問題文の検索結果

1. (活性化していない)第X因子は

フィブリンの前駆物質である
フィブリノーゲンから生成する
トロンビンが酵素として作用する
フィブリノーゲンに作用する酵素である
トロンビンの前駆物質である
プロトロンビンから生成する
フィブリンに作用する酵素である
プラスミンが酵素として作用する
フィブリンから生成する
プロトロンビンに作用する酵素である
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する

2. プラスミンは

フィブリンの前駆物質である
フィブリノーゲンから生成する
トロンビンが酵素として作用する
トロンビンの前駆物質である
プロトロンビンから生成する
第X因子が酵素として作用する
フィブリンに作用する酵素である
プラスミンが酵素として作用する
FDPを生成する基質である
フィブリンから生成する
プロトロンビンに作用する酵素である
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する

3. FDPは

フィブリンの前駆物質である
フィブリノーゲンから生成する
トロンビンが酵素として作用する
フィブリノーゲンに作用する酵素である
トロンビンの前駆物質である
プロトロンビンから生成する
第X因子が酵素として作用する
フィブリンに作用する酵素である
フィブリンから生成する
プロトロンビンに作用する酵素である
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
.

4. 出血時、活性化された外因系および/または内因系が、直接、活性化するのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
第X因子
である。

5. 内因系の凝固因子のように代謝産物が次の反応の酵素となっている反応系をカスケード ゲータレード マスタード という.

6. 内因系の凝固因子は

第XII凝固因子
第XI凝固因子
第X凝固因子
第IX凝固因子
第VIII凝固因子
第VII凝固因子
第VI凝固因子
第V凝固因子
第IV凝固因子
第III凝固因子
である。

7. キニノーゲン,カリクレインは血液凝固内因系 外因系 を活性化する.

8. 内因系が活性化される順番は第IX因子 第XI因子 第XII因子 ,第IX因子 第XI因子 第XII因子 ,第IX因子 第XI因子 第XII因子 の順である.

9. 組織トロンボプラスチン(第III凝固因子)は血液凝固内因系 外因系 を活性化する。

10. 検査で測定した出血時間は

1次止血
2次止血
血小板の粘着・凝集能
血液凝固の外因系
血液凝固の内因系
フィブリノーゲンの量と機能
線維素溶解(線溶)系
の指標である.

11. ガラスビーズ管法は

1次止血
2次止血
血小板の粘着・凝集能
血液凝固の外因系
血液凝固の内因系
フィブリノーゲンの量と機能
線維素溶解(線溶)系
の指標である.

12. プロトロンビン(PT)時間は

1次止血
2次止血
血小板の粘着・凝集能
血液凝固の外因系
血液凝固の内因系
線維素溶解(線溶)系
の指標である.

13. 活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)は

1次止血
2次止血
血小板の粘着・凝集能
血液凝固の外因系
血液凝固の内因系
線維素溶解(線溶)系
の指標である.

14. トロンビン時間は

1次止血
2次止血
血小板の粘着・凝集能
血液凝固の外因系
血液凝固の内因系
フィブリノーゲンの量と機能
線維素溶解(線溶)系
の指標である.

15. 血液凝固の内因系の指標である検査は

出血時間
ガラスビーズ管法
プロトロンビン(PT)時間
活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)
トロンビン時間
fibrin and fibrinogen degradation products (FDP)
である.

16. (活性化した)第X因子は

フィブリンから生成する
フィブリンの前駆物質である
フィブリンに作用する酵素である
プロトロンビンから生成する
プラスミンが酵素として作用する
プロトロンビンに作用する酵素である
フィブリノーゲンに作用する酵素である
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
トロンビンが酵素として作用する
トロンビンの前駆物質である
フィブリノーゲンから生成する

17. プロトロンビンは、

トロンビンの前駆物質である
フィブリンの前駆物質である
フィブリンから生成する
活性化した第X因子が酵素として作用する
トロンビンが酵素として作用する
フィブリノーゲンから生成する
フィブリンに作用する酵素である
プロトロンビンから生成する
プロトロンビンに作用する酵素である
プラスミンが酵素として作用する
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
フィブリノーゲンに作用する酵素である

18. トロンビンは、

フィブリノーゲンから生成する
フィブリンの前駆物質である
プラスミンが酵素として作用する
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
トロンビンの前駆物質である
フィブリンから生成する
フィブリノーゲンに作用する酵素である
トロンビンが酵素として作用する
プロトロンビンに作用する酵素である
プロトロンビンから生成する
フィブリンに作用する酵素である

19. フィブリノーゲンは、

プロトロンビンに作用する酵素である
フィブリンから生成する
フィブリンに作用する酵素である
トロンビンが酵素として作用する
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
プロトロンビンから生成する
フィブリノーゲンから生成する
フィブリノーゲンに作用する酵素である
トロンビンの前駆物質である
フィブリンの前駆物質である

20. フィブリンは、

トロンビンの前駆物質である
フィブリンから生成する
プロトロンビンに作用する酵素である
プラスミンが酵素として作用する
フィブリンの前駆物質である
フィブリノーゲンから生成する
フィブリノーゲンに作用する酵素である
トロンビンが酵素として作用する
プロトロンビンから生成する
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
フィブリンに作用する酵素である

21. 血液凝固の内因系は主に

フィブリン
フィブリノーゲン
血小板
プロトロンビン
トロンビン
活性化した第X因子
組織液
コラーゲン
により活性化される。

22. プラスミンは

第X因子が酵素として作用する
FDPを生成する基質である
トロンビンの前駆物質である
フィブリノーゲンに作用する酵素である
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
フィブリンから生成する
プラスミンが酵素として作用する
フィブリノーゲンから生成する
フィブリンの前駆物質である
プロトロンビンから生成する
トロンビンが酵素として作用する
プロトロンビンに作用する酵素である
フィブリンに作用する酵素である

23. トロンビンは、

プロトロンビンに作用する酵素である
プロトロンビンから生成する
出血時、活性化された外因系および/または内因系が直接活性化する
トロンビンが酵素として作用する
トロンビンの前駆物質である

24. 血液凝固の内因系は主に組織液 コラーゲン により活性化される。

25. 出血時、活性化された外因系および/または内因系が、直接、活性化するのは 

トロンビン
第X因子
フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
プロトロンビン(第II因子)
である。