問題文の検索結果

1. 弛緩期(等容性弛緩期)には、心室筋は 収縮している 弛緩している 

2. 弛緩期(等容性弛緩期)には、心室内圧は 低下している 上昇している 

3. 弛緩期(等容性弛緩期)には、心室内圧は心房内圧に比べて 低い 高い 

4. 弛緩期(等容性弛緩期)には、房室弁は 開いている 閉じている 

5. 弛緩期(等容性弛緩期)には、心房から心室へ血液が 流れない 流れる 

6. 弛緩期(等容性弛緩期)には、心室内圧は動脈圧に比べて 高い 低い 

7. 弛緩期(等容性弛緩期)には、動脈弁は 閉じている 開いている 

8. 弛緩期(等容性弛緩期)には、心室から動脈へ血液が 流れる 流れない 

9. 弛緩期(等容性弛緩期)に、動脈弁が閉まるときに発生する心音が、第I心音 第II心音 である。

10. 心臓の第I音は、充満期 緊張期(等容性収縮期) 駆出期 弛緩期(等容性弛緩期) で聴こえる。

11. 心臓の第II音は、充満期 緊張期(等容性収縮期) 駆出期 弛緩期(等容性弛緩期) で聴こえる。

12. 心室筋が収縮しているのは、充満期 緊張期(等容性収縮期) 駆出期 弛緩期(等容性弛緩期) である。

13. 心室筋が弛緩しているのは、充満期 緊張期(等容性収縮期) 駆出期 弛緩期(等容性弛緩期) である。

14. 心室内圧が心房内圧に比べて高いのは、充満期 緊張期(等容性収縮期) 駆出期 弛緩期(等容性弛緩期) である。

15. 心房内圧が心室内圧に比べて高いのは、充満期 緊張期(等容性収縮期) 駆出期 弛緩期(等容性弛緩期) である。

16. 房室弁が閉じているのは、充満期 緊張期(等容性収縮期) 駆出期 弛緩期(等容性弛緩期) である。

17. 心房から心室へ血液が流れるのは、充満期 緊張期(等容性収縮期) 駆出期 弛緩期(等容性弛緩期) である。

18. 心房から心室へ血液が流れていないのは、充満期 緊張期(等容性収縮期) 駆出期 弛緩期(等容性弛緩期) である。

19. 心室内圧が動脈圧に比べて高いのは、充満期 緊張期(等容性収縮期) 駆出期 弛緩期(等容性弛緩期) である。

20. 動脈圧が心室内圧に比べて高いのは、充満期 緊張期(等容性収縮期) 駆出期 弛緩期(等容性弛緩期) である。

21. 動脈弁が開いているのは、充満期 緊張期(等容性収縮期) 駆出期 弛緩期(等容性弛緩期) である。

22. 動脈弁が閉じているのは、充満期 緊張期(等容性収縮期) 駆出期 弛緩期(等容性弛緩期) である。

23. 心室から動脈へ血液が流れるのは、充満期 緊張期(等容性収縮期) 駆出期 弛緩期(等容性弛緩期) である。

24. 心室から動脈へ血液が流れていないのは、充満期 緊張期(等容性収縮期) 駆出期 弛緩期(等容性弛緩期) である。

25. 心臓内部に血流がないのは、充満期 緊張期(等容性収縮期) 駆出期 弛緩期(等容性弛緩期) である。

26. 房室弁が開いているのは、充満期 緊張期(等容性収縮期) 駆出期 弛緩期(等容性弛緩期) である。

27. 大動脈の平滑筋が収縮することにより、心臓の収縮期 弛緩期 の血圧が増大する。

28. 大動脈の平滑筋が収縮することにより、弛緩期の毛細血管における血流は増大 減少 する。

29. 心臓の弛緩期、大動脈壁が血液を圧迫する力 血液が大動脈壁を押し広げる力 は他方より強い。

30. 動脈硬化症では、弛緩期血圧は上昇 低下 している。

31. 心臓の弛緩期には、心室は収縮 弛緩 している.

32. 心臓の弛緩期には、心室の圧は、心房の圧より高い 低い .

33. 心臓の弛緩期には、房室弁(心房と心室との間の弁)は開いている 閉じている .

34. 心臓の弛緩期には、心室の圧は、動脈の圧より低い 高い .

35. 心臓の弛緩期には、動脈弁(心室と動脈との間の弁)は開いている 閉じている .

36. 心臓の弛緩期には、心室の圧は低下 上昇 している.

37. これは充満期 緊張期(等容性収縮期) 駆出期 弛緩期(等容性弛緩期) のイラストである。


図表-1