問題文の検索結果

1. 電気店に行って、一番安い懐中電灯を買った。これは 行動 反射  である。

2. 瞳孔に光をあてたら縮瞳した。これは 行動 反射  である。

3. 神経的なつながりを 伝導 反射 投射 伝達 行動 と言う。

4吸息 呼息 により肺が伸展されると,肺伸展受容器が刺激される.肺伸展受容器からの 遠心性 求心性 活動電位は, 迷走神経 横隔神経 を介して 大脳皮質 脳幹(橋・延髄) へ伝達される.そこを反射中枢として, 吸息活動が 促進 抑制 される.これを マーフィー ベル・マジャンディー へーリング・ブロイエル 反射という.

5. 咳反射をひき起こすのは 肺伸展受容器 イリタント受容器 C線維末端 からの求心性活動である.

6. pHが低下すると、呼吸は反射的に 亢進 低下 する。

7. pHが上昇すると、呼吸は反射的に 低下 亢進 する.

8. 対光反射の中枢は、視床下部 延髄 中脳 である。

9. 嚥下は単 多 シナプス反射である。

10. 大腸での粘液分泌はおもに局所的反射による.誤 正 

11. 筋紡錘からの求心性活動は、脊髄反射的にその筋活動を 亢進 抑制 する。

12. 膝蓋腱反射とは、膝蓋腱が刺激されることにより、 大腿四頭筋の筋紡錘 大腿四頭筋膝蓋腱の腱紡錘 が伸展され、Ib Ia  求心 遠心 性線維に活動電位が発生し、脊髄 前根 後根 から脊髄に入り、 脊髄 脳 を中枢とし、 多 単 シナプスを介して、大腿四頭筋を支配する ベータ アルファ 性運動神経細胞が活性化され、その線維と活動電位とが後根 前根 から脊髄を出て、大腿四頭筋を活性化させて、膝が伸展する反射である。

13. 腱紡錘からの求心性活動は、脊髄反射的にその筋活動を 抑制 亢進 する。

14. 運動神経を刺激した.10 msec 後に骨格筋に活動が観察された.この波は H波 M波 P波 QRS波 T波 である.神経に発生した活動電位が 下行性 上行性、ならびに反射性 に筋を刺激したものである.

15. 運動神経を刺激した.20-30 msec 後に骨格筋に活動が観察された.この波は H波 M波 P波 QRS波 T波 である.神経に発生した活動電位が 下行性 上行性、ならびに反射性 に筋を刺激したものである.

16. 運動神経を刺激した後に骨格筋に記録されるM波は潜時が長く(20-30 msec) 短く(約10 msec) ,神経に発生した活動電位が下行性 上行性、ならびに反射性 に筋を刺激したものである.

17. 運動神経を刺激した後に骨格筋に記録されるH波は潜時が長く(20-30 msec) 短く(約10 msec) ,神経に発生した活動電位が下行性 上行性、ならびに反射性 に筋を刺激したものである.

18. バビンスキー反射は、錐体路 錐体外路 が障害されたときにみられる症状である。

19. 大きな音により、アブミ骨筋 鼓膜張筋 が反射性に収縮 弛緩 し、伝音の効率は上がる 下がる 

20. 膝蓋腱反射の受容器は大腿四頭筋の 筋紡錘 腱紡錘 である.

21. 姿勢反射中枢は

延髄

中脳
視床下部
視床の特殊投射核
視床の非特殊投射核
小脳
大脳基底核
大脳辺縁系
大脳皮質前頭葉
大脳皮質頭頂葉
大脳皮質側頭葉
大脳皮質後頭葉
にある.

22. 瞳孔反射中枢は、

延髄

中脳
視床下部
視床の特殊投射核
視床の非特殊投射核
小脳
大脳基底核
大脳辺縁系
大脳皮質前頭葉
大脳皮質頭頂葉
大脳皮質側頭葉
大脳皮質後頭葉
にある。

23. ヘーリング・ブロイエル反射をひき起こすのは 肺伸展受容器 イリタント受容器 C線維末端 からの求心性活動である.

24. ヘーリング・ブロイエル反射の求心性経路は

第IX脳(舌咽)神経
第X脳(迷走)神経
第XI脳(副)神経
第XII脳(舌下)神経
横隔神経
肋間神経
である。

25. ヘーリング・ブロイエル反射の遠心性経路は

第IX脳(舌咽)神経
第X脳(迷走)神経
第XI脳(副)神経
第XII脳(舌下)神経
横隔神経
肋間神経
である。

26. 咳反射の求心性経路は

第IX脳(舌咽)神経
第X脳(迷走)神経
第XI脳(副)神経
第XII脳(舌下)神経
横隔神経
肋間神経
である。

27. 咳反射の遠心性経路は

第IX脳(舌咽)神経
第X脳(迷走)神経
第XI脳(副)神経
第XII脳(舌下)神経
横隔神経
肋間神経
である。

28. ヘーリング・ブロイエル反射の反射中枢は 大脳皮質 大脳辺縁系 間脳 中脳 延髄 にある.

29. 咳反射の反射中枢は 大脳皮質 大脳辺縁系 間脳 中脳 延髄 にある.

30. 延髄(脳幹)の呼吸中枢の活動が反射的に亢進していることが感覚され得ると言われている.誤 正 

31. 呼吸の反射中枢は

延髄

中脳
視床下部
視床の特殊投射核
視床の非特殊投射核
小脳
大脳基底核
大脳辺縁系
大脳皮質前頭葉
大脳皮質頭頂葉
大脳皮質側頭葉
大脳皮質後頭葉
にある.

32. 反射の5要素がそろっていて,延髄,視床下部の心臓血管中枢を介した反射性調節は局所性(非神経性)調節 中枢性(神経性)調節 である.

33. (出血などにより)血圧が低下すると、反射的に心機能(心収縮力、心拍数)は亢進 低下 する。

34. (食塩摂取などにより)血圧が上昇すると、反射的に心機能(心収縮力、心拍数)は 亢進 低下 する。

35. 血中02分圧が低下すると、反射的に心機能(心収縮力、心拍数)は 低下 亢進 する。

36. 血中pHが低下すると、反射的に心機能(心収縮力、心拍数)は 低下 亢進 する。

37. 血中CO2分圧が増大すると、反射的に動脈壁の平滑筋は弛緩 収縮 する。

38筋紡錘 腱紡錘 からの求心性活動は、脊髄反射的にその筋活動を亢進する。

39筋紡錘 腱紡錘 からの求心性活動は、脊髄反射的にその筋活動を抑制する。

40. 反射では、刺激に対して人が違うと違う可能性がある 人が違っても同じ 応答をする。

41. 反射では、刺激に対して時が違うと違う可能性がある 時が違っても同じ 応答をする。

42. 刺激に対して、人が違っても同じように応答するのが、行動 反射 である。

43. 刺激に対して、時が違っても同じように応答するのが、行動 反射 である。

44. 反射とは、刺激に対する非画一的 画一的 な応答である。

45. 刺激に対して、人が違うと違う応答をする可能性があるのが、反射 行動 である。

46. 刺激に対して、時が違うと違う応答をする可能性があるのが、行動 反射 である。

47. 膝蓋腱反射の中枢は、大脳以外の脳 大脳 脊髄 にある。

48. 膝蓋腱反射の受容器は、大腿四頭筋膝蓋腱の腱紡錘 大腿四頭筋の筋紡錘 である。