問題文の検索結果

1. 呼吸筋が弛緩していて、呼吸運動がない時、肺気量は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の量から最大の量へ増大している。
最大である。
最大の量から最小の量へ減少している。

2. 呼吸筋が弛緩していて、呼吸運動がない時、肺の内向きの弾性力は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の力から最大の力へ増大している。
最大である。
最大の力から最小の力へ減少している。

3. 呼吸筋が弛緩していて、呼吸運動がない時、胸腔内圧は(安静呼吸の1周期の間では)

最小の陰圧である。
最小の陰圧から最大の陰圧へ大きくなっている。
最大の陰圧である。
最大の陰圧から最小の陰圧へ小さくなっている。

4. 吸息の始め、肺気量は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の量から最大の量へ増大している。
最大である。
最大の量から最小の量へ減少している。

5. 吸息の始め、肺の内向きの弾性力は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の力から最大の力へ増大している。
最大である。
最大の力から最小の力へ減少している。

6. 吸息の始め、胸腔内圧は(安静呼吸の1周期の間では)

最小の陰圧である。
最小の陰圧から最大の陰圧へ大きくなっている。
最大の陰圧である。
最大の陰圧から最小の陰圧へ小さくなっている。

7. 吸息時、肺気量は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の量から最大の量へ増大している。
最大である。
最大の量から最小の量へ減少している。

8. 吸息時、肺の内向きの弾性力は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の力から最大の力へ増大している。
最大である。
最大の力から最小の力へ減少している。

9. 吸息時、胸腔内圧は(安静呼吸の1周期の間では)

最小の陰圧である。
最小の陰圧から最大の陰圧へ大きくなっている。
最大の陰圧である。
最大の陰圧から最小の陰圧へ小さくなっている。

10. 吸息の終わりには、肺気量は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の量から最大の量へ増大している。
最大である。
最大の量から最小の量へ減少している。

11. 吸息の終わりには、肺の内向きの弾性力は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の力から最大の力へ増大している。
最大である。
最大の力から最小の力へ減少している。

12. 吸息の終わりには、胸腔内圧は(安静呼吸の1周期の間では)

最小の陰圧である。
最小の陰圧から最大の陰圧へ大きくなっている。
最大の陰圧である。
最大の陰圧から最小の陰圧へ小さくなっている。

13. 呼息の始め、肺気量は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の量から最大の量へ増大している。
最大である。
最大の量から最小の量へ減少している。

14. 呼息の始め、肺の内向きの弾性力は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の力から最大の力へ増大している。
最大である。
最大の力から最小の力へ減少している。

15. 呼息の始め、胸腔内圧は(安静呼吸の1周期の間では)

最小の陰圧である。
最小の陰圧から最大の陰圧へ大きくなっている。
最大の陰圧である。
最大の陰圧から最小の陰圧へ小さくなっている。

16. 呼息時、肺気量は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の量から最大の量へ増大している。
最大である。
最大の量から最小の量へ減少している。

17. 呼息時、肺の内向きの弾性力は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の力から最大の力へ増大している。
最大である。
最大の力から最小の力へ減少している。

18. 呼息時、胸腔内圧は(安静呼吸の1周期の間では)

最小の陰圧である。
最小の陰圧から最大の陰圧へ大きくなっている。
最大の陰圧である。
最大の陰圧から最小の陰圧へ小さくなっている。

19. 呼息の終わりには、肺気量は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の量から最大の量へ増大している。
最大である。
最大の量から最小の量へ減少している。

20. 呼息の終わりには、肺の内向きの弾性力は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の力から最大の力へ増大している。
最大である。
最大の力から最小の力へ減少している。

21. 呼息の終わりには、胸腔内圧は(安静呼吸の1周期の間では)

最小の陰圧である。
最小の陰圧から最大の陰圧へ大きくなっている。
最大の陰圧である。
最大の陰圧から最小の陰圧へ小さくなっている。

22. 肺気量が、(安静呼吸の1周期の間で)最小であるのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

23. 肺気量が、(安静呼吸の1周期の間で)最小の量から最大の量へ増大しているのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

24. 肺気量が、(安静呼吸の1周期の間で)最大であるのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

25. 肺気量が、(安静呼吸の1周期の間で)最大の量から最小の量へ減少しているのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

26. 肺の内向きの弾性力が、(安静呼吸の1周期の間で)最小であるのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

27. 肺の内向きの弾性力が、(安静呼吸の1周期の間で)最小の力から最大の力へ増大しているのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

28. 肺の内向きの弾性力が、(安静呼吸の1周期の間で)最大であるのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

29. 肺の内向きの弾性力が、(安静呼吸の1周期の間で)最大の力から最小の力へ減少しているのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

30. 胸腔内圧が、(安静呼吸の1周期の間で)最小の陰圧であるのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

31. 胸腔内圧が、(安静呼吸の1周期の間で)最小の陰圧から最大の陰圧へ大きくなっているのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

32. 胸腔内圧が、(安静呼吸の1周期の間で)最大の陰圧であるのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

33. 胸腔内圧が、(安静呼吸の1周期の間で)最大の陰圧から最小の陰圧へ小さくなっているのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

34. 月経周期前期、子宮内膜は増殖する 剥離する 特に変化ない 腺分泌が亢進する 

35. 月経周期後期、子宮内膜は腺分泌が亢進する 特に変化ない 剥離する 増殖する 

36. 子宮内膜が剥離するのは、月経期 月経周期前期 月経周期後期 である。

37. 子宮内膜が増殖するのは、月経周期前期 月経期 月経周期後期 である。

38. 子宮内膜の分泌が亢進するのは、月経期 月経周期後期 月経周期前期 である。

39. 月経周期前期、卵巣は卵胞 黄体 期にある。

40. 月経周期後期、卵巣は黄体 卵胞 期にある。

41. 卵巣が卵胞期にあるのは、月経周期前期 後期 である。

42. 卵巣が黄体期にあるのは、月経周期前期 後期 である。

43. 月経周期前期、基礎体温は高い 低い 

44. 月経周期後期、基礎体温は高い 低い 

45. 基礎体温が高いのは月経周期後期 前期 である。

46. 基礎体温が低いのは月経周期前期 後期 である。

47. 月経周期前半では、卵胞刺激ホルモンfollicle-stimulating hormone (FSH)の刺激により卵胞からは主にプロゲステロン エストロゲン が分泌されている。

48. 月経周期前半では、負のfeedbackによりエストロゲンの血中濃度が上昇すると、FSHの分泌は抑制される。正 誤 

49. 月経周期後半(黄体期,分泌期)、プロゲステロンは黄体形成ホルモンlutenizing hormone (LH)分泌に対して正 負 のフィールドバックをかけている。

50. 月経周期に関して、高温相(0.4度、11日以上)がみとめられると、その月経周期は排卵性 非排卵性 であったと思われる。

51. 生殖能力のある女性では、月経周期とともに体温は変動 する しない 

52. 視床の非特殊投射核の周期的活動が亢進すると,脳波の周波数は 速く 遅く なる.

53. 視床の非特殊投射核の周期的活動が低下すると,脳波の周波数は 遅く 速く なる.