問題文の検索結果

1. 自律神経系には、交感神経と副交感神経とがあり、原則的に内臓器官はその 一方の 両方の 支配を受けている。

2. 副交感神経により、腸管の蠕動は 抑制 亢進 する。

3. 気管は、副交感神経により 収縮 拡張 する。

4. 膀胱体部の平滑筋は、副交感神経により、収縮 拡張 する。

5. 瞳孔は、副交感神経により 散大 縮小 する。

6. 動脈壁平滑筋は 副交感神経 交感神経 のみの支配を受けている.

7. 瞳孔括約筋は 副交感神経 交感神経 のみの支配を受けている.

8. 瞳孔散大筋は 副交感神経 交感神経 のみの支配を受けている.

9. 汗腺は 副交感神経 交感神経 のみの支配を受けている.

10. 立毛筋は 交感神経 副交感神経 のみの支配を受けている.

11. 副腎髄質は 交感神経 副交感神経 の 節前 節後 神経線維のみの支配を受けている.

12. 副交感神経節は、多くの場合 支配臓器の中 神経幹の中 にある。

13. 副交感神経は、節前線維が短く節後線維が長い 節前線維が長く節後線維が短い 

14. 脳神経に、自律神経の副交感神経は 含まれない 含まれる 

15. 頚神経に、自律神経の副交感神経は 含まれる 含まれない 

16. 胸神経に、自律神経の副交感神経は 含まれる 含まれない 

17. 腰神経に、自律神経の副交感神経は 含まれる 含まれない 

18. 仙骨神経に、自律神経の副交感神経は 含まれない 含まれる 

19. 副交感神経が含まれるのは、頚神経 腰神経 脳神経 仙骨神経 胸神経 である。

20. 副交感神経節前神経終末からは、アセチルコリン ノルアドレナリン が分泌され、神経節後神経終末からは、ノルアドレナリン アセチルコリン が分泌される。

21. アセチルコリンは、シナプス伝達物質として

副交感神経節後
副交感神経節前
(コリン作動性を除く)交感神経節前
(コリン作動性を除く)交感神経節後
神経線維末端から放出されている。

22. ノルアドレナリンは、シナプス伝達物質として

副交感神経節後
(コリン作動性を除く)交感神経節後
(コリン作動性を除く)交感神経節前
副交感神経節前
神経線維末端から放出されている。

23. 気道は副交感神経活動により 収縮 拡張 する.

24. 唾液腺への副交感神経が興奮すると分泌が亢進 抑制 する.

25. 副交感神経により,膀胱体部の平滑筋は弛緩 収縮 する.

26. 副交感神経は蓄尿 排尿 の作用がある.

27. 膀胱を支配する副交感神経は 脳幹(迷走神経) 仙髄 に由来する.

28. 膀胱体部を支配する副交感神経のカテコールアミン アセチルコリン 受容体はムスカリン ニコチン 受容体である.

29. 外尿道括約筋を支配する副交感神経 体性神経 交感神経 アセチルコリン カテコールアミン 受容体はムスカリン ニコチン 受容体である.

30. 唾液腺への副交感神経が興奮すると漿液性 粘液性 の唾液分泌が亢進する.

31. 副交感神経は心筋の収縮力と心拍数とを増大 減少 させる.

32. 心筋の収縮力を増大させる作用があるのは副交感神経 交感神経 である。

33. 心拍数を増大させる作用があるのは交感神経 副交感神経 である。

34. 心筋の収縮力を減少させる作用があるのは交感神経 副交感神経 である。

35. 心拍数を減少させる作用があるのは交感神経 副交感神経 である。

36. 動脈壁の平滑筋は、交感神経 副交感神経 で支配されている。

37交感神経 副交感神経 の活動が亢進すると、血管平滑筋が収縮し、心機能が亢進して、血圧が低下 上昇 する。

38. 副交感神経により、腸管の機能(運動、分泌)は 抑制 亢進 する。