問題文の検索結果

1. 甲状腺ホルモンの作用は代謝亢進,精神活動亢進などである.また,甲状腺ホルモンの分泌は「濃度重視型調節」を受けている.甲状腺ホルモン分泌低下以外の理由で代謝がセットポイントより低下すると,甲状腺ホルモンの分泌はあまり変化しない 低下する 亢進する .

2. 甲状腺ホルモンの作用は代謝亢進,精神活動亢進などである.また,甲状腺ホルモンの分泌は「濃度重視型調節」を受けている.甲状腺ホルモン分泌亢進以外の理由で代謝がセットポイントより亢進すると,甲状腺ホルモンの分泌は亢進する あまり変化しない 低下する .

3. 代謝亢進は、体温低下 体温上昇 をもたらすための変化である。

4. 電解質コルチコイド(アルドステロン)の作用は、

血糖低下
身長の伸長
女性器の平滑筋収縮
血漿浸透圧低下
乳汁生成促進
血漿中のNa+量と血圧との上昇
代謝亢進、精神活動亢進など
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
男性化
抗炎症
造血(赤血球生成)促進
血漿中カルシウム濃度の上昇
血漿中カルシウム濃度の低下
血糖上昇
女性化
である。

5. カテコールアミン(副腎髄質ホルモン、アドレナリン、ノルアドレナリン、エピネフリン、ノルエピネフリン)の作用は、

男性化
乳汁生成促進
代謝亢進、精神活動亢進など
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
身長の伸長
血漿中カルシウム濃度の上昇
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血漿中カルシウム濃度の低下
造血(赤血球生成)促進
血漿浸透圧低下
女性器の平滑筋収縮
血糖低下
抗炎症
血糖上昇
女性化
血漿中のNa+量と血圧との上昇
である。

6. カルシトニンの作用は、

心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
女性器の平滑筋収縮
血漿浸透圧低下
身長の伸長
血漿中カルシウム濃度の上昇
女性化
代謝亢進、精神活動亢進など
抗炎症
血漿中のNa+量と血圧との上昇
乳汁生成促進
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血糖低下
造血(赤血球生成)促進
男性化
血漿中カルシウム濃度の低下
血糖上昇
である。

7. パラソルモンの作用は、

男性化
抗炎症
代謝亢進、精神活動亢進など
身長の伸長
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
女性化
女性器の平滑筋収縮
血漿中カルシウム濃度の低下
血漿浸透圧低下
乳汁生成促進
造血(赤血球生成)促進
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
血糖上昇
血漿中カルシウム濃度の上昇
血糖低下
血漿中のNa+量と血圧との上昇
である。

8. インスリンの作用は、

血漿中のNa+量と血圧との上昇
抗炎症
血漿浸透圧低下
女性化
血漿中カルシウム濃度の低下
代謝亢進、精神活動亢進など
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
血糖上昇
血糖低下
身長の伸長
女性器の平滑筋収縮
男性化
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血漿中カルシウム濃度の上昇
乳汁生成促進
造血(赤血球生成)促進
である。

9. グルカゴンの作用は、

造血(赤血球生成)促進
抗炎症
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
身長の伸長
代謝亢進、精神活動亢進など
血糖低下
女性器の平滑筋収縮
血漿浸透圧低下
男性化
血漿中のNa+量と血圧との上昇
乳汁生成促進
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血糖上昇
血漿中カルシウム濃度の低下
女性化
血漿中カルシウム濃度の上昇
である。

10. エリスロポ(イ)エチンの作用は、

男性化
血漿中カルシウム濃度の低下
血糖上昇
血糖低下
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
抗炎症
女性化
身長の伸長
血漿浸透圧低下
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
女性器の平滑筋収縮
乳汁生成促進
造血(赤血球生成)促進
代謝亢進、精神活動亢進など
血漿中のNa+量と血圧との上昇
血漿中カルシウム濃度の上昇
である。

11. オキシトシンの作用は、

血漿中カルシウム濃度の低下
女性化
血糖低下
代謝亢進、精神活動亢進など
乳汁生成促進
血漿中のNa+量と血圧との上昇
抗炎症
身長の伸長
造血(赤血球生成)促進
男性化
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
血漿浸透圧低下
女性器の平滑筋収縮
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血漿中カルシウム濃度の上昇
血糖上昇
である。

12. バゾプレッシン・抗利尿ホルモン(ADH) の作用は、

女性化
血漿中カルシウム濃度の低下
身長の伸長
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
造血(赤血球生成)促進
血糖上昇
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
女性器の平滑筋収縮
血漿浸透圧低下
男性化
血漿中のNa+量と血圧との上昇
乳汁生成促進
血漿中カルシウム濃度の上昇
抗炎症
血糖低下
代謝亢進、精神活動亢進など
である。

13. 甲状腺ホルモンの作用は、

血糖低下
女性化
男性化
女性器の平滑筋収縮
血漿中カルシウム濃度の上昇
乳汁生成促進
身長の伸長
代謝亢進、精神活動亢進など
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
造血(赤血球生成)促進
血漿中のNa+量と血圧との上昇
血漿中カルシウム濃度の低下
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血糖上昇
抗炎症
血漿浸透圧低下
である。

14. 糖質コルチコイド(副腎皮質ホルモン,コルチゾール)の作用は、

心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
血漿中のNa+量と血圧との上昇
乳汁生成促進
血糖上昇
代謝亢進、精神活動亢進など
血漿中カルシウム濃度の上昇
女性化
男性化
身長の伸長
造血(赤血球生成)促進
抗炎症
女性器の平滑筋収縮
血漿浸透圧低下
血漿中カルシウム濃度の低下
血糖低下
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
である。

15. テストステロンの作用は、

血漿浸透圧低下
乳汁生成促進
女性器の平滑筋収縮
血糖上昇
血漿中カルシウム濃度の低下
代謝亢進、精神活動亢進など
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
血糖低下
女性化
血漿中のNa+量と血圧との上昇
抗炎症
血漿中カルシウム濃度の上昇
男性化
造血(赤血球生成)促進
身長の伸長
である。

16. エストロゲンの作用は、

男性化
血漿中カルシウム濃度の上昇
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血糖上昇
女性化
血漿中カルシウム濃度の低下
血漿浸透圧低下
血糖低下
代謝亢進、精神活動亢進など
身長の伸長
血漿中のNa+量と血圧との上昇
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
乳汁生成促進
造血(赤血球生成)促進
女性器の平滑筋収縮
抗炎症
である。

17. プロゲステロンの作用は、

身長の伸長
乳汁生成促進
女性化
血漿中のNa+量と血圧との上昇
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
女性器の平滑筋収縮
代謝亢進、精神活動亢進など
血漿浸透圧低下
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
男性化
血漿中カルシウム濃度の上昇
血糖低下
血糖上昇
造血(赤血球生成)促進
血漿中カルシウム濃度の低下
抗炎症
である。

18. 成長ホルモンの作用は、

血糖上昇
造血(赤血球生成)促進
男性化
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
乳汁生成促進
血漿浸透圧低下
血漿中カルシウム濃度の低下
身長の伸長
女性化
抗炎症
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血漿中のNa+量と血圧との上昇
代謝亢進、精神活動亢進など
女性器の平滑筋収縮
血漿中カルシウム濃度の上昇
血糖低下
である。

19. プロラクチンの作用は、

抗炎症
血漿浸透圧低下
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
身長の伸長
造血(赤血球生成)促進
女性化
血漿中のNa+量と血圧との上昇
血漿中カルシウム濃度の上昇
血糖上昇
血漿中カルシウム濃度の低下
乳汁生成促進
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
男性化
血糖低下
代謝亢進、精神活動亢進など
女性器の平滑筋収縮
である。

20. 赤血球の酸素解離曲線は、代謝亢進により 左 右 にシフトする。

21. 図中の*印が示すのは

代謝低下による酸素飽和度の上昇
赤血球から筋への酸素の供給
代謝亢進による酸素飽和度の低下
である。

図表-1