問題文の検索結果

1. 血管壁のコラーゲンは凝固系を抑制 活性化 する.

2. 凝固系の随所にカルシウムイオンは必要である.正 誤 

3. 血液,凝固系の量,機能の低下により,出血傾向の臨床症状は,基本的には,生じる 生じない .

4. 血液,凝固系の量,機能の低下により,検査で測定した出血時間の延長は,基本的には,生じる 生じない .

5. 出血傾向の臨床症状が生じていると,血小板の数、機能の低下 血液凝固系の量、機能の低下 が考えられる.

6. 検査で測定した出血時間が延長していると,血小板の数、機能の低下 血液凝固系の量、機能の低下 が考えられる.

7. thrombin-antithrombinIII (TAT) complexは血小板 血液凝固系 低下 亢進 したときに上昇する.

8. 血栓性血小板減少性紫斑病(thrombotic thrombocytopenic purpura, TTP)では,

血小板の異常凝集による血栓が生じ、血小板が減少する
自己抗体により血小板が減少する
血小板の接着因子が欠損する
血管のコラーゲン異常のために血小板粘着能が低下する
(欠乏・消費などで)第II因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第VII因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第VIII因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第IX因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第X因子の機能が低下する
凝固系の亢進による血栓が生じ、凝固系が減少する

9. 特発性血小板減少性紫斑病(idiopathic (immunological) thrombocytopenic purpura, ITP) では,

血小板の異常凝集による血栓が生じ、血小板が減少する
自己抗体により血小板が減少する
血小板の接着因子が欠損する
血管のコラーゲン異常のために血小板粘着能が低下する
(欠乏・消費などで)第II因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第VII因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第VIII因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第IX因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第X因子の機能が低下する
凝固系の亢進による血栓が生じ、凝固系が減少する

10. von Willebrand病では,

血小板の異常凝集による血栓が生じ、血小板が減少する
自己抗体により血小板が減少する
血小板の接着因子が欠損する
血管のコラーゲン異常のために血小板粘着能が低下する
(欠乏・消費などで)第II因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第VII因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第VIII因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第IX因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第X因子の機能が低下する
凝固系の亢進による血栓が生じ、凝固系が減少する

11. Ehlers-Danlos症候群では、

血小板の異常凝集による血栓が生じ、血小板が減少する
自己抗体により血小板が減少する
血小板の接着因子が欠損する
血管のコラーゲン異常のために血小板粘着能が低下する
(欠乏・消費などで)第II因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第VII因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第VIII因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第IX因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第X因子の機能が低下する
凝固系の亢進による血栓が生じ、凝固系が減少する

12. Vitamin K欠乏では,

血小板の異常凝集による血栓が生じ、血小板が減少する
自己抗体により血小板が減少する
血小板の接着因子が欠損する
血管のコラーゲン異常のために血小板粘着能が低下する
(欠乏・消費などで)第II因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第VII因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第VIII因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第IX因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第X因子の機能が低下する
凝固系の亢進による血栓が生じ、凝固系が減少する

13. 血友病Aでは、

血小板の異常凝集による血栓が生じ、血小板が減少する
自己抗体により血小板が減少する
血小板の接着因子が欠損する
血管のコラーゲン異常のために血小板粘着能が低下する
(欠乏・消費などで)第II因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第VII因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第VIII因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第IX因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第X因子の機能が低下する
凝固系の亢進による血栓が生じ、凝固系が減少する

14. 血友病Bでは、

血小板の異常凝集による血栓が生じ、血小板が減少する
自己抗体により血小板が減少する
血小板の接着因子が欠損する
血管のコラーゲン異常のために血小板粘着能が低下する
(欠乏・消費などで)第II因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第VII因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第VIII因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第IX因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第X因子の機能が低下する
凝固系の亢進による血栓が生じ、凝固系が減少する

15. 播種性血管内凝固(disseminated intravascular coagulation, DIC)では、

血小板の異常凝集による血栓が生じ、血小板が減少する
自己抗体により血小板が減少する
血小板の接着因子が欠損する
血管のコラーゲン異常のために血小板粘着能が低下する
(欠乏・消費などで)第II因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第VII因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第VIII因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第IX因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第X因子の機能が低下する
凝固系の亢進による血栓が生じ、凝固系が減少する

16. 線溶系とはフィブリンを作れなくする 一度出来上がったフィブリンを溶解すること であり、凝固系の抑制とは一度出来上がったフィブリンを溶解する フィブリンを作れなくする ことである.

17. ヘパリンは

アンチトロンビンIIIの作用を増強する
ビタミンKの生成・作用を抑制する
カルシウムに拮抗する
ことで血小板 凝固系 の作用を亢進 抑制 する.

18. ワーファリン(クマリン)は

アンチトロンビンIIIの作用を増強する
ビタミンKの生成・作用を抑制する
カルシウムに拮抗する
ことで血小板 凝固系 の作用を亢進 抑制 する.

19. クエン酸ナトリウムは

アンチトロンビンIIIの作用を増強する
ビタミンKの生成・作用を抑制する
カルシウムに拮抗する
ことで血小板 凝固系 の作用を亢進 抑制 する.

20. 血友病ではコラーゲン アルブミン 血小板 凝固系 の遺伝子が欠損している。

21. 出血を止血するため、血小板・凝固系の作用により形成される(カサブタみたいな)構造物は血栓 塞栓 梗塞 である。