泌されるのは、

性腺刺激ホルモン放出ホルモン gonadotropin-releasing hormone (Gn-RH)
性腺刺激ホルモン、すなわち、卵胞刺激ホルモンfollicle-stimulating hormone (FSH)と黄体形成ホルモンluteinizing hormone (LH)
男性ホルモン
である。

113. 成長ホルモンは、下垂体後葉 視床下部 下垂体前葉 で生産される。

114. 成長ホルモンは、下垂体前葉 下垂体後葉 視床下部 で分泌される。

115. プロラクチンは視床下部 下垂体前葉 下垂体後葉 で生産される。

116. プロラクチンは下垂体前葉 視床下部 下垂体後葉 で分泌される。

117続発性(2次性、下垂体性) 原発性(副腎性) 副腎皮質機能低下症では、下垂体からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌、血中濃度は亢進(上昇)している。

118続発性(2次性、下垂体性) 原発性(副腎性) 副腎皮質機能低下症では、下垂体からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌、血中濃度は低下している。

119原発性(副腎性) 続発性(2次性、下垂体性) 副腎皮質機能低下症では、色素沈着が多い。

120原発性(副腎性) 続発性(2次性、下垂体性) 副腎皮質機能低下症では、アルドステロン(電解質コルチコイド)分泌、血中濃度が低下していることが多い。

121. 下垂体腫瘍により、視交叉で交叉しない する 線維が圧迫をうけると、鼻側 耳側 半盲となる。

122. 温度受容ニューロンは、下垂体前葉 皮膚 大脳皮質 視床下部 にある。

123. 体温調節中枢は、手掌 皮膚 視床下部 額 大脳皮質 下垂体前葉 にある。

124. レプチンは、下垂体後葉 子宮内膜 視床下部 性腺 脂肪組織 下垂体前葉 で生成(産生)されている。

125. レプチンは、子宮内膜 下垂体前葉 脂肪組織 下垂体後葉 視床下部 性腺 から分泌されている。

126下垂体後葉 子宮内膜 性腺 脂肪組織 視床下部 下垂体前葉 が大きいほど、レプチンの生成(産生)、分泌、血中濃度は高い(多い) 低い(少ない) 

127視床下部 下垂体後葉 脂肪組織 子宮内膜 性腺 下垂体前葉 が小さいほど、レプチンの生成(産生)、分泌、血中濃度は高い(多い) 低い(少ない) 

128. レプチンは、子宮内膜 下垂体後葉 性腺 視床下部 下垂体前葉 脂肪組織 に作用する。

129. 下垂体性尿崩症の患者では、血漿浸透圧は低張 等張 高張 である。

130. 電解質コルチコイド(アルドステロン)は、

精巣
卵巣の黄体
副腎皮質
下垂体前葉
膵臓
卵巣の卵胞
副腎髄質
副甲状腺
腎臓
下垂体後葉
甲状腺
から分泌される。

131. カテコールアミン(副腎髄質ホルモン、アドレナリン、ノルアドレナリン、エピネフリン、ノルエピネフリン)は、

卵巣の卵胞
下垂体後葉
膵臓
腎臓
甲状腺
副腎皮質
精巣
下垂体前葉
副甲状腺
副腎髄質
卵巣の黄体
から分泌される。

132. カルシトニンは、

膵臓
下垂体後葉
卵巣の卵胞
副甲状腺
甲状腺
腎臓
副腎髄質
精巣
卵巣の黄体
副腎皮質
下垂体前葉
から分泌される。

133. パラソルモンは、

膵臓
副腎髄質
副腎皮質
精巣
卵巣の黄体
下垂体前葉
下垂体後葉
副甲状腺
甲状腺
腎臓
卵巣の卵胞
から分泌される。

134. インスリンは、

副甲状腺
副腎髄質
膵臓
甲状腺
腎臓
下垂体前葉
卵巣の黄体
副腎皮質
精巣
卵巣の卵胞
下垂体後葉
から分泌される。

135. グルカゴンは、

膵臓
下垂体前葉
下垂体後葉
甲状腺
副甲状腺
卵巣の黄体
卵巣の卵胞
腎臓
副腎皮質
副腎髄質
精巣
から分泌される。

136. エリスロポ(イ)エチンは、

卵巣の黄体
腎臓
下垂体前葉
卵巣の卵胞
下垂体後葉
甲状腺
精巣
副甲状腺
膵臓
副腎皮質
副腎髄質
から分泌される。

137. オキシトシンは、

下垂体前葉
卵巣の卵胞
副腎髄質
副腎皮質
甲状腺
膵臓
下垂体後葉
副甲状腺
腎臓
卵巣の黄体
精巣
から分泌される。

138. バゾプレッシン・抗利尿ホルモン(ADH) は、

卵巣の卵胞
甲状腺
副甲状腺
膵臓
副腎髄質
下垂体後葉
腎臓
卵巣の黄体
精巣
下垂体前葉
副腎皮質
から分泌される。

139. 甲状腺ホルモンは、

甲状腺
副腎髄質
膵臓
下垂体前葉
卵巣の卵胞
精巣
副腎皮質
卵巣の黄体
腎臓
下垂体後葉
副甲状腺
から分泌される。

140. 糖質コルチコイド(副腎皮質ホルモン,コルチゾール) は、

膵臓
卵巣の卵胞
卵巣の黄体
下垂体後葉
副腎髄質
精巣
甲状腺
副甲状腺
腎臓
下垂体前葉
副腎皮質
から分泌される。

141. テストステロンは、

副腎髄質
卵巣の黄体
卵巣の卵胞
副腎皮質
甲状腺
精巣
膵臓
副甲状腺
下垂体後葉
下垂体前葉
腎臓
から分泌される。

142. エストロゲンは、

甲状腺
下垂体後葉
卵巣の卵胞
下垂体前葉
卵巣の黄体
副甲状腺
副腎皮質
精巣
膵臓
副腎髄質
腎臓
から分泌される。

143. プロゲステロンは、

精巣
腎臓
膵臓
卵巣の卵胞
副甲状腺
下垂体後葉
甲状腺
副腎髄質
下垂体前葉
卵巣の黄体
副腎皮質
から分泌される。

144. 成長ホルモンは、

副腎皮質
卵巣の黄体
腎臓
副甲状腺
精巣
下垂体後葉
甲状腺
下垂体前葉
膵臓
副腎髄質
卵巣の卵胞
から分泌される。

145. プロラクチンは、

精巣
下垂体前葉
副腎皮質
腎臓
副腎髄質
副甲状腺
卵巣の黄体
卵巣の卵胞
下垂体後葉
甲状腺
膵臓
から分泌される。

146. 中枢性(下垂体性)尿崩症の本態は水チャンネルの障害 ADHの分泌亢進 ADHの分泌低下 である。

147. 中枢(下垂体)性尿崩症では、尿細管における水チャンネルの数、水分再吸収量は減少 増大 している。

148. 中枢(下垂体)性尿崩症では、尿量増大 発汗 により脱水する。

149. 中枢(下垂体)性尿崩症では、尿量は飲水によらず より 増大する。

150. 中枢(下垂体)性尿崩症では、尿浸透圧は上昇 低下 する。

151. 中枢(下垂体)性尿崩症では、血漿浸透圧は上昇 低下 する。

152. 中枢(下垂体)性尿崩症の主病態(変動)は

大量飲水
水チャンネル数の異常低下
大量発汗
ADH分泌の異常亢進
水チャンネル数の異常増大
ADH分泌の異常低下
である。

153. 血漿浸透圧が発汗により上昇 飲水により低下 すると、下垂体後葉からのバゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌と血中濃度は低下する。

154. 副腎皮質の腫瘍などにより、副腎皮質からの糖質コルチコイド(副腎皮質ホルモン)が亢進し、血中濃度が上昇した。このことにより、下垂体からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌は亢進 低下  する。

155. 副腎の臓器損傷などにより、副腎皮質からの糖質コルチコイド(副腎皮質ホルモン)が低下し、血中濃度が低下した。このことにより、下垂体からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の生成、内分泌は低下 亢進  する。

156. オキシトシンは、下垂体後葉 下垂体前葉 から分泌される。

157. バソプレッシン、抗利尿ホルモン(ADH)は下垂体後葉 下垂体前葉 から分泌される。

158. 成長ホルモンは下垂体前葉 下垂体後葉 から分泌される。

159. プロラクチンは下垂体前葉 下垂体後葉 から分泌される。

160. 下垂体後葉から分泌されるホルモンは

卵胞刺激ホルモン
プロラクチン
バゾプレッシン
成長ホルモン
黄体形成ホルモン
オキシトシン
である。

161. 下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の生成、内分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。このことにより、甲状腺からの甲状腺ホルモンの生成、内分泌は低下 亢進  する。

162. 下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の生成、内分泌が低下し、血中濃度が低下した。このことにより、甲状腺からの甲状腺ホルモンの生成、内分泌は亢進 低下  する。

163. 甲状腺からの甲状腺ホルモンの生成、内分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。このことにより、下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の生成、内分泌は低下 亢進  する。

164. 甲状腺からの甲状腺ホルモンの生成、内分泌が低下し、血中濃度が低下した。このことにより、下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の生成、内分泌は低下 亢進  する。

165. 甲状腺ホルモンは 視床下部 下垂体前葉 下垂体後葉 甲状腺  から生成、内分泌される。