問題文の検索結果

1. 心臓の第I音は、房室弁 動脈弁 が閉じるときに生ずる。

2. 心臓の第I音は、充満期 緊張期(等容性収縮期) 駆出期 弛緩期(等容性弛緩期) で聴こえる。

3. 心臓の第I音が聴こえるのは、心室筋収縮の 始まり 終わり である。

4. 心臓の第II音は、動脈弁 房室弁 が閉じるときに生ずる。

5. 心臓の第II音は、充満期 緊張期(等容性収縮期) 駆出期 弛緩期(等容性弛緩期) で聴こえる。

6. 心臓の第II音が聴こえるのは、心室筋収縮の 終わり 始まり である。

7. 心臓内部に血流がないのは、充満期 緊張期(等容性収縮期) 駆出期 弛緩期(等容性弛緩期) である。

8. 通常の状態では、ヒト心臓のペースメーカは、房室結節(田原の結節) 洞房結節 にある。

9. 心臓は、通常より静脈還流量が多いと一回拍出量が小さい 大きい 

10. 心臓は、通常より静脈還流量が多いと一回拍出量が大きくなる。これはスターリングの法則 Stevensの法則 とよばれる。

11. 良い恋文をしたためる機能は、ハート(心臓)にある。正 誤 

12. 脳の全機能が非可逆的に停止した人の意識、記憶は、

心臓が動いている限り続く
体温がある限り続く
人工呼吸器が動いている限り続く
もどらない

13心臓・動脈 静脈 に血栓が生じると、脳塞栓が生じることがある。

14. 鉄は、主に肝臓 腎臓 心臓 に貯蔵されている。

15. 正常な心臓では,血液は心室から心房へ 心房から心室へ 流れる.

16. 心臓の心房 心室 から血液は駆出される.

17. 心臓の房室弁 動脈弁 を通って,血液は駆出される.

18. 「心室筋脱分極中の心臓ベクトル」は、(基本的には)心室筋の薄い 厚い 方向を向く。

19. 「心室筋脱分極中の心臓ベクトル」は、(基本的には)正常人では、右 左 の方向を向く。

20. 「心室筋脱分極中の心臓ベクトル」は、空間的には次元ある。

21. この心電図では、左 右 方向を陽性とする第I aVF V2 誘導において、QRS波は1.1mVの上限を超える陽性の振れ 1.1mVの上限を超えない陽性の振れ 陰性の振れ を示している。QRS波は、心室筋 心房筋 脱分極 再分極 中の心臓ベクトルループが誘導に投射されたものである。また、この心臓ベクトルループは、心室筋が相対的に厚く 薄く 、電気的活動の多い 少ない 方向へ広がる。そのため、この心電図では、「心室筋が相対的に厚い部位」は、左右方向に関しては、左 右 である。また、心室筋は肥大していると思われる 思われない 。このことから、この心電図でもっともあてはまりそうな診断は正常 左室肥大 下壁梗塞 である。


図表-1