問題文の検索結果

1. 血管に血栓が生じると、その血管部位からすぐの より離れた 下流には、塞栓が生じることがある。

2動脈 静脈 に血栓が生じると、肺塞栓が生じることがある。

3心臓・動脈 静脈 に血栓が生じると、脳塞栓が生じることがある。

4. 左心に生じた血栓が遊離すると、脳 肺 塞栓が生じやすい。

5. 動脈に生じた血栓が遊離すると、脳 肺 塞栓が生じやすい。

6. 静脈・右心に生じた血栓が遊離すると、脳 肺 塞栓が生じやすい。

7静脈・右心 動脈 左心 に生じた血栓が遊離すると、脳塞栓が生じやすい。

8静脈・右心 動脈 左心 に生じた血栓が遊離すると、肺塞栓が生じやすい。

9. 出血を止血するため、血小板・凝固系の作用により形成される(カサブタみたいな)構造物は梗塞 血栓 塞栓 である。

10. 播種性血管内凝固症候群 Disseminated intravascular coagulation (DIC)では、大きい 微小な 血栓と塞栓が1ヶ所 全身 の血管に生じる。

11. 播種性血管内凝固症候群 Disseminated intravascular coagulation (DIC)では、血栓と塞栓が多くの 1つ 臓器で起こる。

12. 脳血管障害の基本的障害として特徴的な病態は出血 腫瘍 血栓 塞栓 外傷 炎症 などである。

13. 脳梗塞は出血 塞栓 血栓 によりもたらされる。