問題文の検索結果

1. 意識にのぼる機能は、大脳皮質 大脳辺縁系 間脳 中脳 延髄 の機能である。

2. 感覚は、大脳皮質 大脳辺縁系 間脳 中脳 延髄 の機能である。

3. 随意的な運動は、大脳皮質 大脳辺縁系 間脳 中脳 延髄 の機能である。

4. 母性本能などの本能、不安感などの感情は、大脳皮質 大脳辺縁系 間脳 中脳 延髄 の機能である。

5. 体温調節は、大脳皮質 大脳辺縁系 間脳 中脳 延髄 の機能である。

6. まっすぐ立つ、などの姿勢調節は、大脳皮質 大脳辺縁系 間脳 中脳 延髄 の機能である。

7. 血圧の調節、睡眠中の呼吸調節は、大脳皮質 大脳辺縁系 間脳 中脳 延髄 の機能である。

8. 大脳皮質の代表的な機能としては、

体温調節
血圧の調節・睡眠中の呼吸調節
意識にのぼる機能・ヒトらしい高度な機能
母性本能などの本能・不安感などの感情
まっすぐ立つなどの姿勢調節
があげられる。

9弱い 強い 刺激の方が、大脳皮質へ到達し、感覚されやすい。

10. 体性神経系の中枢は、脳の 

視床下部
大脳基底核
視床

大脳辺縁系
延髄
小脳
中脳
大脳皮質
にある。

11. 温度覚・痛覚の伝導路は、脊髄 前 後 根から入り、シナプスを 作り 作らず 、 同側 対側 の 皮質脊髄路 後索路 脊髄視床路 を上行し、視床下部 視床 でシナプスを作り、 内包 大脳基底核 大脳辺縁系 を通り、 大脳皮質の 後頭葉 側頭葉 前頭葉 頭頂葉 にある 中心前回 中心後回 の 感覚野 運動野 へ投射する。

12. 関節、筋肉などの深部覚は、脊髄 前 後 根から入り、シナプスを 作り 作らず 、 同側 対側 脊髄視床路 後索路 皮質脊髄路 を上行し、 視床下部 延髄 でシナプスを作り、 同側を上行 対側へ交叉 し、 視床 視床下部 でシナプスを作り、 大脳辺縁系 内包 大脳基底核 を通り、 大脳皮質の 前頭葉 側頭葉 頭頂葉 後頭葉 にある 中心前回 中心後回 の 運動野 感覚野 へ投射する。

13. 随意運動の下行路(錐体路)は大脳皮質の 前頭葉 頭頂葉 後頭葉 側頭葉 にある 中心前回 中心後回 の 運動野 感覚野 から発し、視床 視床下部 内包 を通り、大脳皮質 大脳基底核 視床下部 延髄の錐体 脊髄 で 

シナプスを形成してから左右の反対側へ交叉
シナプスを形成しないで左右の反対側へ交叉
左右の反対側へ交叉してからシナプスを形成
する。この後、脊髄の 前索 側索 後索 を下行し、前角 後角 にある 第1次 第2次 第3次 運動神経とシナプスを形成する。その神経線維は 前根 後根  を通って脊髄を離れ、中枢 末梢 神経線維となり、骨格筋を支配する。

14. 随意的呼吸の中枢は、脳幹(橋・延髄) 大脳皮質 である。

15. 不随意的呼吸の中枢は、延髄(脳幹) 大脳皮質 である。

16. 大脳皮質は不随意的呼吸 随意的呼吸 の中枢である。

17呼息 吸息 により肺が伸展されると,肺伸展受容器が刺激される.肺伸展受容器からの 遠心性 求心性 活動電位は, 迷走神経 横隔神経 を介して 大脳皮質 脳幹(橋・延髄) へ伝達される.そこを反射中枢として, 吸息活動が 抑制 促進 される.これを ベル・マジャンディー へーリング・ブロイエル マーフィー 反射という.

18. 右側眼球の耳(右)側視野は右側眼球網膜の 耳 鼻 側半分で受容され、発生した活動電位を伝える視神経線維は視交叉で交叉 せず して 、 右 左 側大脳皮質へ伝えられる。

19. 右側眼球の耳側視野は 左 右 側大脳皮質へ伝えられる。

20. 右側眼球の鼻(左)側視野は右側眼球網膜の 耳 鼻 側半分で受容され、発生した活動電位を伝える視神経線維は視交叉で交叉 せず して 、 右 左 側大脳皮質へ伝えられる。

21. 右側眼球の鼻側視野は 左 右 側大脳皮質へ伝えられる。

22. 左側眼球の耳(左)側視野は左側眼球網膜の 耳 鼻 側半分で受容され、発生した活動電位を伝える視神経線維は視交叉で交叉 せず して 、 右 左 側大脳皮質へ伝えられます。

23. 左側眼球の耳側視野は 左 右 側大脳皮質へ伝えられる。

24. 左側眼球の鼻(右)側視野は左側眼球網膜の 耳 鼻 側半分で受容され、発生した活動電位を伝える視神経線維は視交叉で交叉 して せず 、 右 左 側大脳皮質へ伝えられる。

25. 左側眼球の鼻側視野は 左 右 側大脳皮質へ伝えられる。

26. 両眼球の右側視野は左 右 側大脳皮質で知覚される.

27. 両眼球の左側視野は左 右 側大脳皮質で知覚される.

28. 皮膚の触圧覚の伝導路は、脊髄 後 前 根から入り、シナプスを 作らず 作り 対側 同側 皮質脊髄路 脊髄視床路 後索路 を上行し、 延髄 視床下部 でシナプスを作り、 対側へ交叉 同側を上行 し、視床下部 視床 でシナプスを作り、大脳辺縁系 大脳基底核 内包 を通り、大脳皮質の 後頭葉 前頭葉 頭頂葉 側頭葉 にある 中心前回 中心後回 の 運動野 感覚野 へ投射する。

29. 温度受容ニューロンは、皮膚 視床下部 下垂体前葉 大脳皮質 にある。

30. 体温調節中枢は、額 下垂体前葉 皮膚 手掌 視床下部 大脳皮質 にある。

31. 皮膚の2点識別閾は、背中より指先で 小さい 大きい 。これは、受容器の密度と、大脳皮質の感覚野で指尖部に相当する面積の 大きい 小さい ことと関係がある。

32. 大脳皮質知覚領において広い領域を占める皮膚部位ほど、2点識別閾は 小さい 大きい 

33. 大脳皮質知覚領において広い領域を占める皮膚部位ほど、2点識別能は 高い 低い 

34. 網様体賦活系は大脳皮質の特定の領域 全体 を賦活化(活性化)する.

35. 眼球(網膜)からの感覚性情報は視床の特殊投射核から大脳皮質の特定の領域に投射する.誤 正 

36. 耳(蝸牛)からの感覚性情報は視床の特殊投射核から大脳皮質の特定の領域に投射する.正 誤 

37. 皮膚からの感覚性情報は視床の特殊投射核から大脳皮質の特定の領域に投射する.誤 正 

38. 視床の特殊投射核は大脳皮質全体 の特定の領域 に投射している.

39. 視床の非特殊投射核は大脳皮質の特定の領域 全体 に投射している.

40. 眼球(網膜)からの感覚性情報は視床の非特殊投射核から大脳皮質の特定の領域に投射する.誤 正 

41. 耳(蝸牛)からの感覚性情報は視床の非特殊投射核から大脳皮質の特定の領域に投射する.誤 正 

42. 皮膚からの感覚性情報は視床の非特殊投射核から大脳皮質の特定の領域に投射する.誤 正 

43. 視床の非特殊投射核の活動が高まると,大脳皮質の機能は 低下 亢進 する.

44. 中脳網様体が活性化されると,大脳皮質の活動は低下する 亢進する .

45. 感覚伝導路への入力が少ないとき,網様体賦活系の活動は高く 低く ,非特殊投射核の活動電位の発火頻度は低い 高い .また,大脳皮質全体の活動レベル(意識レベル)は高く 低く ,脳波の周波数は遅い 速い .

46. 感覚伝導路への入力が多いとき,網様体賦活系の活動は低く 高く ,非特殊投射核の活動電位の発火頻度は低い 高い .また,大脳皮質全体の活動レベル(意識レベル)は低く 高く ,脳波の周波数は速い 遅い .

47. 眼球(網膜)からの感覚性情報は視床の特殊投射核から大脳皮質全体に投射する.誤 正 

48. 耳(蝸牛)からの感覚性情報は視床の特殊投射核から大脳皮質全体に投射する.誤 正 

49. 皮膚からの感覚性情報は視床の特殊投射核から大脳皮質全体に投射する.誤 正 

50. 眼球(網膜)からの感覚性情報は視床の非特殊投射核から大脳皮質全体に投射する.正 誤 

51. 耳(蝸牛)からの感覚性情報は視床の非特殊投射核から大脳皮質全体に投射する.正 誤 

52. 皮膚からの感覚性情報は視床の非特殊投射核から大脳皮質全体に投射する.正 誤 

53. 視床の非特殊投射核の活動が低くなると,大脳皮質の機能は 亢進 低下 する.

54. 不随意的な呼吸の中枢は、

延髄

中脳
視床下部
視床の特殊投射核
視床の非特殊投射核
小脳
大脳基底核
大脳辺縁系
大脳皮質前頭葉
大脳皮質頭頂葉
大脳皮質側頭葉
大脳皮質後頭葉
にある。

55. 随意的な呼吸の中枢は

延髄

中脳
視床下部
視床の特殊投射核
視床の非特殊投射核
小脳
大脳基底核
大脳辺縁系
大脳皮質前頭葉
大脳皮質頭頂葉
大脳皮質側頭葉
大脳皮質後頭葉
にある.

56. 心臓血管の中枢は、

延髄

中脳
視床下部
視床の特殊投射核
視床の非特殊投射核
小脳
大脳基底核
大脳辺縁系
大脳皮質前頭葉
大脳皮質頭頂葉
大脳皮質側頭葉
大脳皮質後頭葉
にある。

57. 嚥下・嘔吐の中枢は

延髄

中脳
視床下部
視床の特殊投射核
視床の非特殊投射核
小脳
大脳基底核
大脳辺縁系
大脳皮質前頭葉
大脳皮質頭頂葉
大脳皮質側頭葉
大脳皮質後頭葉
にある.

58. 排尿の中枢は

延髄

中脳
視床下部
視床の特殊投射核
視床の非特殊投射核
小脳
大脳基底核
大脳辺縁系
大脳皮質前頭葉
大脳皮質頭頂葉
大脳皮質側頭葉
大脳皮質後頭葉
にある.

59. 姿勢反射中枢は

延髄

中脳
視床下部
視床の特殊投射核
視床の非特殊投射核
小脳
大脳基底核
大脳辺縁系
大脳皮質前頭葉
大脳皮質頭頂葉
大脳皮質側頭葉
大脳皮質後頭葉
にある.

60. 瞳孔反射中枢は、

延髄

中脳
視床下部
視床の特殊投射核
視床の非特殊投射核
小脳
大脳基底核
大脳辺縁系
大脳皮質前頭葉
大脳皮質頭頂葉
大脳皮質側頭葉
大脳皮質後頭葉
にある。

61. 食欲の中枢は、

延髄

中脳
視床下部
視床の特殊投射核
視床の非特殊投射核
小脳
大脳基底核
大脳辺縁系
大脳皮質前頭葉
大脳皮質頭頂葉
大脳皮質側頭葉
大脳皮質後頭葉
にある。

62. 飲水の中枢は、

延髄

中脳
視床下部
視床の特殊投射核
視床の非特殊投射核
小脳
大脳基底核
大脳辺縁系
大脳皮質前頭葉
大脳皮質頭頂葉
大脳皮質側頭葉
大脳皮質後頭葉
にある。

63. 内分泌系の調節中枢は

延髄

中脳
視床下部
視床の特殊投射核
視床の非特殊投射核
小脳
大脳基底核
大脳辺縁系
大脳皮質前頭葉
大脳皮質頭頂葉
大脳皮質側頭葉
大脳皮質後頭葉
にある。

64. 自律神経系の中枢は、

延髄

中脳
視床下部
視床
小脳
大脳基底核
大脳辺縁系
大脳皮質
にある。

65. 体温の中枢は、

延髄

中脳
視床下部
視床の特殊投射核
視床の非特殊投射核
小脳
大脳基底核
大脳辺縁系
大脳皮質前頭葉
大脳皮質頭頂葉
大脳皮質側頭葉
大脳皮質後頭葉
にある。

66. 運動野は

延髄

中脳
視床下部
視床の特殊投射核
視床の非特殊投射核
小脳
大脳基底核
大脳辺縁系
大脳皮質前頭葉
大脳皮質頭頂葉
大脳皮質側頭葉
大脳皮質後頭葉
にある.

67. 体性感覚野は

延髄

中脳
視床下部
視床の特殊投射核
視床の非特殊投射核
小脳
大脳基底核
大脳辺縁系
大脳皮質前頭葉
大脳皮質頭頂葉
大脳皮質側頭葉
大脳皮質後頭葉
にある.

68. 視覚野は、

延髄

中脳
視床下部
視床の特殊投射核
視床の非特殊投射核
小脳
大脳基底核
大脳辺縁系
大脳皮質前頭葉
大脳皮質頭頂葉
大脳皮質側頭葉
大脳皮質後頭葉
にある。

69. 聴覚野は、

延髄

中脳
視床下部
視床の特殊投射核
視床の非特殊投射核
小脳
大脳基底核
大脳辺縁系
大脳皮質前頭葉
大脳皮質頭頂葉
大脳皮質側頭葉
大脳皮質後頭葉
にある。

70. 言語中枢は

延髄

中脳
視床下部
視床の特殊投射核
視床の非特殊投射核
小脳
大脳基底核
大脳辺縁系
大脳皮質
にある.

71. 連合野は

延髄

中脳
視床下部
視床の特殊投射核
視床の非特殊投射核
小脳
大脳基底核
大脳辺縁系
大脳皮質
にある.

72. ヘーリング・ブロイエル反射の反射中枢は 大脳皮質 大脳辺縁系 間脳 中脳 延髄 にある.

73. 咳反射の反射中枢は 大脳皮質 大脳辺縁系 間脳 中脳 延髄 にある.

74. 呼吸の受容器からの求心性活動は大脳皮質に届き,感覚され得ると言われている.正 誤 

75. 大脳皮質中心前回の運動野が随意的に呼吸を増大させると,その活動が直接,感覚野に届き,呼吸困難感が感覚され得ると言われている.誤 正 

76. 呼吸の反射中枢は

延髄

中脳
視床下部
視床の特殊投射核
視床の非特殊投射核
小脳
大脳基底核
大脳辺縁系
大脳皮質前頭葉
大脳皮質頭頂葉
大脳皮質側頭葉
大脳皮質後頭葉
にある.

77. 精神性発汗の中枢は、大脳皮質 視床下部 である。

78. 感覚の種類は、 受容器から大脳皮質までの感覚系統に固有である。これを 順応 慣れ 適応 特殊感覚エネルギーの法則 投射 という。

79. 大脳皮質の図において、*印は前頭葉 頭頂葉 後頭葉 側頭葉 である。


図表-1