問題文の検索結果

1. 第 次感覚神経が左右の正中線を交叉する。

2. 第 1次(上位) 2次(下位) 運動神経が左右の正中線を交叉する.

3. 温度覚・痛覚の感覚性上行路は 延髄 脊髄神経レベル で左右の正中線を交叉する。

4. 深部覚・触圧覚の感覚性上行路は 脊髄神経レベル 延髄 で左右の正中線を交叉する。

5. 随意運動の下行路(錐体路)は 延髄 脊髄神経レベル で左右の正中線を交叉する。

6. 関節、筋肉などの深部覚は、脊髄 前 後 根から入り、シナプスを 作り 作らず 、 同側 対側 脊髄視床路 後索路 皮質脊髄路 を上行し、 視床下部 延髄 でシナプスを作り、 同側を上行 対側へ交叉 し、 視床 視床下部 でシナプスを作り、 大脳基底核 内包 大脳辺縁系 を通り、 大脳皮質の 頭頂葉 前頭葉 側頭葉 後頭葉 にある 中心前回 中心後回 の 感覚野 運動野 へ投射する。

7. 随意運動の下行路(錐体路)は大脳皮質の 前頭葉 頭頂葉 後頭葉 側頭葉 にある 中心前回 中心後回 の 運動野 感覚野 から発し、視床 視床下部 内包 を通り、大脳皮質 大脳基底核 視床下部 延髄の錐体 脊髄 で 

シナプスを形成してから左右の反対側へ交叉
シナプスを形成しないで左右の反対側へ交叉
左右の反対側へ交叉してからシナプスを形成
する。この後、脊髄の 前索 側索 後索 を下行し、前角 後角 にある 第1次 第2次 第3次 運動神経とシナプスを形成する。その神経線維は 前根 後根  を通って脊髄を離れ、中枢 末梢 神経線維となり、骨格筋を支配する。

8. 右視神経線維の大部分は視交叉で左へ交叉する。 正 誤 

9. 左視神経線維の大部分は視交叉で右へ交叉する。 誤 正 

10. 網膜の鼻(内)側半分からの神経線維は視交叉で対側へ交叉 しない する 

11. 網膜の耳(外)側半分からの神経線維は視交叉で対側へ交叉 しない する 

12. 右側眼球の耳(右)側視野は右側眼球網膜の 鼻 耳 側半分で受容され、発生した活動電位を伝える視神経線維は視交叉で交叉 して せず 、 左 右 側大脳皮質へ伝えられる。

13. 右側眼球の鼻(左)側視野は右側眼球網膜の 鼻 耳 側半分で受容され、発生した活動電位を伝える視神経線維は視交叉で交叉 して せず 、 左 右 側大脳皮質へ伝えられる。

14. 左側眼球の耳(左)側視野は左側眼球網膜の 耳 鼻 側半分で受容され、発生した活動電位を伝える視神経線維は視交叉で交叉 せず して 、 左 右 側大脳皮質へ伝えられます。

15. 左側眼球の鼻(右)側視野は左側眼球網膜の 耳 鼻 側半分で受容され、発生した活動電位を伝える視神経線維は視交叉で交叉 して せず 、 右 左 側大脳皮質へ伝えられる。

16. 下垂体腫瘍により、視交叉で交叉しない する 線維が圧迫をうけると、耳側 鼻側 半盲となる。

17. 視交叉で交叉しない線維が圧迫をうけると、耳側 鼻側 半盲となる。

18. 皮膚の触圧覚の伝導路は、脊髄 後 前 根から入り、シナプスを 作り 作らず 同側 対側 後索路 脊髄視床路 皮質脊髄路 を上行し、 視床下部 延髄 でシナプスを作り、 同側を上行 対側へ交叉 し、視床下部 視床 でシナプスを作り、大脳辺縁系 内包 大脳基底核 を通り、大脳皮質の 後頭葉 頭頂葉 側頭葉 前頭葉 にある 中心後回 中心前回 の 感覚野 運動野 へ投射する。