問題文の検索結果

1. 妊娠が成立していても、下垂体前葉からのLH分泌が低下する時期(妊娠していなかったら月経が生じていた時期)には体温は低下する。正 誤 

2. 妊娠中、排卵は抑制される。正 誤 

3. 妊娠中プロラクチン分泌は抑制 促進 されている。

4. 妊娠中毒症では,血管内皮細胞が障害され,血管内皮に由来し,血小板凝集を亢進 抑制 するプロスタサイクリン(PGI2) トロンボキサンA2(TXA2) が減少する.そのために播種性血管内凝固(disseminated intravascular coagulation, DIC)が起りやすい にくい 

5. 妊娠中毒症では,播種性血管内凝固(disseminated intravascular coagulation, DIC)が起りやすい にくい 

6. 妊娠中、胎児赤血球表面にある抗原は、母体の免疫系に認識されない される 

7. 初回妊娠中、Rh血液型(+)の胎児を妊娠したRh血液型(-)の妊婦の免疫系は、抗Rh抗体をあまり生成しない 大量に生成する 

8. Rh血液型(-)の母親における、Rh血液型(+)の第1子出産後の抗Rh抗体生成は、第2子妊娠により終了する 後も続行する 

9. Rh血液型(+)の第1子に対して生成された抗Rh抗体が、2回目の妊娠時に、胎盤を通って第2子の血流に入ることは、第2子にとってぜんぜんウレシクない! うれしい。 

10. Rh式血液型(-)の妊婦の胎児がRh式血液型(+)である場合、妊婦血中に抗Rh抗体がない状態は、第2回 初回 妊娠の特徴である。

11. Rh式血液型(-)の妊婦の胎児がRh式血液型(+)である場合、妊婦血中に抗Rh抗体がある状態は、初回 第2回 妊娠の特徴である。

12. Rh血液型(-)の母体から胎児へ(もともとないので)抗Rh抗体が移行せず、Rh式血液型(+)の胎児赤血球が攻撃されないのは、初回 第2回 妊娠の特徴である。

13. Rh血液型(-)の母体から胎児へ抗Rh抗体が移行し、Rh式血液型(+)の胎児赤血球が攻撃されるのは、初回 第2回 妊娠の特徴である。

14. 血液型不適合妊娠による胎児赤血球破壊の可能性が低いのは、第2回 初回 妊娠の特徴である。

15. 血液型不適合妊娠による胎児赤血球破壊の可能性が高いのは、初回 第2回 妊娠の特徴である。

16. 肥満により月経異常 子宮外妊娠 が増加する。