問題文の検索結果

1. 呼吸筋が弛緩していて、呼吸運動がない時、肺気量は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の量から最大の量へ増大している。
最大である。
最大の量から最小の量へ減少している。

2. 呼吸筋が弛緩していて、呼吸運動がない時、肺の内向きの弾性力は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の力から最大の力へ増大している。
最大である。
最大の力から最小の力へ減少している。

3. 呼吸筋が弛緩していて、呼吸運動がない時、胸腔内圧は(安静呼吸の1周期の間では)

最小の陰圧である。
最小の陰圧から最大の陰圧へ大きくなっている。
最大の陰圧である。
最大の陰圧から最小の陰圧へ小さくなっている。

4. 吸息の始め、肺気量は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の量から最大の量へ増大している。
最大である。
最大の量から最小の量へ減少している。

5. 吸息の始め、肺の内向きの弾性力は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の力から最大の力へ増大している。
最大である。
最大の力から最小の力へ減少している。

6. 吸息の始め、胸腔内圧は(安静呼吸の1周期の間では)

最小の陰圧である。
最小の陰圧から最大の陰圧へ大きくなっている。
最大の陰圧である。
最大の陰圧から最小の陰圧へ小さくなっている。

7. 吸息時、肺気量は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の量から最大の量へ増大している。
最大である。
最大の量から最小の量へ減少している。

8. 吸息時、肺の内向きの弾性力は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の力から最大の力へ増大している。
最大である。
最大の力から最小の力へ減少している。

9. 吸息時、胸腔内圧は(安静呼吸の1周期の間では)

最小の陰圧である。
最小の陰圧から最大の陰圧へ大きくなっている。
最大の陰圧である。
最大の陰圧から最小の陰圧へ小さくなっている。

10. 吸息の終わりには、肺気量は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の量から最大の量へ増大している。
最大である。
最大の量から最小の量へ減少している。

11. 吸息の終わりには、肺の内向きの弾性力は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の力から最大の力へ増大している。
最大である。
最大の力から最小の力へ減少している。

12. 吸息の終わりには、胸腔内圧は(安静呼吸の1周期の間では)

最小の陰圧である。
最小の陰圧から最大の陰圧へ大きくなっている。
最大の陰圧である。
最大の陰圧から最小の陰圧へ小さくなっている。

13. 呼息の始め、肺気量は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の量から最大の量へ増大している。
最大である。
最大の量から最小の量へ減少している。

14. 呼息の始め、肺の内向きの弾性力は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の力から最大の力へ増大している。
最大である。
最大の力から最小の力へ減少している。

15. 呼息の始め、胸腔内圧は(安静呼吸の1周期の間では)

最小の陰圧である。
最小の陰圧から最大の陰圧へ大きくなっている。
最大の陰圧である。
最大の陰圧から最小の陰圧へ小さくなっている。

16. 呼息時、肺気量は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の量から最大の量へ増大している。
最大である。
最大の量から最小の量へ減少している。

17. 呼息時、肺の内向きの弾性力は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の力から最大の力へ増大している。
最大である。
最大の力から最小の力へ減少している。

18. 呼息時、胸腔内圧は(安静呼吸の1周期の間では)

最小の陰圧である。
最小の陰圧から最大の陰圧へ大きくなっている。
最大の陰圧である。
最大の陰圧から最小の陰圧へ小さくなっている。

19. 呼息の終わりには、肺気量は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の量から最大の量へ増大している。
最大である。
最大の量から最小の量へ減少している。

20. 呼息の終わりには、肺の内向きの弾性力は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の力から最大の力へ増大している。
最大である。
最大の力から最小の力へ減少している。

21. 呼息の終わりには、胸腔内圧は(安静呼吸の1周期の間では)

最小の陰圧である。
最小の陰圧から最大の陰圧へ大きくなっている。
最大の陰圧である。
最大の陰圧から最小の陰圧へ小さくなっている。

22. 肺気量が、(安静呼吸の1周期の間で)最小であるのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

23. 肺気量が、(安静呼吸の1周期の間で)最小の量から最大の量へ増大しているのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

24. 肺気量が、(安静呼吸の1周期の間で)最大であるのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

25. 肺気量が、(安静呼吸の1周期の間で)最大の量から最小の量へ減少しているのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

26. 肺の内向きの弾性力が、(安静呼吸の1周期の間で)最小であるのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

27. 肺の内向きの弾性力が、(安静呼吸の1周期の間で)最小の力から最大の力へ増大しているのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

28. 肺の内向きの弾性力が、(安静呼吸の1周期の間で)最大であるのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

29. 肺の内向きの弾性力が、(安静呼吸の1周期の間で)最大の力から最小の力へ減少しているのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

30. 胸腔内圧が、(安静呼吸の1周期の間で)最小の陰圧であるのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

31. 胸腔内圧が、(安静呼吸の1周期の間で)最小の陰圧から最大の陰圧へ大きくなっているのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

32. 胸腔内圧が、(安静呼吸の1周期の間で)最大の陰圧であるのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

33. 胸腔内圧が、(安静呼吸の1周期の間で)最大の陰圧から最小の陰圧へ小さくなっているのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

34. 腹筋は 呼息筋 吸息筋 であるが、安静呼吸時にはほとんど活動していない。