問題文の検索結果

1. 糖の嫌気的代謝が亢進し、好気的代謝が低下した状態では、主にADP 乳酸 脂肪酸 CO2 ケトン体 が細胞内に増加する。

2. 細胞内の糖が不足したために脂肪酸の代謝が亢進すると、 乳酸 ケトン体 が蓄積する。

3. 糖尿病では細胞内と血中の乳酸 ケトン体 が 増大 減少 する。

4. 絶食状態では細胞内と血中の乳酸 ケトン体 が 増大 減少 する。

5. 運動により筋から乳酸が血中に放出された。血漿緩衝系がなければ、乳酸が遊離するH+はpHを 低下 上昇 させてしまう。しかし、血漿緩衝系、特に、重炭酸緩衝系の重炭酸イオンは アルカリ性 酸性 物質であり、H+と結合することで、運動時のH+の 増大 減少 を緩衝する。この際、重炭酸緩衝系は 

H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
H+ +HCO3- → H2CO3 → H2O +CO2
の方向に作用し、重炭酸イオンは 減少 増大 する。さらに、運動時、換気が亢進することにより動脈血CO2濃度が 減少 増大 し、この変化も(は)重炭酸緩衝系を 
H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
H+ + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
の方向に作用させ、重炭酸イオンの緩衝作用を 助長 阻害 する。

6. 乳酸は 「尿細管から分泌される不揮発性酸」 「糸球体からろ過される不揮発性酸」 揮発性酸 である.

7. 安静時,動脈血に比べて静脈血のpHは 高い 同等である 低い .これは,筋肉など各臓器が リン酸 CO2 重炭酸イオン 乳酸 重炭酸 を放出し,肺での排出のために動静脈間で濃度差があり,重炭酸緩衝系はこれに対して静脈内で 

H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
H+ + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
方向へ作用しているためである.

8. 乳酸は 無機酸 有機酸 である.

9. 乳酸性アシドーシスではanion gapは増大 しない する  .

10. 運動により、筋から乳酸が血中に放出された。血漿緩衝系がなければ、乳酸が遊離するH+は、pHを 低下 上昇 させてしまう。しかし、血漿緩衝系、特に、重炭酸緩衝系の重炭酸イオンは アルカリ性 酸性 物質であり、H+と結合することで、運動時のH+の 減少 増大 を緩衝する。この際、重炭酸緩衝系は 

H++HCO3- ← H2CO3 ← H2O+CO2
H++HCO3- → H2CO3 → H2O+CO2
の方向に作用し、重炭酸イオンは 増大 減少 し、CO2が 生成 分解 される。さらに、運動時、換気が 低下 亢進 することにより、重炭酸イオンの緩衝作用を 助長 阻害 する。

11. 乳酸は糸球体で ろ過されない ろ過される .

12. 乳酸は尿細管で 

(糸球体でろ過されなかったのだから)再吸収されない
(糸球体でろ過されたけれど)再吸収されない
(ろ過量の)わずかが再吸収される
(ろ過量の)約半分が再吸収される
(ろ過量の)大部分が再吸収される
(ろ過量の)全量が再吸収される
.また,生成されて分泌される 血中から分泌される 分泌されない .

13. 正常な尿に乳酸は 含まれる 含まれない .

14. 腎不全(糸球体ろ過量の機能低下が主病態)患者では,血中の乳酸は特に変動しない 減少する 増加する .

15. 胃、十二指腸潰瘍の病原菌として乳酸菌 ヘリコバクタ・ピロリ菌 大腸菌 が考えられている。

16. プリン体は塩酸 ピルビン酸 オキザロ酢酸 乳酸 クエン酸 核酸 にある塩基の骨格である。

17. ピリミジン体はピルビン酸 オキザロ酢酸 塩酸 核酸 クエン酸 乳酸 にある塩基の骨格である。

18. (乳酸、ケトン体などの酸性物質による)代謝性アシドーシスにより「pH上昇」が抑制されると、呼吸調節により、呼吸は亢進 低下 する。

19. (乳酸、ケトン体などの酸性物質による)代謝性アシドーシスに対する呼吸調節により、呼吸は亢進 低下 する。

20. 食物線維、乳酸菌、冷水、果汁、牛乳は弛緩性 けいれん性 便秘に有効である。

21. 運動により、筋から乳酸が血中に放出された。血漿緩衝系がなければ、乳酸が遊離するH+は、pHを 低下 上昇 させてしまう。しかし、血漿緩衝系の一部である重炭酸緩衝系はH+をCO2に変換することで、運動時のH+の 増大 減少 を緩衝する。

22. 激しい運動中の乳酸の大量生成により、動脈血に最初に起こる変化は、 H+ CO2 濃度の 増大 減少 である。

23. 腎臓はリン酸、乳酸などの酸性物質を排泄 生成・内分泌 活性化 している。

24. 乳酸、ケトン体などの酸性物質は肺 腎臓 から排出される。