問題文の検索結果

1. 横隔膜などの吸息筋 呼息筋 が収縮すると、胸腔と肺とは伸展 縮小 する。

2. 胸腔と肺とは、吸息時に縮小、呼息時に伸展 吸息時に伸展、呼息時に縮小 する。

3. 横隔膜などの呼息筋 吸息筋 が弛緩すると、胸腔と肺とは伸展 縮小 する。

4. 吸息により胸腔が伸展すると、胸腔内の陰圧 陽圧 大きく 小さく なる。

5. 吸息の始め、横隔膜は弛緩 収縮 する。

6. 吸息の始め、肺気量は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の量から最大の量へ増大している。
最大である。
最大の量から最小の量へ減少している。

7. 吸息の始め、肺の内向きの弾性力は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の力から最大の力へ増大している。
最大である。
最大の力から最小の力へ減少している。

8. 吸息の始め、気体(空気)が流入する。 気体が流出する。 気流はない。 

9. 吸息の始め、肺(胞)内圧は大気圧と比べて陽圧である。 等しい。 陰圧である。 

10. 吸息の始め、胸腔内圧は(安静呼吸の1周期の間では)

最小の陰圧である。
最小の陰圧から最大の陰圧へ大きくなっている。
最大の陰圧である。
最大の陰圧から最小の陰圧へ小さくなっている。

11. 吸息時、横隔膜は弛緩 収縮 している。

12. 吸息時、肺気量は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の量から最大の量へ増大している。
最大である。
最大の量から最小の量へ減少している。

13. 吸息時、肺の内向きの弾性力は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の力から最大の力へ増大している。
最大である。
最大の力から最小の力へ減少している。

14. 吸息時、気体(空気)が流入する。 気体が流出する。 気流はない。 

15. 吸息時、肺(胞)内圧は大気圧と比べて陰圧である。 陽圧である。 等しい。 

16. 吸息時、胸腔内圧は(安静呼吸の1周期の間では)

最小の陰圧である。
最小の陰圧から最大の陰圧へ大きくなっている。
最大の陰圧である。
最大の陰圧から最小の陰圧へ小さくなっている。

17. 吸息の終わりには、横隔膜は収縮 弛緩 している。

18. 吸息の終わりには、肺気量は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の量から最大の量へ増大している。
最大である。
最大の量から最小の量へ減少している。

19. 吸息の終わりには、肺の内向きの弾性力は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の力から最大の力へ増大している。
最大である。
最大の力から最小の力へ減少している。

20. 吸息の終わりには、気流はない。 気体(空気)が流入する。 気体が流出する。 

21. 吸息の終わりには、肺(胞)内圧は大気圧と比べて等しい。 陽圧である。 陰圧である。 

22. 吸息の終わりには、胸腔内圧は(安静呼吸の1周期の間では)

最小の陰圧である。
最小の陰圧から最大の陰圧へ大きくなっている。
最大の陰圧である。
最大の陰圧から最小の陰圧へ小さくなっている。

23. 横隔膜が収縮しているのは、吸息 呼息 時である。

24. 横隔膜が弛緩しているのは、吸息 呼息 時である。

25. 肺気量が、(安静呼吸の1周期の間で)最小であるのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

26. 肺気量が、(安静呼吸の1周期の間で)最小の量から最大の量へ増大しているのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

27. 肺気量が、(安静呼吸の1周期の間で)最大であるのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

28. 肺気量が、(安静呼吸の1周期の間で)最大の量から最小の量へ減少しているのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

29. 肺の内向きの弾性力が、(安静呼吸の1周期の間で)最小であるのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

30. 肺の内向きの弾性力が、(安静呼吸の1周期の間で)最小の力から最大の力へ増大しているのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

31. 肺の内向きの弾性力が、(安静呼吸の1周期の間で)最大であるのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

32. 肺の内向きの弾性力が、(安静呼吸の1周期の間で)最大の力から最小の力へ減少しているのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

33. 気体(空気)が流入するのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

34. 気流はないのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

35. 気体が流出するのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

36. 肺(胞)内圧が大気圧と比べて陰圧であるのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

37. 肺(胞)内圧が大気圧と比べて等しいのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

38. 肺(胞)内圧が大気圧と比べて陽圧であるのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

39. 胸腔内圧が、(安静呼吸の1周期の間で)最小の陰圧であるのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

40. 胸腔内圧が、(安静呼吸の1周期の間で)最小の陰圧から最大の陰圧へ大きくなっているのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

41. 胸腔内圧が、(安静呼吸の1周期の間で)最大の陰圧であるのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

42. 胸腔内圧が、(安静呼吸の1周期の間で)最大の陰圧から最小の陰圧へ小さくなっているのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

43. 1回換気量とは、 最大呼息位 安静呼息位 安静吸息位 最大吸息位 から 最大呼息位 安静呼息位 安静吸息位 最大吸息位 へ流入した気体の量である。

44. 予備吸気量とは、 最大呼息位 安静呼息位 安静吸息位 最大吸息位 から 最大呼息位 安静呼息位 安静吸息位 最大吸息位 へ流出した気体の量である。

45. 予備呼気量とは、 最大呼息位 安静呼息位 安静吸息位 最大吸息位 から 最大呼息位 安静呼息位 安静吸息位 最大吸息位 へ流出した気体の量である。

46. 肺活量とは、 最大呼息位 安静呼息位 安静吸息位 最大吸息位 から 最大呼息位 安静呼息位 安静吸息位 最大吸息位 へ流出した気体の量である。

47. 肺活量は、通常、 最大呼息位から最大吸息位まで吸って 最大吸息位から最大呼息位まで吐いて 測定する。

48. 全肺気量とは、 最大呼息位 安静呼息位 安静吸息位 最大吸息位 における肺・気道内の気体の量である。

49. 機能的残気量とは、 最大呼息位 安静呼息位 安静吸息位 最大吸息位 における肺・気道内の気体の量である。

50. 残気量とは、 最大呼息位 安静呼息位 安静吸息位 最大吸息位 における肺・気道内の気体の量である。

51. 「はい、吸って!」と言われての吸息は、随意 不随意 的呼吸である。

52. 横隔膜は 吸息筋 呼息筋 の代表で、C3-C5からの横隔神経に支配されている。

53. 横隔膜は吸息時 ドーム状になって挙上 平坦化して下降 する。

54. 内肋間筋は 吸息筋 呼息筋 、外肋間筋は 呼息筋 吸息筋 である。

55. 腹筋は 呼息筋 吸息筋 であるが、安静呼吸時にはほとんど活動していない。

56. 吸息筋であるのは、 外肋間筋 内肋間筋 横隔膜 腹筋 である。

57吸息 呼息 により肺が伸展されると,肺伸展受容器が刺激される.肺伸展受容器からの 求心性 遠心性 活動電位は, 横隔神経 迷走神経 を介して 大脳皮質 脳幹(橋・延髄) へ伝達される.そこを反射中枢として, 吸息活動が 抑制 促進 される.これを へーリング・ブロイエル ベル・マジャンディー マーフィー 反射という.

58. 嘔吐で起こる現象は,食道,噴門の弛緩 収縮 ,痙攣的吸息運動による横隔膜の下降 上昇 ,腹筋収縮 弛緩 ,腹圧上昇 低下 ,声門閉鎖 開放 などが主な現象である.

59. 横隔膜は、呼息筋 吸息筋 である。

60. スパイロメータにおいて、最大吸息位から最大呼息位までゆっくり呼息した場合、測定されるのは努力肺活量 肺活量 である。

61. スパイロメータにおいて、最大吸息位から最大呼息位まで一気に呼息した場合、測定されるのは努力肺活量 肺活量 です。

62. スパイロメータにおいて、最大吸息位から最大呼息位まで一気に ゆっくり 呼息した場合、測定されるのは肺活量である。

63. スパイロメータにおいて、最大吸息位から最大呼息位までゆっくり 一気に 呼息した場合、測定されるのは努力肺活量である。

64. 腹囲の測定は安静呼息位 安静吸息位 最大呼息位 最大吸息位 で行う。

65. 肺気量検査の図において*印が示すのは安静吸息位 最大呼息位 最大吸息位 安静呼息位 である。


図表-1